ブランド時計
2021年11月5日

新作の有無や入手する方法は?ロレックスの腕時計ターノグラフ

NEW
新作の有無や入手する方法は?ロレックスの腕時計ターノグラフ

時計好きなら一度は手にしてみたいロレックスですが、中でも生産終了になってもなお人気のあるかっこいいモデルと言われているものがターノグラフです。職人の技とロレックスの築き上げたノウハウが詰まったこだわりを感じられるシリーズとなっています。

9年間のみ生産された稀有な存在

人気のあるターノグラフですが、すでに生産は終了したモデルです。そのため販売店で新規に購入することはできません。しかし、時計愛好家の中では人気が引き続き高く、中古でもいいからと希望する人が後を絶ちません。もともとターノグラフの販売はたった9年間のみと短いため、当然流通量もそれほど大量ではなく数も限られています。さらに今も残っている動くものとなれば限られてしまう貴重な存在です。ターノグラフは2004年に販売が開始され、2013年に生産が終了しています。スタートのきっかけは、ロレックスのデイトジャストシリーズから派生して誕生しました。とは言っても、デイトジャストとはまた違った味わいがあり、販売当時も安定した人気ぶりでした。ただ、販売期間がロレックスの中でも短く終了した珍しいシリーズです。そのため、生産が終了してからの人気が高まる傾向にあります。丈夫で長寿命のロレックスですので今後も人気は続くことでしょう。

 

ターノグラフを手に入れたいなら中古市場で

実用性にも富んだ機能性、さらにほどよい落ち着きと重すぎないテイストが人気のターノグラフですが、生産は終了しています。つまり、手に入れたいのであれば新規購入はできませんので、中古になります。ただ中古で購入時に気になるのがメンテナンスです。購入できても、質が悪いとか偽物では意味がありません。そこで査定眼に優れている中古市場がおすすめです。ロレックスは積極的に買取をしているので、さまざまなシリーズが揃っており、ターノグラフも例外ではありません。積極的に買取をしてくれるならと売る人もいますので、売りたい人が集まりやすいです。もちろん、海外から中古を仕入れるルートもゼロではありません。そのため、ターノグラフに出会える確率は高くなり、通ったりチェックしたりし続けていれば、見つかる方法としては中古市場はおすすめです。査定眼も確かなスタッフなら、きちんとチェックしてケアも行ってから販売しますので安心です。信頼性の面からも中古市場で購入して問題はありません。

 

流通が少ないため市場での価値も上がるかも

ターノグラフはたったの9年間しか製造されていませんので、いくら人気のあるロレックスであっても、流通した本数は限られています。しかし、時計としての機能性やデザインは、さすがロレックスというレベルの高さです。しかもロレックスは長寿命ですから、9年経ってもまだまだ使えます。そのためターノグラフに興味を持つ人も多く、人気は続いており、今でもニーズは多くその価値もアップしています。これから先もその様子は変わらないでしょうから付加価値は高いままです。流通が少ないので、もし売ろうとするなら高値がつくはずです。逆に言えば購入は今がチャンスと言えます。販売実績が豊富なお店に足を運ぶと、質の良いターノグラフに出会えます。手に入れてからは実際に使っても支障がないほど優れた時計ですし、飾って楽しんでも良いでしょう。9年間だけの生産で終わってしまっただけに、その希少性が注目されていますから気になったら早めに行動することが吉です。

 

まとめ

短い9年間で生産終了となったターノグラフは、機能性やデザインの良さで見直されて人気になっています。現在は生産されていませんので中古市場などで購入することになりますが、それでも今後もっとニーズが高まる可能性があります。それだけ高品質なモデルですので、気になったら行動を起こして手に入れましょう。ロレックスのこだわりを感じながら、希少性のある時計を楽しむことができるのがターノグラフです。流通量が少ないので、出会ったときの感動もひときわ素晴らしいでしょう。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
まずは査定額を聞いてみる
通話無料 0120-555-600
お得なクーポンはこちら