ブランド品
2021年11月5日

偽物のブランド品の種類はどんなものなのか?自分で見分ける方法とは

NEW
偽物のブランド品の種類はどんなものなのか?自分で見分ける方法とは

ハイブランドの財布や鞄を一生ものと覚悟を決めて購入したり、価値が下がらない高級時計やこれからさらに価値が上がるかもしれないブランド品を投資先として選んだりする場合、偽物のブランド品を購入させられないよう注意することが必須です。

偽物の商品を買ってしまうとどんなことが起こるか

偽物の商品を購入した場合、その購入したという行為自体が違法となるわけではありません。しかし、もしその購入した商品をフリーマーケットアプリや中古販売専門店などに持ち込んで売買しようとすると、その行為は違法になってしまいます。ブランド品は簡単に価値が下がるものではありませんので、いずれ所有しているものを買取店に売却し、新しい商品を手に入れたいと考える人は少なくないでしょう。そのようにブランド品の売買を繰り返していくためには、偽物のブランド品を買ってしまい、売却不可能な事態に陥らないよう注意する必要があります。世の中には見る人が見れば偽物と判断できる商品が多数出回っており、その商品を持っていること自体は違法ではありませんが、偽ブランド品を持ち歩くことは一般的に見て推奨される行動ではありません。偽物と知って購入していると疑われることもあるでしょう。しかし、あえて高額な値段で販売することで、商品が偽物とばれないようにしている偽ブランド業者も存在します。そうした業者の店舗で買ってしまった偽ブランド品を、本物と信じてしまう人は多いです。こうした偽物は中古ブランド買取店に持ち込むと、目利きのプロによって偽物であるとほとんどのケースで判明します。その場合当然売却はできず、持ち込んだ人は購入金額を丸々損した形になってしまいます。

 

偽物の商品の中にも存在するランク

偽物のブランド品にもランクというものが存在します。非常に緻密に巧妙に作られていて、ほとんど本物としか思えないような偽物も実際に存在するのです。高いランクに属する偽物は、本物のブランドが使っているものと同じような革を入手し、刻印なども精巧に模倣して、プロが見ても判断に迷うようなレベルです。高ランクに位置する偽物は、実際に持ち歩いていても、ばれることはあまりありません。しかし、買取店に持ち込んで鑑定を受ければ偽物と判明するケースは多いです。実際のブランド品は長く培われた技術とブランドに対するプライドを持って作られています。ほぼ同じようなものであるからといって、偽物をそれと知りながら持ち歩くことは、倫理的に許されることではありません。ブランド品の工場に商品の修理メンテンナンスを依頼する場合も、その会社のブランド品でなければ、どんなに精巧な偽物でも修理してもらうことは不可能です。偽物はこうした高いランクのものだけではありません。明らかに粗雑で作りも悪く、使っていたらすぐに故障や破損をしてしまうようなランクの低い偽物も、実際にたくさん流通しています。こうした偽物を間違って購入してしまわないように、ブランド品の購入希望者は本物を見る目を養う必要があります。実際に販売店や中古買取店を訪れ商品を見て、プロたちの目利きを参考にするのがよいでしょう。素人同士がやりとするフリーマーケットやオークションアプリなどでブランド品を売買する際は、特に偽物に注意が必要です。

 

宝石の偽物はどうやって見分ければいいか

ブランド鞄の偽物は割と容易に判断できるものが多いです。ブランド鞄には画一された規格があるので、本物のブランド鞄と見比べてどうなのかを確認すればよいのです。素人でもロゴの違いや刻印・持ち手の素材など、丁寧に観察すれば偽物と判断できることは少なくありません。では、宝石の場合も同じように統一した規格で他のものと比べればよいのでしょうか。実はそう簡単ではありません。宝石は二つとしてこの世に同じものが存在しないからです。宝石の持つ光や色はひとつひとつ個体差があり、そのため、一概に色が少し違うから偽物だと判断はできないのです。宝石の削り方などによっても光の入る角度が変わるので、輝きが違うから偽物だ、と言い切ることも難しくなります。宝石の真贋を判断することは、素人にはとても難しいのです。もちろんあまりにも粗悪なものであれば、素人でも判断できることはあります。しかし、もっとも安心で安全な方法は、質屋や宝石店などで目利きのプロに鑑定してもらうことです。専門的に勉強してきた人は、様々なパターンの石の光り方や色を熟知しており、ありえない色彩を持った宝石などをすぐに判別することができます。テレビ番組でも拡大ルーペで中をのぞいているシーンを見かけますが、あのように石の中をじっくり見ることで、偽物を見分けています。

 

時計の偽物はどうやって見分ければいいか

時計も非常に偽物か本物かの判断が難しい商品になります。しかし、出回っている時計の中には、相当粗悪な偽物がたくさんあります。ロゴ自体を似たような名前に変えているだけのケースや、海外の土産物店などで明らかに偽物とわかって販売しているケースも多いです。そのような時計を、ある意味冗談半分で土産に購入する人も少なくないですが、日本に持ち込むこと自体が禁止されていますので、海外旅行時は注意が必要です。もう少し精巧に作られている偽物時計の場合には、見分けるための目利きが必要になります。時計は年度によって少しずつ形を変えていたり、同じブランドでも限定バージョンの時計を出していたりするケースがとても多いので、もっとも有名な形と全く同じではないからこの時計は偽物だ、と軽々に判断することは出来ません。過去に発売されたことのあるすべての型を把握しておく必要があるのです。素人には非常に難しいですが、インターネットなどで調べると、ある程度判別できることもあります。ただ、やはり万全を期すためには、ぜひ目利きのプロがいる質店や買取店に持ち込んで、鑑定をしてもらうことをお勧めします。外からの見た目が全く同じでも、時計は中身が全く異なることもあり得るからです。一生ものの高級時計を購入する際は、そのような商品を購入してしまわないように、注意深く購入先を選んでください。

 

まとめ

偽物のブランドを所持していることは、資産価値の問題だけではなく、人としての信頼の崩壊にもつながります。老舗ブランドが長い時間をかけて企画開発してきた本物のブランド品は、使えば使うほど味が出て所有者に馴染み、価値が深まるものでもあります。偽物が出回るのは、そのブランドや商品が人気である証拠でもありますが、やはりそのような商品をうっかり購入してしまわないように、ブランド品購入の際は細心の注意を払う必要があります。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。