ブランド品
2021年11月3日

バレンシアガのシティはまるでエディターバッグみたいであることで有名

NEW
バレンシアガのシティはまるでエディターバッグみたいであることで有名

バレンシアガは日本にもファンが多いブランドです。このブランドで販売しているシティは同社の看板商品として、多くの人に愛用されています。ここでは、エディターバッグとして使用することもできるこのバッグに関する情報について、詳しく紹介します。

クラシックなデザインの可愛さがバレンシアガのシティの特徴

  • スペイン生まれのブランド

バレンシアガは1910年代に開業したファッションブランドです。もともとはスペインのブランドでしたが、国内で内戦が勃発したために、1930年代からフランスのパリに本店が移転しました。このブランドは女性用の商品を幅広く販売していて、婦人服だけでなく香水やシューズなども販売しています。このブランドの販売する商品の中でも特に人気があるのがバッグで、その中でもシティは同社を代表するアイテムとして知られています。シティが販売開始されたのは2000年代前半のことですが、発売されるとすぐに多くの女性に愛用されるようになりました。

  • エディターバッグとして人気が出たシティ

特に愛用者が多かったのは、ファッション関係の出版社で働いている女性です。出版社で働く女性は、仕事の関係上、バッグの中に資料などを多く詰め込んで持ち歩くことも多いですが、シティは非常に使いやすいために、エディターバッグとしてたちまち人気の商品になりました。中ぐらいのサイズの商品であっても、大きめの書類も折らずに入れられる収納スペースがあるところがエディターバッグとして使いやすいポイントで、ショルダーストラップの幅も広いことから、肩にかけて持ち歩く時にも非常に便利です。機能性が優れているだけでなくデザイン性が高いことも、シティが多くの女性から支持されている理由です。クラシックなスタイルがデザインの基本になっていて、女性が持つにふさわしい愛らしさがあります。デザインがシンプルであるために、コーディネイトもしやすいバッグです。

 

The Cityの人気モデルがこちら

  • 多くの人気シリーズ

バレンシアガのシティには数多くの人気モデルがあります。その中でもこのシリーズを代表するモデルとして人気があるのがクラシックです。クラシックの大きな特徴は、素材に子羊の革を使用していることです。大人の羊の革よりも柔らかいことから、女性用のバッグには最適な素材として人気があります。クラシックはカラーバリエーションが豊富であることも人気の理由になっていて、自分のお気に入りの色を見つけやすい商品です。持ち手はハンドステッチで作られていて、幅が広めなために、中に重たい物を入れた時でも持ち運びやすくなっています。ストラップが付属品になっているところも人気のあるポイントで、用途に合わせてショルダーバッグとハンドバッグに使い分けることができます。

  • その他の人気モデル

シティには、男性にも人気があるモデルもあります。ジャイアント12はその中でも特に男性の人気が高く、仕事用として使用している人も多いバッグです。デザインがシンプルであることも男性が使いやすい理由になっていて、クラシックのバッグにつけられている長めのジップブルも、このモデルにはつけられていません。ジャイアント12のもう一つの特徴としてあげられるのは、バッグの表面につけられている金属の装飾のサイズが、クラシックより若干大きいことです。この大きめの装飾が、クラシックとは違った雰囲気を作り出しています。メタリックエッジシティもシティでは人気があるモデルで、ヤギの革を使っているのが特徴で、金属のような光沢があります。

 

3種類のサイズがあるバレンシアガシティ

  • シティのサイズ展開

バレンシアガシティは3種類のサイズがあるので、使う人の体格や目的に合わせて自由に選ぶことができます。サイズが違っていても同モデルならば、基本的にデザインは同じです。ですが、サイズによって内部のスペースに大きな違いがあるので、多くの荷物を持ち歩く機会が多い人は、サイズが大きめの商品を選んだ方がおすすめです。シティの中でも一番サイズが小さいのはミニという商品で、高さが約16cm、横幅が約24cm、奥行きが約9cmの大きさです。収納できるスペースは限られているので、荷物をたくさん詰め込んでも、女性が運びやすいサイズです。スマートフォンなどを収納するのにも便利なサイズで、文庫本などを入れておくこともできます。

  • 大きめのサイズのシティ

ミニよりも一回り大きいサイズの商品がスモールです。スモールは高さ約19cm、横幅約29cm、奥行き約10cmのサイズで、どれもミニより数cmほど長くなっています。3種類のサイズの中でも中間の大きさの商品なので、小さすぎるものも大きすぎるものも使いにくい人には最適なバッグです。横幅250mmの大きさの書類も、余裕を持って収納できます。シティの中でも一番サイズが大きいのは、ミディアムという商品です。ミディアムは高さ約24cm、横幅約38cm、奥行き約14cmのサイズで、横幅はスモールよりも9cmほど長くなっています。高さも5cmほど長く、スモールよりも大幅に収納力が優れています。大きめの書類だけでなく、タブレットなども簡単に収納できるサイズです。

 

バレンシアガシティの個性派カラーと定番カラー

  • バレンシアガシティの定番カラー

バレンシアガシティは色のラインナップも豊富に揃っています。定番商品となっているスタンダードなカラーから、持つ人の個性が際立つカラーまで、多くの種類が販売されています。その中でも、シティの定番カラーとして多くの女性に愛用されているのが、ノアールです。ノアールはブラックのみを使用してデザインされた商品で、非常に落ち着いた雰囲気があります。黒独特の気品があることもこのバッグの魅力になっていて、大人の女性が使用するのにも最適なバッグです。ノアールに使用されているのは質の高い子羊の革で、子羊の革の特徴である素材の柔らかさは黒との相性も非常に良いです。ベージュサーブルもバレンシアガシティの定番カラーとして、長い間多くのファンに愛されています。ベージュサーブルは明るめのベージュが特徴のカラーで、薄めの淡黄色にも近い色です。非常に優しい雰囲気を持っているので、女性にも似合いやすいカラーです。可愛らしいデザインの洋服を着る場合にもコーディネイトしやすいバッグで、ベージュサーブルの柔らかい色合いが、女性の魅力を引き立ててくれます。

  • 個性のあるカラー

バレンシアガシティの中でも、個性派の色として人気があるのがツートンカラーです。このバッグに使用されている主な素材はキャンバス生地ですが、デザインのアクセントとして子羊の革も一部に使用されています。この2種類の生地の違いがこのバッグの外観に大きな個性を与えていて、他のバッグにはない大きな魅力となっています。

 

飽きのこないバレンシアガシティはマストバイアイテム

  • 長く使い続けても飽きないバッグ

バレンシアガのシティは、長期間使用し続けても飽きのこないことで有名なバッグです。同じバッグを使用し続けていると、他のバッグに目移りしてしまうことはよくありますが、このバッグは使えば使うほど愛着がわきます。使うほどに好きになるのは、長く使用することで、このバッグの細かいデザインの良さもさらに理解できるようになるからです。シティの大きな特徴である表面につけられた金属製の装飾も、使えば使うほどその良さがわかってきます。装飾は持ち手の部分や本体の正面などさまざまな場所につけられていますが、長くこのバッグを使用していると、これらの装飾がつけられている場所にはしっかりとした意味があることがわかります。装飾をつける位置を入念に検討してデザインを決めていることがわかるようになるので、このバッグの持つデザイン性の高さを改めて理解できるようになります。

  • 使い続けることでわかるバッグの魅力

質の高い素材が使用されていることがわかることも、バレンシアガシティを長く使用しても飽きない理由です。バッグのクオリティを決めるのは使用されている素材ですが、革製品などは特に使用されている素材によって品質の差が出やすい商品です。購入した時には品質が良い状態でも、質の悪い革を使っている商品は、劣化するのも早いことが多いです。ですが、バレンシアガシティに使用されているのは品質の優れた子羊やヤギの革であるために、長期間使用するほど革製品独特の味わいが出てきます。

 

使えば使うほど分かる高い機能性

  • 長く使うことでわかる機能性の高さ

バレンシアガのシティは、使用する期間が長くなるほど、その機能性の高さをより強く実感できます。エディターバッグとして人気アイテムになったことにも、しっかりとした理由があることが理解できます。特に使いやすさが実感できるのが、2WAYバッグとして使用できるところです。ハンドバッグやショルダーバッグのみでしか使用できない商品の場合には、使用できる場面も限定されていますが、この商品はストラップをつけ外しすれば、簡単にどちらのタイプのバッグでも使用できます。外出先で急にショルダーバッグが必要になった場合でも、バッグの中にいつもストラップを入れておけば、すぐにショルダーバッグとして使えます。逆にハンドバッグとして使いたくなった場合には、ストラップを取り外すだけで良いので、持っていくバッグを選ぶのに困った時にも使いやすい商品です。

  • 荷物の出し入れもしやすい

荷物の出し入れがしやすいように工夫されていることも、バレンシアガシティが長く使い続けられている理由です。バッグの上側にはファスナーが付けられているので、中に入れたものをしっかりと収納することができ、ファスナーは収納時に開閉がしやすいようにデザインされています。バッグの上側の部分よりも長めにつけられていて、サイドの部分まで開くことができるようになっているため、荷物の収納が非常にしやすくなっています。大きめの荷物を中に詰め込みたい時には、特に便利な機能です。

 

まとめ

バレンシアガのシティについて紹介してきました。スペイン生まれのファッションブランドであるバレンシアガは、現在でも世界的なファッションブランドとして非常に人気があります。このブランドの人気商品であるシティはエディターバッグとして非常に人気があり、ビジネスシーンでも多くの人に使用されています。収納スペースが広いところが、仕事のために使いやすいポイントです。サイズも3種類あり、色の種類も豊富なので、自分の好みに合ったバッグを選ぶことができます。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。