ワンランク上の女性へ!美しさをさらにアップさせるレディディオールのバッグ

NEW
ワンランク上の女性へ!美しさをさらにアップさせるレディディオールのバッグ

クリスチャン・ディオールというと、長きに渡ってファッション業界を牽引して来た世界で屈指のファッションデザイナーです。ディオールからは様々なバッグなども提案され、現代でも多くの女性を魅了して止みません。

イギリス元王妃を輝かせたバッグ「レディディオール」

ディオールは日本でも人気の高いブランドであり、その名を知らない人はほとんどいないと言えます。シャネルやエルメス、ルイ・ヴィトンと並びフランスを代表する老舗高級ブランドメゾンなんです。フランスの高級ブランドの中でも特にフェミニンで、女性らしくエレガントで優美なイメージが強いと言えるでしょう。エレガンスなデザインやセンスは、ヨーロッパの貴族や王室に特に愛されていてオートクチュールコレクションのドレスやソワレをパーティーやレセプション、外交訪問などで身に着ける王妃も少なくありません。ディオールを愛し、積極的に身に着けた王妃にプリンセスダイアナがいます。彼女は高身長で顔立ちが丹精で、ブロンドヘアが美しく、ディオールのドレスを見事に着こなし人々の羨望を受けました。ディオールもダイアナ妃が外交やパーティーで一段と魅力を増幅するようにドレスの制作に尽力しました。ディオールはドレスだけではなく、ダイアナ妃のファッションアイテムも制作していました。1995年にパリを訪問する際に特別にダイアナ妃のために制作したのが、レディディオールというバッグだったのです。もともとレディディオールの原型は、シュシュという名前ですでに販売されていました。しかしながらダイアナ妃に敬意を払い、このシュシュというバッグを改名して一般市場でも販売されるようになったのです。

 

「不屈」と言われるブラックラムスキン!選べるサイズは3種類

レディディオールのバッグは元々キルト生地で製作されていました。キルト生地のレディディオールは、もう少しカジュアルな雰囲気があったのです。ダイアナ妃の為にバッグを積極的に制作した事を皮切りに、皮革素材のレディディオールが沢山制作されるようになって行きました。素材をキルトから比較に変えるだけで、重厚感と気品が増しエレガントな雰囲気になったとも言えます。フォルムやステッチ,DIORのチャームなど基本的な原型はそのままに、素材を変更した事によりイメージチェンジにも成功し、さらにファン層を増やしたとも言えます。ダイアナ妃が皮革のレディディオールを使った事で、各国の王妃や王族の人にも愛用されるようになって行きました。用いられるブラックデニムスキンは不屈であり、普遍的でもありそこに施されるカナージュステッチを見るだけで、すぐにディオールであることが分かるようになってます。肌触りはなめらかで柔らかく、肌なじみが良いうえにカナージュステッチによってエンボスが現れて、バッグの表情を豊かにしています。ブラックカラーにゴールドやシルバーのDIORチャームが高貴な雰囲気を醸し出します。レディディオールのサイズ展開は三種類であり、ミニ・ノーマル・ラージとなってます。ミニサイズはパーティーのクラッチバッグとして、ノーマルはデイリー使いに、ラージはビジネスバッグとして使うのも良いでしょう。

 

豊富なカラーバリエーションから「あなたのレディディオール」を!

レディディオールは初期の頃は、定番で普遍的な無難なカラー展開しかありませんでした。濃紺やブラックが定番であり、内側に張った生地が赤でコントラストが美しいバッグだったのです。サイズ展開も豊富になると同時に、カラーバリエーションも豊富になっていったのです。レディディオールのミニは、パーティードレスにコーディネートされクラッチバッグの代用にされる事も多かったのです。パーティードレスにコーディネートするとなると黒色や濃紺という色の展開だけではコーディネートが難しくなります。どんなドレスにもミニが組み合わせ出来る様に、様々なカラーが提案されるようにもなっていきました。ローズプードルという色は、新たなディオールを代表する色となりました。淡いキュートなピンク色は、レースのドレスや白やパープルにブルーと言った色目のドレスにも組み合わせし易くなります。シックな装いにもローズプードルカラーは装いのワンポイントにもなってくれます。光沢を生かしたシルバー色なども新たに加わり、マニッシュな黒のパンツスーツなどにコーディネートしやすくなりました。優しいアイボリー色は嫌味がなく、ニュートラルでカジュアルなTシャツやジーパンスタイルにも組み合わせし易くなりました。カラー展開を豊富にする事で顧客の幅も広がっています。自分の感性やファッション傾向に合わせ、自分らしいレディディオールを選べるようになっています。

 

ワンランクアップ!最高のレディになれる「レディディオール」

気品や高貴、エレガンスやフェミニンといったワンランクアップのレディになりたいのであればレディディオールを装いに取り入れてみるのも一つの賢明な方法です。ファッションやセンスに自信が無くても、黒や白のシンプルなワンピースにレディディオールを組み合わせするだけでランクアップした洗練された女性になる事が可能です。レディディオールにはDIORのゴールドやシルバーのチャームが非常に目立ち、華やかさを演出してくれるのでその他のジュエリーやアクセサリーを付ける必要がありません。そして付属のストラップを付けて、肩から掛けたり、斜め掛けにしたりするとまた違った表情を醸し出し、装いに変化を付けてくれます。ストラップを付ければ、ビジネスシーンや通学バッグとしても活用が出来、汎用性が広がっていきます。新たに販売されているレディディオールのストラップは、そこにピンを付けられるようにもなっておりセレクトするピンによって表情を変化させることも可能なのです。にこちゃんマークやDIORブランドロゴ,ABCなどのピンがあり、気品高いレディディオールにカジュアルでファニーな側面をプラスし雰囲気を変容させる事も出来る様になりました。TPOに合わせ、用いるレディディオールにも変化を付けられる女性こそ、最高にお洒落なレディと言えるでしょう。

 

魅せる!「レディディオール」というバッグ

レディディオールは濃紺やブラックラムスキンでカナージュステッチが施されているバッグで、それこそがディオールを代表する普遍的なバッグと思っている人も多いでしょう。気品や高貴、エレガンスというイメージだけではなく、最近では固定概念を払拭し新たなイメージを表現したレディディオールも見られるようになっています。ラムスキンにこだわらずキャンバス地やレース、スパンコールの施されたシルクサテンなども用いられるようになっています。輝きが強いスワロフスキーをバッグ全体に施したデザインも提案され、希少性が高くレアアイテムとして多くの女性を魅了してやみません。昨今特に人気なのは、光沢が強いメタリックカラーのシルバーです。シルクサテンにはゴールドやシャイニーピンク、シャイニーブルーなどもあり、パーティーバッグとして使えるようになってます。斬新なデザインではヒョウ柄をあしらったバッグもあり、見る人にインパクトを与え個性を表現するバッグとして人気があります。持ち手部分も透明のプラスチック素材を用いて、涼しげなクールな印象を与えるレディディオールもあるのです。最近のレディディオールは、持つ人に気品や高貴な雰囲気をもたらすだけではなく、そのバッグを見る第三者をも魅了し装いにインパクトをもたらすものも多く発売されるようになってます。

 

まとめ

レディディオールはクリスチャン・ディオールを代表する普遍的なバッグです。元々はダイアナ妃のために制作されたバッグであり、次第に一般市場でも販売されるようになりました。ラムスキンで肌なじみが良く、サイズ展開もミニ・ノーマル・ラージの三種となってます。カラーバリエーションも濃紺と黒だけではなく豊富に展開されるようになり、ローズプードルやアイボリーも人気です。ストラップを用い、ピンを付ける事で変化を付ける事も可能になり、ワンランクアップのお洒落な女性になる事が出来るのです。ヒョウ柄やスワロフスキーなど第三者を魅了するインパクトのあるレディディオールも販売されるようになってます。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る