寿命は使い方次第!高級時計を長持ちさせるために必要なこと

NEW
寿命は使い方次第!高級時計を長持ちさせるために必要なこと

高級時計を購入したらなるべく長く使いたいものでしょう。せっかくの高級時計なのにすぐに壊れてしまってはがっかりです。実はちょっとした工夫で長く使っていくこともできますから、ここでそのコツを押さえておきましょう。

高級時計は何年使うことができるのか

まずは寿命について知っておきたい

高級時計の寿命についてまずは詳しくなりましょう。基本的に高級時計は精巧に作られていることもあり、かなり長持ちするというのが実際です。数年は全く問題なく使えますし、ちょっと調子が悪くなってきてもメンテナンスに出すことで新品のように元通りになります。ケースバイケースでもありますが、高級時計は少なくとも10年は使えると考えて間違いはありません。製品によっては50年以上使えるといったものすらあります。それくらい高級時計は長く使えるものだといったことは知っておいて下さい。

 

種類によっても寿命については変わってくる

デジタル時計なのか、それともアナログ時計なのかで全く寿命についても変わってきます。基本的にやはり長持ちなのはアナログ時計です。アナログ時計であればパーツ交換などをすることで数世紀持つようなものすらあります。それくらい長持ちするのがアナログ時計なのです。その一方でデジタル時計は中々長持しにくくなっています。アナログ時計よりも高機能なのですが、その反面で水に弱いですし、保管状態が良くても湿気でだめになることも。また、どうしても電子製品は経年劣化の影響が高まってしまいます。こうしたこともあり、デジタル時計の場合にはアナログ時計よりもより寿命が短くなってしまうことは理解しておいて下さい。パーツ交換もしにくくなっており、長く使っていくのには向いていないことも。しかし、デジタル時計に長寿命を求める人は少ないです。

 

寿命は定期的なメンテナンスで変わる

寿命については工夫次第でかなり変わる

高級時計を少しでも長く使っていくためにも色々と工夫していきましょう。例えば、確実に定期的なメンテナンスをすることは大変大事です。メンテナンスといっても大したことはしません。少し拭き掃除をする、といったことを定期的にやるだけでも、サビなどがつきにくくなってきます。色あせを防止するためにもこうしたメンテナンスは大事です。

お店で確実にメンテナンスをしてもらおう

半年に一回はお店でオーバーホールしてもらいましょう。これを確実にするとより長持ちしていきます。メンテナンスにかかる費用は数千円程度ですが、何度も総分解点検作業してもらうのでじっくりとお願いできるお店を見つけておきましょう。この総分解点検作業によって故障しやすいようなところもわかってきます。これによってちょっとのことでは故障しにくくなってきますから、仕事などで時計を使っているという際にもしっかりとメンテナンスはしておきたいところでしょう。

メンテナンスは自分でもできる

お店でできるようなメンテナンスは自分でもすることができます。内部の掃除などは中々難しいですが、長く使っていきたいならばしっかりとマスターしておくべきでしょう。例えば、電池交換などは自分でできるようになっておきたいところです。自分でメンテナンスできるようになってくると、より愛着も増してきて大事にしやすくもなってきます。これも自分でメンテナンスをやるメリットです。

 

アンティーク時計は製造年を要チェック

アンティーク時計を用いるという場合には製造年が鍵

アンティーク時計を使っている人は販売年についてもチェックしておいて下さい。販売年がいつかによって大きく対応も変わってきます。例えば、製造年が古い場合にはすぐに購入したらオーバーホールが必要になってくることも。特に古いアンティーク時計は全くメンテナンスされていないといったことも多いですから、こうしたものは購入したらすぐにショップに出して下さい。こうすることでより長く使っていくことが可能になってきます。

販売年の調べ方について知っておこう

こうした販売年はちょっとしたことで調べることが可能です。アンティーク時計によってはそもそも製造年が盤面に記載されているといったことがあります。この場合にはすぐにチェックできて便利でしょう。全くこうした記載がないこともありますが、この場合にはパネルを開いてみる必要性があります。内部に記載があることがありますから、お店でチェックしてもらうというのもありでしょう。

製造年がわかれば色々と情報も得られる

製造年がわかれば、それに対応したメンテナンスもしやすくなってきます。例えば、製造されてから50年以上立っているようなものは油差しなどが必要になって来ることも。他にも、年代ごとに必要になってくるメンテナンスは違いがありますから、こうしたことを知るためにも製造年について知っておくことは大事です。直接製造年の記載がない場合には鑑定に出して調べてもらうことも可能になっています。

 

定期的なメンテナンスで高級時計の寿命が延びる

やはり総分解点検作業は実に大事なもの

定期的に総分解点検作業をすることで、高級時計の寿命が伸びることがあります。これはケースバイケースですが、全く総分解点検作業しないといくら高級時計であってもせいぜい10数年程度しか持たないといったこともあります。しかし、本来高級時計というものはよくメンテナンスすれば数十年は持つものなのです。このことを忘れずにしっかりとメンテナンスをして、より長くもたせるようにしておきましょう。

日々の手入れをまずはしっかりとしておこう

メンテナンスの基本は日々の手入れです。まず使ったらクロスで拭いておいて下さい。脂などが残ってしまうと、それがもとで錆びることにもなります。また、使わない時にはリストを伸ばしておきましょう。リストを常に折り曲げていると、それが原因でリストがひび割れするといったことにもなります。これも要注意点です。

週末点検もしっかりとしておこう

こうした日々の点検とともにしておきたいのが週末点検です。週末には時間をとってくぼみにたまったゴミなどを取り除いて下さい。こうしたことは面倒なようでもしっかりとやるべきです。大変な要な場合にはショップにお願いできますから慌てないで下さい。

リストは定期的に交換するのもあり

常に同じ腕時計のリストを使っているという方はいませんか。これはリストにとって良くありません。できればリストは毎日違ったものを使うようにすると良いでしょう。これによってより寿命も長くなります。

 

高級クォーツ時計もオーバーホールが可能

高級クォーツ時計はやっぱりオーバーホールが必要

高級クォーツ時計は人気が高いですが、こうしたものは定期的にメンテナンスをしないといけません。メンテナンスをするだけで一気に使える日数も伸びてきますから、定期的にしていきましょう。特に昔の時計は電波時計でもないですから、メンテナンスをして調整しないとどうしても狂いが生じてきます。オーバーホールにはこうした狂いを直す働きもあるのです。

オーバーホールでより正確になるのが利点

オーバーホールをすると時刻の精度も高まってきます。このため「このクォーツ時計、かなり時刻が狂うなあ」と思っている場合には、ぜひともオーバーホールしてもらうと良いでしょう。古い製品だとオーバーホールできないと思っている方もいるかも知れませんが、実はどんな製品でもしっかりとしたショップならばオーバーホールできます。料金は確かにかかりますが、オーバーホールは絶対に必要になってきますから欠かせません。

高級クォーツ時計は保存状態も大事

もしも長い間高級クォーツ時計を使わないならば、保管にも気を使いましょう。ちょっとしたことに気をつけるだけで一気に長持ちするようになってきます。例えば、湿度に弱いですから、空調がしっかりと効いたところで保存しておきましょう。こうしたちょっとしたことに気をつけるだけで一気に保存状態も変わってきます。他にも、お店によっては保管代行してくれるところもありますから、こういったものを使ってみるのもありでしょう。

 

部品の在庫保有年数は各メーカーで違う

やはり知っておきたい部品に関するポイントについて

どうしてもアンティーク時計などを使っていると「交換したいのに部品がない」といったことが起こります。こうしたことを避けるためにも、しっかりと部品を前もって購入しておくのもありです。例えば、リストなどはやはり消耗品ですから、同じブランドのリストをいくつも購入しておくと良いでしょう。他にも余裕があれば盤面パネルなども用意しておいて下さい。こういったものはすぐにキズが付きやすいですし、長く使っていると色あせなども生じてきますから、それだけ交換の頻度も高くなってきます。

そもそも部品はどのくらい保管しているのかについて

こうしたパーツの保管期間は、メーカーによってケースバイケースです。例えば、あるメーカーでは販売後は10年しかパーツを保管していないことも。逆に有名高級時計ブランドともなると数十年は保管していることもあります。製品によっても保管期間が変わるといったことも生じます。だからこそ、これから高級時計を購入する際にはなるべくパーツの保管期間が長いところを選ぶのも良いでしょう。

パーツが手に入らない場合にはどうする

保管期間が短いとパーツが手に入りにくくなることも。ショップでも手に入らなくて困ることがあります。この際には既存の製品をばらしてパーツとして使うといったことも可能です。とはいえ、こうしたことはそれだけ手間がかかりますし、コストもかさみますから、最終手段になってくることは確かです。

 

まとめ

腕時計のメンテナンスについて紹介しました。こうした高級腕時計はコツ次第で実に使い心地も変わってきます。特に大事になってくるのが日々の点検などですから、欠かさずにやっておくと良いでしょう。また、部品がないとそもそも修理もできませんから、アンティーク時計を購入する際にもそもそも部品がどれだけあるのかといったことも理解してから購入するようにすると、後悔しない選択ができるようになってきますから調べておいて下さい。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る