ブランド品
2021年11月5日

季節ごとに価格が変動する!?ブランド買取の売り時とタイミング

NEW
季節ごとに価格が変動する!?ブランド買取の売り時とタイミング

所有しているブランド品を売却したい場合には適正な査定額を調べておくことが重要です。ブランド品の査定額は季節によって違いが生じることも少なくありません。ではどのようなタイミングでブランド買取業者に売却したら良いのでしょうか。そのタイミングを見ていきます。

ブランド買取攻略!購入したいと思う時期よりも前に売る

ブランド買取の攻略方法の1つは、自分が購入したいと考える時期よりも前に売却することです。一般的に、自分が購入したいと感じる時期は他の人も購入したいと感じるものです。つまり、需要が高まる時期といえます。商品の価格は、需要と供給のバランスによって金額が決まります。これは何も購入する側だけでなく、売る側も同じです。したがって、ブランド品を安く購入したい場合には、需要があまり高くない時期を狙います。一方、ブランド品を買取業者に売却したい場合には、あえて需要が高まっている時期を狙った方が高値で買取してくれます。買取業者も、需要が高まる時期をよく把握しているからです。需要が高まるのは多くの人がその商品を手に入れたいと感じる時期ですが、商品によってその時期は異なります。例えば、ある程度高価なものは懐が温かい時に買いたいものです。ならば、一般的にお金が入ってくる時期とはいつかを考えれば、需要が高まる時期がわかります。一般的にはボーナスの時期が当てはまるでしょう。ボーナスは、会社員ならばたいてい夏と冬の2回支給されます。夏は概ね7月に支給されるため、7月頃に商品を購入しようと考える人が多くなります。当然、店舗側もボーナスの時期が近づくにつれ、需要の高まる商品を高値で買取し始めるでしょう。冬のボーナスも同じく、12月に支給されることが多いため、11月の終わりごろが売却時期の狙い目といえます。

 

秋から冬がアクセサリーの売り時

アクセサリー買取に応じてくれる業者はたくさんあります。アクセサリーは安価なものから高価なものまで様々ありますが、もし業者に買取を依頼する場合には、どの時期を選ぶべきでしょうか。より高く買取をしてくれる時期に売るのが最適ですが、細かい点に言及すれば、たまたま自分が所有している商品と同じ商品がテレビで宣伝されていた場合、査定額が上がることがあります。こうしたイレギュラーな場合を除けば、一般的には秋から冬にかけての時期が高く売却できる可能性が高いです。夏場は気温が高く購買意欲が落ちますが、秋になるにつれて購買意欲が高まることがその理由にあげられます。特に日本は、夏場は気温が高く何事に対しても意欲が高まらない傾向があります。かき氷やビールなど夏場によく売れる商品を除けば、どの小売店でも8月前後の売り上げは落ちるのが実際です。そのため、買取業者としても売却された商品に高値をつけることはあまりありません。しかし、気温が下がる秋になると、少しずつ購買意欲が高まってくるので、買取額は上がる傾向にあります。また、クリスマスなどのイベントが冬に待ち構えていることも理由のひとつです。クリスマスプレゼントにアクセサリーを購入したいと考える人は多く、冬になってから購入する人もいれば、秋あたりに前もって購入しておく人もいます。そのため、秋から冬にかけてはアクセサリーの査定額が高くなるため、売却するには最適といえます。

 

季節物のアイテムは、シーズンを待たずに一足先に売る

アクセサリーをはじめとするブランド物の商品は、シーズンがあるものも少なくありません。例えば、毛皮のコートを夏場に購入する人はほぼいないでしょう。これから気温が上がる春に購入する人もほとんどいません。たいていの人は、秋から冬の初めにかけて購入するはずです。ならば、毛皮のコートのように寒い季節に利用するものは、寒い季節が到来する少し前に需要が高まると予測可能です。中には本格的に寒くなってから購入する人も当然いますが、購入のピークは寒くなる1ヵ月ないしは2ヶ月ほど前といえます。すると、11月頃には需要が爆発的に高まります。これに対して、ブランド物の水着等を冬に購入する人は少数です。最近は冬場でも温水プールがあるため、水着の需要が全くないわけではありません。しかし一般的には、海やプールの季節といえば7月から8月にかけてです。ゆえに、水着が購入されるのは6月から7月頃でしょう。このように、季節物のアイテムは、その商品を利用する1ヵ月ないしは2ヶ月前頃に需要が高まり、値段も上がります。当然ながら買取店が季節物の買取を強化するのもこの時期であり、普段よりも高い値段で売却できる可能性があります。こうした考えを前提にすれば、自分が売却したい商品が季節物のアイテムである場合、ピークの少し前の段階で売却するのが良いでしょう。

 

季節に左右される洋服はタイミングが重要

ブランド物の洋服とされるものは、ノーブランドの洋服よりは比較的高価買取が期待できます。しかし、売却する時期を外すとあまり高値で売却できません。基本的に季節物の洋服に関しては、その商品の価値が高まる1ヵ月ぐらい前の段階で売っておくことをおすすめします。例えば半袖の服ならば、6月頃から需要が高まります。北海道の北部などを除けば、6月を過ぎると気温が25度を超える日が多くなり、半袖に衣替えをする人が増えるからです。ゆえに、夏向きの服はその1ヵ月ぐらい前、5月頃に買取ショップに持ち込み、査定を受けるのがおすすめです。しかし洋服の場合、いくらブランド物でも流行廃りがあります。特に、毎年新製品を発表しているブランドは新しい商品ほど価値が高くなり、逆に古い商品はプレミアがつかない限り値段が落ちていきます。したがって、ブランド品は新商品が出る前の段階で売っておくのが無難です。夏服の場合であれば、毎年7月頃から新しい商品の販売が始まります。早いブランドだと6月頃には新製品を売り出していることでしょう。その時点で前年に流行していたブランドを売っていなければ、査定額は一気に下がってしまいます。できれば、新商品の発表される前に買取ショップに売却してしまいましょう。新商品の発売がされなくても、発表されただけで価値が下がる可能性はあるからです。

 

まとめ

ブランド買取業者にブランド品を売却する場合、少しでも高い値段での買取を希望するのが一般的でしょう。そのためには、人々の購買意欲が高まる時期の少し前に商品を査定に出す必要があります。ブランド買取ショップも、商品の需要が高まる時期を予測して、その少し前の時期から強化買い取りキャンペーンなどを始めています。その時期は、通常の買取価格よりも何割か高い値段で売却することが可能です。一方で、季節物のブランド品に関しては、その季節が到来する1カ月ほど前に売却する方が高値で買取されやすいです。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
まずは査定額を聞いてみる
通話無料 0120-555-600
お得なクーポンはこちら