ブランド買取の成功と失敗を決める利益率と相場から見るおすすめのブランド

NEW
ブランド買取の成功と失敗を決める利益率と相場から見るおすすめのブランド

不要になったブランドは、買取店を使えば現金化ができるけれども、成功と失敗を決める利益率はどのくらいになるのか、利用する人にとって一番気になる部分といえます。こちらでは、利益率と相場から見たときにおすすめとなるブランドにはどのようなものがあるのか考察することにしましょう。

一般的なブランド買取の利益率は10%~20%

世界的にも有名な人気ブランド品などの場合、買取専門店だけでなく質屋やリサイクルショップなどでも買取対応していることが多いため、ブランド品を現金化したい人にとって選択肢はたくさんあるといっても過言ではありません。しかし、初めてブランド買取を利用する人にとっては、どのくらいの利益率が見込めるのが気になってしまうケースは多いといえましょう。販売価格そのものが高額な商品ともなると、買取の際にも高額な値段を付けて貰いたいと期待するケースは多いものです。

現実的には、定価よりも高い値段で取引されるブランド品は非常に稀なものであり、プレミアが付くようなアイテムでなければ購入価格よりも上がることは極僅かです。なお、一般的なブランド品の買取での利益率は定価の10%~20%が平均的な買取相場とされており、30万円で購入したブランドバッグならば3万円~6万円前後が一般的な相場です。ただし、これはあくまでも平均的な買取相場で、商品の状態や人気度などにより利益率が30%や40%、それ以上になることも少なくありません。

 

新品未使用のアイテムなら50%~75%の利益率も期待できる

ブランド買取の中で、最もコンディションが良いとされるのが未使用品です。新品未使用品は、購入したけれどもそのまま保管している状態を意味するもので、洋服などの場合であれば包装紙に包まれていてタグなどが取り外されていない状態です。タグを取り外してしまうとその時点で手を加えたことになるので、中古品として判断されやすくなりますし、タグもブランド品の一部ですから、捨ててしまえば査定金額がマイナスにならないとはいい切れません。

新品未使用品の場合でも、販売価格に限りなく近い値段や定価以上の金額になることは少なく、一般的なアイテムであれば50%前後、人気ブランドなどの場合は75%の利益率を目安にしておくと良いでしょう。ブランド買取は、買い取った商品に利益を上乗せして再販するため、定価以上の値段や定価に限りなく近い金額で買い取ることは少ないのです。なお、新品未使用品は新品の名称がついているけれども、一度消費者がお店から購入したもので、この時点で新品ではなくなる暗黙のルールのようなものが存在しています。そのため、例え開封されていないものでも区別されます。

 

利益率が高い3つのブランド

ブランド買取での利益率はそれほど高いものではないのですが、これはブランドにより差が大きいのも事実として挙げられます。ルイ・ヴィトンは、バッグやお財布などをはじめとする装飾小物で名高いブランドで、ブランド買取の中でも高い利益率を狙うことができます。アイテムそのものの状態にもよりますが、仮に古いものでも値段を付けて貰えることもありますし、買取に出すアイテムが新品未商品の場合であれば、高額な値段で売れる可能性もあるでしょう。

ロレックスも高い利益率を期待できる腕時計ブランドです。ロレックスの新作モデルを発表後すぐに入手するのは非常に困難で、正規店などでは品薄状態が続いているため、ロレックスを買い求める人は中古市場まで視野を広げており、これにより腕時計買取の中でも高い利益率を期待できます。

シャネルも世界的に人気が高く、最新作や定番アイテム、アンティークまで幅広いジャンルに対して根強い人気を持ちます。シャネルの中でもシャネルらしさを与えてくれるチェーンショルダーバッグのマトラッセは人気アイテムの一つであり、定番品を中心に高価買取の期待が高まります。

 

しっかりと選びたいブランド買取店

ブランド買取で、少しでも高く売りたい、利益率にこだわりたいと考える人は多いものです。高く売って利益率にこだわりたいときには、可能な限り高価な値段で買い取ってくれるお店を見つけることが必須です。そのためには、自分が売ろうとしているブランドやジャンルを得意にしているお店を探すことが先決です。ロレックスの腕時計を売却するのであれば、ロレックスの買取実績が豊富にある買取店を探すといった具合に見つけます。このとき、ブランド買取店の多くが買取強化品をホームページで公開しているので、強化ブランドと自身が売ろうとしているものが一致している場合には高価買取の可能性も高まります。

知識や経験が豊富にある鑑定士がいること、過去の実績の中で高価買取価格をホームページで提示していることなども、お店を選ぶ際の目安になる情報です。腕のある鑑定士はホームページを見ただけでは判断がしにくいのですが、同一ブランドを数多く買い取っている場合には、該当ブランドに精通しているという判断ができるので、ブランドに対する知識を持つ鑑定士がいる証にもなります。

 

ブランド買取の考え方に取り入れたい利益率

ブランド買取の査定を受けると、予想以上に査定金額が低くてがっかりしてしまうケースも多いでしょう。ブランド品は流行の移り変わりが非常に激しいため、安値になることもあるけれども、逆に新品以上の高値が付くことも稀ではあるけれども存在します。そのため、ブランド買取では相場を把握した上で、買取に強いブランドや自分自身が売ろうとしているブランドに強い買取店をしっかり見極めて、納得した上で買取を利用するなどの考え方を持つことが大切です。

利益率がどのくらいになるのか、予め把握した上で利用すれば、予想以上に金額が低くてがっかりしてしまうことも少なくなりますし、数ある買取店の中でも売りたいブランドに強いお店を使えば、利益率も他店より高くなる可能性も高まります。なお、ルイ・ヴィトンやロレックス、シャネルは高い利益率を見込むことができる3大ブランドですから、過去の買取実績などを見て、どのくらいの期待値になるのか調べておくのも査定をする中での楽しみになる部分です。使用済み品と新品未使用品では利益率が異なることも頭に入れた上で、査定を利用することも大切です。

 

これからは査定価格だけではなく利益率もしっかり意識!

高い利益率を得るためには、なるべく早めに行動することも大切です。中古市場は日々変化をしていることも理由の一つになりますが、ブランド品は今日売るのと1週間後に売るのでは、今日売った方が高くなる可能性も秘めています。所有している期間が長くなれば価値も下がっていきますし、ブランド品には流行があるので、流行が過ぎてしまうと中古品を買うユーザーの数も減るなど、利益率が10~20%のものでも下がる可能性も出てきます。新品未使用品でも同じことがいえます。

使用していないブランド品をそのままにしていると、保管している間に中古市場での流通量が変化してしまうこともありますし、品物のコンディションが悪くなることも決してゼロとはいい切れません。売却を検討している際には、可能な限り早めに行動した方が高い利益率に繋がる可能性も広がってきます。このとき注意しなければならないことは、査定を1社だけで決めるのではなく、無料査定を行っていて、売りたいブランド品の買取を得意にしているお店をいくつか選んで、複数に対して査定を依頼することです。

 

まとめ

一般的なブランド品の買取における利益率は10~20%で、新品未商品でも50~75%が限界であり、新品そのものの入手が困難なものを除けば定価よりも下回る傾向にあります。ルイ・ヴィトンやロレックス、シャネルは高価買取を期待することができる人気ブランドで、商品によりプレミア価格を期待できるケースもありますが、これも一部のアイテムのみです。また、買取店を見極めることは高価買取に繋がる要素ですから、見極め方をしっかり押さえて利用されると良いでしょう。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る