ロレックスをカスタマイズする際に重要となるラグ幅とは?

NEW
ロレックスをカスタマイズする際に重要となるラグ幅とは?

ロレックスの腕時計を自分好みにカスタマイズする際に、ベルト部分の取り替えを手始めにおこなう方も少なくないことでしょう。最近ではベルトの種類も豊富になり、ブレスレットタイプだけでなく革やナイロン素材からも選べるようになったため、比較的簡単にオリジナリティが出せるという理由もあるからです。しかしながら、腕時計にはラグ幅というものが存在し、これを無視したベルトの取り替えは不可能なので注意が必要です。

 

ロレックスのラグ幅とは?

 

ラグとは腕時計のパーツのひとつで、ベルトの取り替えにもっとも重要な部分のことです。ブランドによっては胴元幅と呼ぶケースもあります。ラグは、時計本体からベルトを支えるために出ている足のような部分で、そこにベルトが取り付けられる仕組みになっています。そのため、ラグ幅とベルト幅を合わせることが必要です。

ベルトの取り替えを依頼する際には、所有するロレックスのラグ幅が何ミリなのかを必ず尋ねられます。時計用語に精通していない方にとっては、ラグが何を意味するのか分からず不安を感じることもあるでしょう。場合によっては、フローリングに敷くラグなどを想像してしまうことすらあるかもしれません。しかしながら、ラグとは腕時計のベルトを取り付けるための部分であり、けっして複雑なパーツのことではないのでご安心ください。

以下の章では、ロレックスの主要モデルのラグ幅がどれ位なのかを見ていきましょう。

 

ラグ幅20mmのロレックスモデル

 

最初にお伝えしたいのが、ロレックスの主要モデルのラグ幅は20mmが大半だということです。根強い人気のデイトナ、サブマリーナー、エクスプローラーなどもこれに当てはまります。言い換えると、ロレックスのカスタマイズには幅20mmのベルトを選べば失敗が少ないとも言えるでしょう。

ラグ幅20mmの定番モデルをまとめてみました。

 

モデル名 型番
デイトナ 16520、116500LN
サブマリーナー 14060M、116610LN
エクスプローラーⅠ 114270、214270
エクスプローラーⅡ 16570、216570
GMTマスター 16750、116710LN、BLNR

 

代表的なモデルを表に載せましたが、このほかにも多くがラグ幅20mmを採用しているのがロレックスの特徴でもあります。

一方で、気に入って選んだベルトが20mmでなかった場合についてです。20mmのラグ幅に対して、それより小さいベルトを選んだ場合には取り付けに問題は生じません。ただし緩いため、腕に巻いた際の安定感が不十分になります。腕時計とは、装着しながら動作をおこなうのが前提で、行動に差し支えるようでは実用性に欠けることになります。このような理由から、ラグ幅に合ったベルトを選ぶことは非常に重要です。また、ラグ幅より大きいベルトは取り付けが不可能なため、所有するロレックスのラグ幅を知っていれば、最初から選択肢に入れることはなくなるでしょう。

 

ラグ幅20mm以外のロレックスモデル

 

ロレックスのラグ幅は、ほとんどのモデルで20mmであることが分かったと思います。

これを踏まえて、それ以外のモデルを知ることも必要でしょう。なぜなら、もし所有する時計が例外だとしたら、20mmのベルト購入は無意味なものになるからです。仮にラグ幅が20mmよりも大きければ、フィット感は期待できませんが取り付け自体は可能です。しかしながら、小さかった場合を考えるともはや打つ手はありません。

失敗しないために例外のモデルをまとめてみました。

 

モデル名 型番
ディープシー 126660 21.5mm
デイトジャスト デイトジャスト41 21mm
ヨットマスターⅡ 116680 21mm
オイスターパーペチュアル ケースサイズ34mmモデル 19mm

 

お手持ちのロレックスがこれらに当てはまっていたら、カスタマイズによるベルトの取り替えには20mmのベルトは適しないので注意をしましょう。

最後に忘れてはいけないのが、ロレックスにはレディースサイズが存在します。女性は男性と比較して手首が細く力もないため、ロレックスのような素材や造りがしっかりとした腕時計が向かないこともあるからです。そして、小さいサイズの展開をすることで、女性でも無理することなくロレックスが楽しめるようになりました。ただし、本体が小さいとラグ幅もそれに伴い狭くなります。

とくにラグ幅の狭いモデルをまとめてみました。

 

モデル名 型番
デイトジャスト デイトジャスト28 14mm
デイトジャスト デイトジャスト26 13mm

 

まとめ

 

所有するロレックスにオリジナリティを出したいとお考えなら、ベルトを取り替えることにより、手軽に自分好みの腕時計に変身させることができます。ベルトは、ブレスレットタイプだけでなくほかの素材を選ぶこともできます。革の質感がお好みなら革のベルトを、アクティブ感を出したいのであればナイロン素材を選ぶと良いでしょう。一方で、ラグ幅と呼ばれるベルトを取り付けるパーツの大きさと、ベルトの幅を合わせなければロレックスは腕にフィットしないことになるため注意が必要です。

ロレックス買取ページはこちら

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る