ブランド買取をもっと効率的に!高額買取を実現するために準備しておきたいもの

NEW
ブランド買取をもっと効率的に!高額買取を実現するために準備しておきたいもの

有名ブランドのアイテムを売りに出すとき、効率的にできると便利であると考える人は多いでしょう。さらに、それが高価買取につながるなら、次にブランド品を買うときの足しにもなります。この希望を実現するためには、どのような準備が必要になるのか解説しましょう。

高額買取には附属品が必須になる

ブランド買取を依頼した際に高額買取を引き出すためには、最も重要なポイントは、売り物でもあるブランド品の状態のよさでしょう。目立つ傷や汚れ、破損などコンディションが悪ければ、査定金額がマイナスになります。ただ、有名ブランドなどの場合は、コンディションが悪くても買取に応じてくれるお店もあるため、諦める必要はありません。アイテムの状態以外で大切なポイントは、高額買取では付属品が必要です。見た目の美しさや使用感の少なさ、傷や故障がないこと、さらに重要になるのが付属品です。付属品については、ブランドの種類によっても若干ことなってくるでしょう。高級腕時計などの場合であれば、保証書(ギャランティーカード)や箱、ブレスレットの余ったコマ、交換ベルトなどです。この中で最も重要なものは、保証書とブレスレットの余ったコマでしょう。アクセサリーなどの場合は、ギャランティーカードやショップカード、箱、袋などでしょう。特にダイヤモンドが入っているアクセサリーは、別に鑑定書なども必要です。ブランドバッグや服飾小物の場合も、ギャランティーカードや保証書、箱、保存袋などが必要でしょう。購入後に捨ててしまいそうなものもありますが、買取のことを考えて大切に保管するようにしましょう。

 

ブランド買取で必要になる書類

ブランド買取店を利用するとき、査定金額に影響を与えるほどでもないですが、買取の手続きを進める中で必須となってくる書類が存在します。保証書も書類の1つであり、これは査定金額に影響を与えるものです。ここでの必須書類は、買取そのものが可能になるのか否かの決め手となる重要なアイテムです。必須になるものは、買取利用申込書と身分証明書の2つです。買取利用申込書は、買取店に用意されている用紙に必要事項を記載する形になりますが、捺印が必要になることもあるため印鑑を持参しておくと安心でしょう。買取利用申込書は、来店時に渡されることが多いため、持参する必要はないでしょう。しかし、本人確認書類は意外と忘れがちなので、注意が必要です。車の免許証があれば運転免許証、運転免許証がない人はパスポートや住民基本台帳カード、個人番号カードを持参することで代用できます。また、買取店を利用される人が20歳未満の未成年者の場合、両親の同意書や委任状が必要になるでしょう。事前にどのような書類が必要であるのか、買取依頼する店舗に直接問い合わせて確認しておくと安心です。

 

宅配のブランド買取で注意すべきこと

宅配買取は、宅配便を利用してブランド品を買取店に送る方法の1つです。鑑定士による査定を経て、査定金額の提示と現金の指定口座への振り込みといった流れで、ブランド品の売却が完了します。近所にお店がない場合や、遠方にある有名店を利用してブランド品を売るときなどに便利で、最近は人気を集めています。宅配買取は、いきなり商品を宅配便で送るのではなく、事前にお店に対して、宅配便での買取を依頼する旨を伝えることからスタートです。ホームページなどに宅配買取はこちらなど、誘導するリンクがある場合は、それを使い申し込みましょう。申し込みをすると、自宅に宅配キットが送付されるので、送付すべき書類の種類やアイテムについての説明書を読み、ブランド品を梱包して宅配業者に荷物を預けます。宅配キットには、同梱されている買取利用申込書などの書類に必要事項を記入しましょう。記入した書類に加え、本人確認書類の写しも同梱する必要があるので、忘れずに入れておきます。なお、書類の不備がある場合はお店側から連絡が入り、改めて用意しなければならないので、お店側のルールをしっかり把握することでスムーズに進められるでしょう。

 

店舗への持ち込みや発送前には再確認

店頭買取や宅配買取は、ブランド品を売却するときに非常に便利な買取方法でしょう。しかし、注意する点はいくつかあります。店頭買取の場合は、本人確認書類などの必要書類をバッグに入れてあるのか、出かける前にしっかり確認しましょう。宅配買取の場合も、必要書類を入れてあるのかを、梱包用テープで閉じる前に再確認しておきましょう。このとき、入れたことを確認すると同時に、スマートフォンなどで撮影をしておけば、後から気になった際にも便利です。付属品はブランド買取で査定金額に影響を与える重要なアイテムとなるため、すべてそろっているのか、忘れているものはないかの確認をすることが大切でしょう。特に、宅配買取を利用される際には、入れ忘れてしまうことによって、自分のお金で改めて付属品を買取店に送ることになるのです。多くの買取品を取り扱っているお店などでは、対応が難しいケースもあるでしょう。店頭買取の場合も、必要書類や付属品の1部を持って来るのを忘れてしまうと、再度訪れる必要があるため、出かける前の再確認は重要な作業になるでしょう。

 

2つの種類があるブランド買取前に準備すべきもの

ブランド買取を利用する場合、高額買取をしてもらうために欠かすことができないものがあります。買取手続きを進めるために必要なものが、2種類があることをしっかり把握しておくことが大切です。

買取方法には店頭買取以外にも、宅配買取や出張買取などの方法があるでしょう。出張買取は、エリアが限定されていて利用できないケースもありますが、鑑定士が自宅まで出張して買取査定を行ってくれるため、提出が必要になるものは、その場でそろえることができます。しかし、店頭買取や宅配買取を利用する際は、自宅とは別の場所で査定を受ける形になるため、買取前には必要書類や付属品の準備は欠かすことができません。ちなみに、付属品は購入したときと同じものが全てそろっていることが理想です。腕時計などに貼ってあった保護シールなども、残っていればお店に持ち込む、もしくは宅配の荷物に入れておきましょう。付属品全てがそろっていることで、高額買取の可能性も高まります。ただし、保護シールが査定に影響するかは別の話であり、購入時と同じ状態にすることが高額買取につながるポイントとなるのです。

 

ブランド買取の成否を決める事前準備

ブランド品の鑑定を行う際に、鑑定士や査定員と呼ばれる人々は商品に余計な指紋や皮脂を付着させない商品そのもののクォリティを維持する目的で保護手袋を装着して査定を行います。高額買取は、商品のコンディションが左右されるものであり、ブランド買取の成否を決めるポイントの一つにセルフケアが挙げられます。傷などはセルフケアでは対処することはできませんが、柔らかい布などで腕時計をきれいに磨き上げる、これは買取の成否を決定づけるポイントになります。アクセサリー類も皮脂などの汚れを取り除いてピカピカの状態にしておけば、査定依頼をしているお客さんはブランド品を大切に取り扱っているなどの判断ができる、これにより気持ちよく買取査定を進めることもできます。必要書類を全て揃えることや付属品を集めることは高額買取や手続きをスムーズに進めるために欠かせないものですが、成否を決めるポイントはブランド品を大切にしていることをアピールするためのセルフケアといっても過言ではありません。自分自身でできる掃除は買取店に持ち込む前や宅配の荷物を梱包する前にやるべき事前準備です。

 

まとめ

ブランド買取は、付属品の有無で査定金額に影響を与える関係からも、査定前には可能な限り購入時と同じ状態にしておくことが大切です。また、付属品はブランド品の種類でそろえておくべきアイテムが異なるため、どのようなブランド品を売却するのかをしっかり把握しておく必要があります。買取手続きには必要な書類と別に高額買取につながる書類があることも理解しておきましょう。さらに、買取前にはセルフケアで良好な状態にしておくことも、高額買取を成功に導くポイントです。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る