ブランド時計
2021年11月5日

ロレックスがプロデュースするブランド「チュードル」の魅力とは

NEW
ロレックスがプロデュースするブランド「チュードル」の魅力とは

多くの人が憧れていると言っても良い時計ブランドといえばロレックスです。世界中の人に愛されているブランドですし、お金を貯めてようやく手に入れたと言う人も多いです。そのロレックスがプロデュースしている「チュードル」もとても魅力的なことを知っていますか。

「チュードル」は由緒正しいブランド

チュードル(チューダー)はロレックスの創業者であるハンス・ウィルスドルスが1930年代に誕生させ、世界的に有名なブランドにしました。そもそもチュードルはロレックスのディフュージョンブランドとして作りました。これは、普及することを目的として作られたブランドで、知名度を広めたり普及させたりするために作った廉価版のブランドです。

当時ロレックスの本社がイギリスにあったために、イギリスでの販路を拡大しようと思い、庶民向けにという目的で作られました。

このチュードルというブランド名ですが、イギリスの王朝であるチューダー家が由来だと言われています。イギリス人であれば誰もが知っている名前ですから、その王家を名前にしたことで一気に知名度が高くなりました。イギリス人に受け入れてもらうという狙いがぴたりと当たったこともあって、すんなりと受け入れてもらうことができましたし、もちろん知名度も急上昇させることに成功しました。

 

ブランドイメージを損ねない効果的な販売戦略

チュードルの最大の魅力と言っても良いところは、ロレックスと同じパーツを使っていることです。高価なロレックスと同じパーツを使っているにもかかわらず、廉価版で手に入りやすいこともあって多くの人に愛されています。

さすがにロレックスは手に入らないと言う人も、全く同じパーツを使っているチュードルであれば手に入れることは難しくありません。しかも、チューダー家の家紋にちなんだバラを使ったロゴマークでもありました。現在は盾のマークに変わっていますが、チューダー家の家紋までモチーフにしたこともあって一般家庭への普及は成功しました。

ロレックスに憧れている人にも購入できる価格帯にしたり、さまざまな販売戦略を行なったりしたこともあって一気に人気が高くなりました。イギリス人に受け入れやすいチューダー家にちなんだことが最も大きな効果を挙げたと言っても過言ではありません。ロレックスと同じパーツを惜しみなく使ったことも効果的でした。

 

「チュードル」は希少価値の高いブランド

ロレックスの廉価版とはいえ、ロレックスと同じパーツをたくさん使っていますし、希少価値の高いブランドです。もともとはロレックスと同じパーツを使うことが多かったこともあって、ロレックスの廉価版として購入する人が多かったのですが、今では独自の道を歩むようになりました。

ロレックスと比較されることがよくありましたが、ロレックスにはない独自性を貫くようになり、今ではロレックスの廉価版というイメージは薄れており、一つのブランドとして世界中の人から愛されるようになりました。

どのように変わったのかというと、今はロレックスと同じパーツを使うのをやめ、ムーブメントやケースも独自で開発しています。ロレックスにはない新しいモデルを続々と世に送り出していますので、廉価版というイメージを脱却しました。ロレックスの技術力も備わっていますので、高品質です。中にはロレックスに匹敵するほどの価格帯となるチュードルの時計もあります。

 

まとめ

最初こそ一般家庭にロレックスを広めようと思って誕生させたチュードルですが、今では一つのブランドとして多くの人が利用するようになりました。もう廉価版というイメージを持っていない人も多いです。日本でも取り扱っている店舗はありますが、あまり多いというわけではありません。人気の高いブランドですから、今後は店舗数もどんどん増えることが考えられます。ロレックスとは違う魅力もありますので、チュードルもチェックしてみてください。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
まずは査定額を聞いてみる
通話無料 0120-555-600
お得なクーポンはこちら