ブランド時計
2021年11月5日

時計の買取サービスを受ける!まず最初に必要なものについて

NEW
時計の買取サービスを受ける!まず最初に必要なものについて

時計の買取サービスを利用するにも、どのように行えば良いかが分からない方が多いものです。ブランド時計の場合には、少しでも高く買ってもらいたいと思うのが普通でしょう。今回は、時計を売りに出す方に向け、売却の流れと注意しておくべき事項をご紹介します。

買い取ってもらう時計本体は必ず必要

ブランド品の高級時計の場合には、売却する際に思わぬ高額査定を受けることも有り得ます。使わなくなった時計は、買取店を利用して換金してみるのも良いでしょう。買取店を訪ねていくことにした場合には、事前に時計の動作を確認することが大切です。秒針が正常に時を刻むことは勿論のこと、ストップウオッチ機能などの付随機能が問題なく動作するかについても、併せて確認しておいた方が良いでしょう。保存状態が良好な時計であっても、機能面に問題があっては高額で査定してもらえないものです。買取店を利用する際には、時計の状態を細かく見ておくことを忘れないようにしてください。時計本体に問題がないと判断できた後は、買取店がどの程度の価格で査定するかを確認していきましょう。同じブランド時計であっても、買取店によって大きく査定金額が変わることは有り得ます。店舗によっては、サイト上に買取価格や事例を掲載しているところも少なくはありません。いくつかの買取店を見比べておき、高値で買い取ってもらえる店舗を探していくのが得策です。

 

箱や保証書などの付属品はセットにしておく

時計を売る際に欠かせないことの1つに、付属品をセットにすることが挙げられます。時計の付属品には、化粧箱を始め、各種保証書やアクセサリー類が存在しています。正常に動作する時計であっても、保証書が紛失していたり保証期間が失効していたりすると、高値で査定を受けることが難しくなります。時計と保証書を分けて保管する人は少なくないものです。時計を売りに出すことを決めた際には、前もって書類を探しておいた方が良いでしょう。高級ブランド時計の場合には、国内製品とは違った保証形態が取られています。世界中で通じる国際保証書とオーバーホール証明書が付与されているのです。購入時に付与された書類が揃っているのかを、前もって確認しておきましょう。保証書と同様に、化粧箱をセットにすることも大切です。ブランド時計の中には、デザイン性が優れた化粧箱を提供するところも少なくはありません。箱をセットにした方が、高い査定を受けることが可能な場合が多いのです。書類を探すタイミングで化粧箱も併せて探しておいた方が良いでしょう。

 

身分証明書を忘れる人が多い

買取を利用する際には、身分証明書を持参することを忘れてはいけません。店舗を訪ねて行っても、身分証明書を持参することを忘れてしまっては、売却することができなくなります。買取店では、運転免許証やマイナンバー、パスポートなどが身分証明書として利用可能です。買取についての問い合わせを行なう際には、持参するべき身分証明書類の確認を忘れないようにしましょう。店舗によっては、買取金額を依頼者の銀行口座に振り込む場合もあります。買取の流れを確認する際には、持参するべき書類と同時に、査定金額の入金手段を確認しておくと良いでしょう。店舗によっては、店頭での査定だけではなく、宅配便を使った買取を行っているところもあります。宅配便を使った買取を利用する際には、申込み時に身分証明書をインターネット経由でアップロードするところも少なくはありません。身分証明書を掲示する場合には、有効期限が切れていないことが重要となります。買取用に準備すべき書類が決まった場合には、前もって有効期限の確認を済ませることを心がけましょう。

 

未成年の場合にはここもチェック

買取店を利用する場合には成人である必要があります。未成年の方が時計の売却を検討する際には、保護者の同意が別に必要です。自分が時計を売却したい理由を、前もって保護者の方に説明しておきましょう。また、買取店を訪ねる際には、保護者の同意書を持参することが必要となります。身分証明書類と一緒に同意書を持ち込まなくては、買取に応じてもらえないのです。同意書は、保護者の方による自筆でなくてはなりません。店舗に出向く前に、必要書類の記入を済ませておくことを心がけましょう。売却したい時計と同意書を持参する方法以外に、売却の代行を保護者の方に依頼する方法でも構いません。保護者の方に店舗に出向いてもらった方が、同意書を書くよりも手間や時間が省けます。店舗が近隣にあったり、保護者が知っている場所だったりする場合には、代行してもらうことを考えるのも良い方法です。未成年者の方であっても、正しい手順を用いることで買取店の利用が可能となります。自分にとって都合の良い方法を用いて売却を進めていくのが良いでしょう。

 

買取に行く前の最終チェックも忘れずに

買取店を訪ねる前には、事前の最終チェックを行なうことも大切です。遠方にある買取店の場合には、買取に必要なものを忘れてしまうと、取りに戻るのも難しくなるもの。買取店を訪ねる当日は、チェックリストを元に、持ち込むものの最終確認を行なうことも大切です。買取店を訪ねる際には、本体や付属品、保証書などが必要となります。未成年の場合には、同意書も必要です。忘れ物をしたことで慌てることがないように、余裕を持って準備を進めましょう。ベルトなどの細かなアクセサリー類の場合には、持ち込むのを忘れてしまうことも有り得ます。書類関係を揃える際に併せて確認しておくようにしましょう。買取店を利用することが決まった場合には、事前にチェックリストを作成するのも良い方法です。仕事が忙しかったり、買取店が遠方にあったりする場合には、頻繁に出向くのが難しいのも実状。チェックリストを使って持参物をチェックすることは、間違いのない売却を実現することに繋がります。少しの手間を掛けるだけで、スムーズな売却を実現できるのです。

 

まとめ

買取店を利用する際には、箱や保証書などの付属品を揃えておくことが大切。セットであった方が高値で査定を受けられるからです。品物と一緒に身分証明書類を揃えておくことを忘れないようにしましょう。店舗に訪ねていった際に、身分証明書を忘れてしまっては、売却ができなくなります。未成年者の場合には、保護者の方の同意書も必要となります。必要なものが揃った際には、当日慌てることがないように、前もって確認しておいた方が良いでしょう。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。