ブランド品
2021年11月5日

ブランド買取の査定でも重視される保証書は紛失したら再発行される?

NEW
ブランド買取の査定でも重視される保証書は紛失したら再発行される?

日本人は無類のブランド好きの民族です。島国の日本は西欧文化に昔から憧憬が深く、現代でもヨーロッパやアメリカブランドを愛好する人は多いです。そういった中、家に一つや二つある不要なブランド品を買取してくれるのか、買取に必要な条件は何かなど気になると思います。ここではそうしたことをご紹介していきます。

再発行は難しいブランド品の保証書

日本人であれば誰しも一度や二度はヨーロッパやアメリカのブランド品を購入したことがあるでしょう。そしてギフトやお祝いでブランド品をいただくことも多々あります。しかしながらブランドであっても好みのデザインではなかったり、飽きてしまって使わずにタンスの肥やしになってしまったりすることもあります。こうしたもったいない状況であれば、不要なブランド品は売却し現金化した方が良いでしょう。まずブランド買取においては、保証書が必要になります。保証書があることでブランド製品であることと、品質の信ぴょう性が担保されますので、買取査定額が高値になることが期待できます。ただ、ブランド品を長年保管したり、管理がずさんであったりすると保証書を紛失してしまっていることが多いです。かといってブランド品の買取で低い査定額を避けたいからといって、ブランドのショップに保証書の再発行をお願いしても再発行してくれるところはほぼありません。そのためブランド品の保証書は大事に保管しておかなければならないのです。

 

ブランドによっては発行されていない保証書

ブランド買取で保証書があれば、正真正銘の本物のブランドであることが証明され、品質の信ぴょう性も担保されますので、高額査定が期待できます。しかしながらすべてのブランド品に最初から保証書が添付されているとは限りません。ブランドによってはタグや品質番号シール、ブランドのロゴやエンブレムこそが品質を保証したり、信ぴょう性を担保したりするものとなっている場合があります。保証書がないからといって必ずしも低額査定になってしまうわけではありません。保証書の有無はブランドによって異なり、買取においては鑑定士もそのことは把握していますので心配はいりません。ただシリアルナンバーのシールや製品番号のスタンプが剥げていたり、完全にとれていると買取査定額はかなり低くなってしまいます。そのため保証書がないブランド品においては、シリアルナンバーや製品番号、エンブレムやロゴなどが傷ついたり剥がれないよう大事に保管することも大事です。

 

保証書の有無に関わらず買取やアフターサービス時には相談が必須

保証書はブランドの信ぴょう性を担保したり、品質を保証するだけではありません。保証書はブランド品が壊れたり汚れたりした場合に、一定期間修理や部品の交換を無償で行ってくれるサービスの証でもあります。こうしたサービスが充実しており、安心して使い続けられることもブランドの魅力であり、一般製品にはない強みとも言えるでしょう。ただ長年持っていると保証書をなくすことも珍しくはありません。ただ保証書がないからといって修理やクリーニング、部品の交換を受けられないわけでもありません。ブランドブティックに現物商品を持っていき、店舗スタッフに相談すると良いです。スタッフは製品を見ればいつ頃販売されたものであるかわかり、データベースでもすぐに確認を取ることができます。自社製品であるとわかれば簡単な修理であれば無償で行ってくれたり、有料で修理や部品交換を請け負ったりしてくれます。もし購入時のレシートやクレジットカードの購入明細などがあれば、ブティックに持っていくと良いです。その店舗で購入したと証明できれば修理サービスもスムーズに行ってくれます。

 

保証書が付属している場合は大切に保管

ブランドを購入したり、もらったりしたときは、現物商品と共に、とにかく保証書を大事に保管しておくことです。使い続ける場合でも、故障や汚れの場合には、これがあればスムーズにそして無償で修理や交換してくれることになる可能性が高いです。そしてブランドを売却する際にもこれがあることで、買取において高額査定が期待できるようになります。保証書の保管は、できるだけ現物ブランドとセットで保管することをおすすめします。別の場所に保存しておくと、どのブランド製品の保証書かがわからなくなることがあるからです。バッグであれば内ポケットに入れておく、時計やジュエリーなら保存ケースの裏に貼りつけておくといった工夫が大事です。保証書が初めからないブランド製品に関しては、領収書やレシートの類でその店で買ったことを証明できるものを現物ブランドと一緒に保管しておきましょう。

 

ブランド買取で高額を狙うなら保証書は必須

ブランド買取で保証書は必須であり、高額査定が狙える大切な武器と言っても過言ではありません。買取業者の鑑定士も、保証書があれば品質が保証されていることと同じであり、正真正銘本物であることが担保されているとみなし、鑑定もスムーズになります。転売で保証書があれば高額で買い取ってもらえる可能性が高くなりますので、買取業者は積極的に買取してくれるようになるのです。ただブランド買取において保証書だけを添付すれば高額査定が狙えるというわけではありません。その他の付属品があればなお一層高額査定が期待できます。ギャランティカード、領収書といったものの他、保存袋やストラップ、購入時の箱や紙袋が一式揃っていれば高額査定がより期待できます。ブランドを売却する際には、新たに購入する人の立場に立って売却すると良いでしょう。購入する人は新品に限りなく近く、付属品もすべて揃っている方がうれしいことがわかれば、何を揃えて売却すべきかも自ずとわかるはずです。

 

付属品以外に注意したいブランド買取のポイント

ブランド買取においては、保証書やギャランティカード、領収書やストラップや箱といった付属品は高額査定のために必要です。付属品があることで査定額も大きく変わってくるのです。しかしながらいくら箱や保存袋、保証書が揃っているからといってすべてのブランド品が高額査定になるわけではありません。ブランド品現物自体のクオリティが非常に重要になってきます。ブランドバッグの場合、鞄の四角の擦れや汚れはシビアに鑑定されます。持ち手の手垢汚れや皮革剥げなども、鑑定ではマイナスポイントです。バッグの内側の布に化粧品のファンデーションや口紅汚れがあると、減額査定になってしまいます。ブランド時計はベルトの劣化や汚れ具合、オーバーホール済みか否かも厳しく査定されるのです。できるだけ傷や汚れなどの問題をなくすためには、日ごろからブティックでクリーニングや修理を行っておくことが、買取においては大事なことです。

 

まとめ

ブランドの保証書は、品質の信ぴょう性を担保し正真正銘のブランド品であることを証明するものでもあります。またブランドブティックでこれがあれば、無償修理や部品の交換を行ってくれるサービスを受けられます。しかし保証書は紛失しがちであり、なくしてしまうとスムーズに修理サービスを受けることができません。そのため保管は慎重に行うことが大事です。ブランド買取においても保証書の有無は大きく査定額に響きます。この他、付属品があったり劣化や損傷が見られなかったりした場合には高額査定が期待できます。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
まずは査定額を聞いてみる
通話無料 0120-555-600
お得なクーポンはこちら