ブランド買取で保証書は役に立つ?意味や売却時の影響と利用シーンについて

NEW
ブランド買取で保証書は役に立つ?意味や売却時の影響と利用シーンについて

バッグなどのブランド品を購入するときは、保証書がついてきますが、この書類にはどのような意味があるのかを十分に理解していない人もいます。今回は、ブランド品についてくる保証書の意味や利用シーンについて書いていきます。

ブランドアイテムに付いてくる「保証書」の意味

有名ブランドのジュエリーやバッグなどを購入した場合には保証書がついてきます。保証書を大切に保管している人は少なくありませんが、その意味や使い方についてはよく知らないという人もいるでしょう。ブランドアイテムについてくる保証書は、ギャランティカードとも呼ばれていますが、これは正規のルートで販売している信頼できる商品である証です。記載されている内容はブランドごとに違いがありますが、一般的には購入日や購入場所、購入者の情報などが記載されています。こうした情報が記載されることで、誰がどの商品をいつから所有しているのかをすぐに知ることが可能です。人気ブランドの商品は、偽物が作られることも珍しくありませんが、最近はかなり精巧にできているものもあり、専門家でも見抜くのが難しい場合があります。保証書がつくのは、直営店や正規代理店で販売されている正規品のみですので、保証書がついていることは本物であることを証明するためにも大いに役立ちます。逆にこのような書類がないと、正規品であってもそれを証明するのは難しくなってしまいますので、大切に保管しておきましょう。

 

保証書が役立つケース1「アフターサポートの利用」

高級ブランド品は長く愛用できることが理想ですが、そのためにはメンテナンスも必要です。アフターサービスを利用するときには、購入したお店やブランド店を利用することが多いと思いますが、このときにも保証書が役立ちます。大切にしてきたブランド品もいずれは故障などが発生することがありますが、保証書を提示すれば手厚いアフターサポートを利用できます。正規品であっても、保証書がない場合は、サポートを利用できない可能性もありますので、もしものときのためにきちんと保管しておくことが大切です。商品に不都合があった場合の修理や、定期的なメンテナンスの際も必要になりますが、中には最初からついていない場合もあります。有名ブランドでも、最初からつけていないこともあり、並行輸入品の場合も同様です。捨てた覚えがないのに見つからないという場合は、最初からついていなかった可能性があります。紛失した場合は再発行することも考えられますが、一度消費者の手に渡った商品の場合は、保証書の再発行が難しいことは理解しておきましょう。

 

保証書が役立つケース2「売却する時」

保証書が役立つケースでは、ブランド品を売却するときも挙げられます。高価なブランド品を長く愛用していきたいと考える人が多いと思いますが、ファッションの流行は移り変わりも早く、あまり使う機会がないまま流行から外れてしまうこともあります。さらに、年齢に合わなくなったなどの理由で手放す人もいるでしょう。ブランド品を売却するときには、ブランド買取専門店などを利用することが多くなっていますが、買取金額は査定の際に決まります。傷や汚れが目立たないもの、使用頻度が少ないもの、流行から大きく外れていないものは高価買取が期待できます。とはいえ、いくら状態が良くても、その商品が正規品であると判断されなくては、査定額が大きく下がる可能性があります。本物であることを証明するには、やはり保証書がある方が良いです。本物であることが証明されることで、査定もよりスムーズになり、確かな鑑定ができるので査定額アップにもつながります。良い商品でも、保証書がないことで買取の対象にならないこともあります。将来手放すことを考えているなら、保証書や付属品は大事に保管しておきましょう。

 

保証書がないとブランド買取はどうなる?

保証書がない場合、ブランド買取は成立するのかどうかも気になるところです。まず、お店によって対応が違うことは知っておきましょう。保証書がない商品には対応しないお店もありますし、逆になくても買取をしてくれるお店もあります。保証書があると、本物であることが証明できるので、高価買取につながります。しかし、正規品でも保証書なしでは査定額も大きく下がる可能性はあります。かといって、買取金額がゼロになるわけではありませんので、一度査定をしてもらい、買取金額を確かめてみましょう。査定を無料で応じてくれる業者も多く存在しますので、そうしたお店を利用すれば余計な手数料も発生しません。ブランド買取のお店はリサイクル店や質店など実に多く存在しますが、ブランド買取専門店ではブランドへの知識が豊富で鑑定の技術が優れた鑑定士も在籍しています。こうしたお店では、ギャランティカードがなくても質の高い鑑定が期待できます。お店に持ち込む前には、保証書なしでも対応可能であるかどうかを確認しておくとより安心です。豊富な販売ルートを持っているお店なら海外にも販路があるので、国内では需要がない商品でも高値がつく可能性もあります。

 

保証書なしで売る方法

保証書があれば高価買取につながりますが、探してみたもののどうしても見つからない場合もあります。また、最初からついていない場合もあるでしょう。保証書がなくても、購入時のレシートや領収書などが残っている場合や、購入時にブランドのロゴがついた箱や紙袋を保管している場合もあるはずです。そうした付属品が、査定アップにつながることもありますので、残っていればできるだけ揃えておきたいところです。付属品が多く揃っていることで、保証書がない場合でも査定額が上がる可能性があります。良い価格をつけてもらうためには、商品の状態が良いことも大事です。査定をする前には、目立つ汚れや臭いがついていないかも確かめておきましょう。そして、流行から大きく外れないうちに売ることも高価買取につながります。オークションやフリマアプリで売るという方法もありますが、保証書なしでは安く買い叩かれる可能性もあります。少しでも良い価格を希望するなら、やはり専門の買取店がおすすめです。買取店によっても、査定額は変わってきますので、複数の店舗で査定をしてもらい、高値をつけてくれるお店を見つけていきましょう。

 

まとめ

ブランド品の購入時には、保証書がついてくることが多くなっていますが、これはその商品が本物であることの証明になります。アフターケアを受ける場合や、買取を利用する場合にも役立つので大事に保管しておきましょう。すでに紛失した、最初からついていなかったというケースもありますが、保証書がない場合でも、買取できる可能性はあります。対応はお店ごとに違いがありますので、保証書がない場合でも買取に応じてくれるお店であるかどうかも調べておきたいところです。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る