ブランド品
2021年11月3日

日本と英国のバーバリーは違う?レーベルごとに異なるイメージ

NEW
日本と英国のバーバリーは違う?レーベルごとに異なるイメージ

バーバリーといえば、日本と英国で展開されている製品には違いがあることは、ファッションに詳しい人の間ではある程度認知されていますが、それほど詳しくない人の間ではあまり知られていません。具体的には、レーベルごとにイメージが異なっています。

レーベルによって変わるバーバリーの印象

バーバリーは、日本に入ってきた当初は高級ブランドであり、若い人に手が届くブランドではなく、紳士や淑女が纏うといったイメージのブランドでした。ですが、日本国内で圧倒的な人気になったのはブルーレーベルの台頭によるもので、その製品は有名歌手が記者会見の時に着用したことから、人気に火が付いたものです。そして、メンズ向けに発表されたブラックレーベルは少し大人っぽいイメージで、その後は女性向けにも展開されました。レーベルによって、対象となる年齢層のターゲットが定められているのも、異なるところです。もともとはイギリスのブランドですが、日本で扱われているものは、日本のファッションメーカーがライセンス販売していたので本国との印象は異なっているのです。

 

日本人向けに作られたバーバリー・ブラックレーベル

バーバリー・ブラックレーベルは日本人向けに作られたブランドです。対象年齢は25歳から35歳までで、当初はメンズのみの展開でしたが、その後女性向けのブランドとしても広く知られるようになりました。高級感があって縫製がよく、どことなくブリティッシュトラディショナルを感じさせる、さりげないセンスには定評がありました。本国イギリスでは展開されていないブランドですが、日本人向けに作られていることもあって、スタイルを良く見せてくれるような工夫が随所に施されています。日本の高級メーカーの作るブランドですので、かしこまった席に着用する服として高品質のものを求める層からも人気がありました。本国のオリジナルブランドに、日本独自の解釈が加えられている点がポイントです。

 

ブラックレーベルに続き人気となったブルーレーベル

ブラックレーベルに続き人気となったのがブルーレーベルで、こちらは更に若い世代へのアピールが上手なブランドです。人気歌手が記者会見で着用したスカートは、その後完売が続き、生産が追い付かずに模倣品が出るほど人気が出ました。バーバリーの定番のチェックを使いながら、若い女性が好むようなデザインのミニスカートやウェストを絞った細身のデザインのワンピースやニットなどで圧倒的な人気が続いたブランドです。バーバリーと言えば、若い女性にとってはこちらの方が、知名度が高かったと考えられます。そのくらい、一時的に圧倒的な人気を誇り話題になったのがこのブルーレーベルです。雑誌などにも掲載されることが多く、小物類も人気がありました。

 

日本のバーバリーか英国のバーバリーか分からないときにはタグをチェック

バーバリーならどれでもよいのであれば必要はありませんが、国内の物か英国のバーバリーなのかが気になる、という場合にはタグをチェックするとわかります。海外では海外生産のタグが付いていますし、日本語のタグが付いていません。一方、日本でライセンス販売されていた時代の製品には英国製のタグがついていないですし、日本の会社のタグが付いているのですぐにわかります。これは、好みもありますし本国イギリスのものが良いという人もいますが、縫製自体は日本のライセンス時代の物の方が、評価が高くなっています。インポート事業として、日本でも海外製のものを扱っていた時代もありますので国内でも海外製の製品は流通していますが、それほど数は多くありません。

 

まとめ

バーバリーというと、英国紳士のイメージがあると考えられていますが、日本でもいくつかのレーベルが販売されていました。このブランドは、取り扱う会社の変化によって生産国などが異なります。本国イギリスのものが欲しければ、タグを確認したうえで購入することが必要ですが、日本国内でも人気レーベルが取り扱われていました。一つのブランドでも、いくつかのレーベルが存在したり、取り扱う法人が変わったりといったように変遷を遂げているのが興味深いところです。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
まずは査定額を聞いてみる
通話無料 0120-555-600
お得なクーポンはこちら