ブランド時計
2021年11月5日

100年の歴史を誇る日本の有名腕時計ブランド「セイコー」

NEW
100年の歴史を誇る日本の有名腕時計ブランド「セイコー」

セイコーは創業から現在まで、革新的な腕時計を次々と世に送り出しています。創業後は高い技術力でトップ企業に成長し、第二次世界大戦後は世界的なヒット商品を生みました。世界で初めてクオーツ式の腕時計を発売し、時計の本場スイスでも実力を認められています。

セイコーは100年の歴史を誇る日本のブランド

セイコーのルーツは服部時計店で、創業は1881年です。最初は中古時計の販売と修繕から事業をスタートし、1892年には工場を設立します。日清戦争による好景気で業績を伸ばすと、研究を重ねて初の懐中時計を完成させます。技術スタッフは輸入品の懐中時計を基に研究を重ね、タイムキーパーを誕生させました。

1969年に世界初のクオーツ式腕時計を発売すると、国内外に衝撃が走ります。クオーツの特許を開放したので爆発的に売れ、伝統的な機械式の時計は打撃を受けます。このクオーツショックで世界中に名を知られるようになったセイコーは、ジュネーブ天文台コンクールに参加して上位に入ります。

国内でも人気を集め、1964年には東京オリンピックで公式タイムキーパーを務めます。オリンピックの影の主役ともいわれる時計で、スイスが独占していた主役の座を奪い取ります。オリンピックのためにさまざまな装置を開発して大役を果たしたセイコーは、現在でも人気ブランドの地位を守っています。

 

国産初となる腕時計を誕生させたセイコー

セイコーは、1913年に国産初の腕時計ローレルを誕生させています。当時の技術だと大量製造が難しく、生産できたのは1日30個程度でした。

1923年に初めて自社ブランドの腕時計を発売し、1956年にオートマチックを世に出します。従来のモデルよりも品質と精度、生産性が向上したマーベルが発売されると大きな注目を集めます。

1950年代になると生産数が伸び、最高技術を結集したグランドセイコーが誕生します。さらに1965年には国産初のダイバーズウオッチが生まれ、若者の憧れの的になります。耐久性や信頼性を追求する特殊時計の開発もスタートし、300メートル防水仕様のダイバーズウオッチが発売されました。

数々のヒット作を生み出したセイコーは、2021年に140周年を迎えます。このメモリアルイヤーを記念して、数量限定モデルが登場して話題になっています。ブランドを代表する4種類のコレクションが舞台になり、創業した銀座の魅力や文化を表現したモデルです。

 

メイドインジャパンのパワーを感じさせるセイコー

セイコーは、メイドインジャパンのパワーを持つブランドです。創業当時から高い技術力を駆使して、瞬く間に国内トップのブランドに成長しました。特にクオーツ式時計で世界的な革命を起こし、スイスの時計産業にも打撃を与えました。

時計の世界に永遠に名を刻んだセイコーは、大きな成功を収めても前進を続けています。さまざまな分野で活躍するプロフェッショナルのために商品を開発し、例えば登山用の時計、アルピニストはシンプルなウオッチで、サファイアガラスでドーム型風防を再現しています。

2012年に誕生した世界初のGPSソーラーウオッチは、世界中どこにいても時間を正確に刻みます。自動的にGPS衛星電波を受信して時刻を合わせるので、海外旅行に出かけても時差を気にする必要がありません。

メカニカルハイビート36000GMT限定モデルは、2014年ジュネーブ時計グランプリで部門賞を受賞しました。メイドインジャパンのメカニカルウオッチでは、史上初の快挙になります。またLXラインのSBDB027も、2019年のジュネーブ時計グランプリでダイバーズウオッチ部門賞を受賞しています。

 

まとめ

セイコーは日本が世界に誇る人気ブランドで、140周年を迎えても新しい歩みを進めています。日本初の腕時計や世界初のクオーツウオッチで注目され、オリンピックなどの世界大会でも公式時計を担当して話題になりました。

セイコーファイブは世界的なヒットを記録し、国内だけでなく海外でも存在感を示しています。スタイリッシュなデザインと機能性を兼ね備えた、ビジネスマン向けのシリーズも好調です。豊富な品揃えもセイコーの魅力で、自分の好みに合うモデルを選んで購入できます。

 

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
まずは査定額を聞いてみる
通話無料 0120-555-600
お得なクーポンはこちら