ブランド時計
2021年11月5日

ロレックス買取査定で有利な書類!?国際保証書の再発行はできる?

NEW
ロレックス買取査定で有利な書類!?国際保証書の再発行はできる?

保証書は、その商品を提供しているメーカーがサポートを含めた保証をするための証明書です。ロレックスにも同様のものが存在しますが、その価値は通常の商品とは比較になりません。その価値を理解するためにも、まずはその内容を知るところから始める必要があります。

新品のロレックスを購入すると必ず付属される国際保証書の保証内容とは?

ロレックスの保証書は、その時代ごとに種類が異なります。保証書の状況を見ることによって、いつの年代に販売されたものであるのかを証明できる点でも、とても有意義なものです。現行で提供されている保証書は2020年に切り替わったもので、緑色のカード型の保証書となりました。表面にはロレックスのロゴが書かれており、従来までの保証書と比較してもシンプルな造形です。裏面には、保証書として非常に重要な型番やシリアル番号、そして購入日が記載されています。ブランド品は、購入時も売却時も高値になりやすい傾向が特に顕著です。これは、その商品そのものに希少な価値が存在すると判断されるためでしょう。ロレックスも同様で、それを証明するために様々な工夫をしています。保証書に掲載されている型番やシリアル番号は典型で、これを付属させておくことでそれが本当に価値のあるブランド品であることを証明しているのです。実際に、時代によってこの保証書の形やあり方は全く異なっているため、評価基準としても非常に重要となります。例えば、1世代前のものではホワイトを基調としたカードです。そこには購入店舗の情報や購入者名なども記載されています。2006年以前のものになると、紙で発行された保証書です。国番号や販売国での違いも見られ、それぞれに大きく異なります。

 

ロレックスは保証書が正しく使用されるよう厳格な管理体制を整えているので再発行はない

ロレックスでは、保証書の再発行をしていません。これは、ロレックス側が正しくサポートを行うことができるように最善の準備をしているためです。ロレックスは、歴史的にも最も価値のあるブランドメーカーとしても有名ですが、その影響で不正に商品を得ようとする者や悪用する者が後を絶ちません。ロレックスでは、生産から納品まで管理体制を充実させることでこのような悪質な行為を行う者たちへの万全の対策をとっています。そのため、再発行そのものが必要ありません。具体的な策として、定期的に保証書の内容や形状を変えていることが挙げられます。例えば、2000年代では紙の媒体であったものを2010年代でより洗練されたカード状にしました。その時代に応じた最善の管理体制を準備しています。このような対策の利点は、保証書が発行されたフォーマットを確認することでいつどういった状態でそれが提供されたのかをロレックス側が確認できることです。文字通り、シリアル番号や型番、購入者から厳格な管理体制を整えて把握しているため、再発行を現実的に行う必要性がありません。保証書に加工された跡がある場合には即時にそれを見抜けるだけのノウハウが整っています。このように、仮に保証書が改ざんされたとしても正しく企業が運用できるだけの用意があるので、再発行をする必要がないのが現状です。

 

人気時計ブランドのロレックスのリスクヘッジ

ロレックスは、他のブランドメーカーと比較しても徹底した秘密主義を貫いています。つまり、管理体制と情報統制を厳格に行っている状態です。一般的に、ブランド品の中にはそれがどういった製法やルートで開発されて作られているのかを公開しているところも存在します。これは、より良い品質で提供していることを消費者に開示することによって、商品の価値と信用性を高める働きがあるためです。一方で、ロレックスはこの真逆の行為を行っています。ロレックス側が開示するのはサポートの内容だけであり、その他の細かな内容に関しては一切開示していません。これは、ロレックス側が自身のブランドを守るための最大のリスクヘッジとなっています。ロレックスが他の会社と最も異なるのは、既に提供されている商品にコレクター的な価値が存在する点と、その希少性の証明が容易であるという点です。その時代ごとに保証書を提供し、メーカー出荷日や販売日、そしてシリアル番号などを管理できます。100年以上も続いているブランドであるため、保証書を用いることで社会的な価値と商品価値そのものが担保されるのです。そのため、この会社にとって情報開示を行うことはリスクにしかなりません。保証書を用いたデータベースの管理は、国際的なネットワークを通じて容易に把握できます。現代でも続いている保証書を使った情報管理は、この典型です。

 

ロレックスが保証書を発行しない理由とは?

ロレックスは、常に不正や改ざんのリスクに直面しています。世界的にも有名で希少性が高く、転売すれば非常に大きな価値があるためですが、問題は商品価値そのものだけではなく保証書にも同等の付加価値が存在する点です。日本国内でも、ロレックスを売却するときに保証書が付いている場合には高値で買い取ってもらえる可能性が高くなります。これは、この会社が時計1つに対して1枚の保証書しか発行しないという明確なルールを持っているからに他なりません。つまり、その時計に対して発行される保証書は世界に1つだけの価値があります。そして、これを捏造あるいは改ざんすることで大きな利益に繋がるのです。こういった不正な目的を防ぐ意味で、ロレックスは保証書を発行していませんが、ロレックス側も一切の加工を許していないわけではありません。例えば、名前の塗り潰しです。実際に、保証書の目的と付加価値は各国でかなり違います。例えば、外国では保証書に名前が記載されている状態が好まれないことが多いです。そのため、名前の部分だけを塗り潰していても従来までと同程度の保証書の価値を認めることが多いでしょう。発行をしなくても、状況に応じてきちんとその役割を果たすことができるように工夫をしています。サポートも受けられるので、現実的な問題が生じません。

 

まとめ

ロレックスの保証書は、その商品に対してたった1つの保証書しかありません。そのため、紛失した場合には再発行を希望するケースも存在します。しかし、企業側の管理体制の厳格化によって再発行をする必要性がないのも事実です。ロレックスにとっては、誰がいつ購入したのかを把握しているため管理は万全といえるでしょう。不正な目的で捏造されたり加工されたりすることを防ぐことができるため、結果的に購入者も安心して保証書を利用できる魅力があります。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。