ブランド時計
2021年11月5日

買取のときにロレックスが新品として扱われるための条件とは

NEW
買取のときにロレックスが新品として扱われるための条件とは

一度も使わない状態でいた、新品で購入したロレックスを買取してもらいたいとき、新品として扱われるものというイメージを持つ人は多いといえます。こちらでは、並行輸入品を販売しているお店の新品に対する取り扱いなどを含め解説することにしましょう。

新品として扱われるための定義

ロレックスの正規店で現行モデルを購入するときには、中古ではなくもちろん新品を買うことになります。中古品を販売しているお店の中には中古や新品などの記載があり、一度も使っていないものが新品で、一度でも腕に装着したものは中古品の扱いになる、というイメージを持つ人は多いといえます。ロレックスの正規店で販売している商品は一部を除けばどれもが新品ですが、一口に新品といってもいくつかの種類が存在します。

新しい品物や製品の定義として、もう少し掘り下げると、生産者の手により製造され梱包されたままの状態で消費者などの第三者の手に触れることがない工業製品を指すとされます。第三者の手に触れないという部分では販売されたことがない商品もしくは製品になるのですが、販売されたけれども一度も使われていない場合は新古品と呼ばれることがあります。そのため、ロレックスの正規店で販売されているものは一度も第三者の手に渡っていないもので、並行輸入品は買い付け業者が一度手にしていることから、一度も使用されていない新古品の位置づけに分類されます。

 

並行店が「ロレックスの新品」として扱う条件

並行輸入店は、海外や国内の正規店でメーカー以外の買い付け業者もしくは個人が購入したものを自ら使うのではなくお店で販売をする専門店の一つです。正規店のようにメーカーが直接販売するものとは異なり、一度購入したなどの経緯があるので厳密にいえば中古品になります。しかし、購入してお店で販売するのが並行輸入品ですから、一度も使用していない未使用品です。そのため、一般的な中古品とは区別される必要があるため並行輸入店ではそれを新品として取り扱っているわけです。

例えば、ロレックスを正規店で購入したけれども箱を一度も開けていないもの、これを並行輸入店で買取をすると、それは第三者の手に渡っているので厳密には中古品になります。未使用品は新品として取り扱われるため、販売される際には新品に分類されます。なお、未使用品とは、メーカーが時計本体に貼り付けた保護シールが完全に残っていてブレスレットの調整が行われていないもの、純正の箱や保証書・タグなど必要な付属品がすべて揃っているもの、保証書には代理店のスタンプがあって販売の日付が十分に新しいもの、などの定義があります。

 

店舗での実際の買取状況とは

新品で購入したロレックスを訳あって手放すとき、未使用品の条件を全てクリアしていると新品で売却できる可能性が高くなります。しかし、実際の査定金額はお店の在庫状況や流通の状況などの条件でも左右され、店側の諸事情によって決定されるものなので、腕時計をお店に持ち込み査定してもらわないとわかりません。また、新品と中古では買取金額に相当な差が生じることは当然な話です。安く販売している新品のロレックスは買取額が安くなる、高額な値段で販売されているから高価買取になるとは限りません。

並行輸入店の場合、その日の新品の買取価格は事前に設定されている場合が多いので、お店に持ち込む前に電話などで金額を確認する方法がおすすめです。なお、未使用品の条件の中には、保護シールが剝がされていないことが含まれます。ロレックスのリファレンス番号が6桁に変更された以降は、時計本体やクラスプ部の大半を覆うような形で保護シールが貼り付けてあり、シールそのものも精密であると同時に枚数が増えています。モデルにより、シール位置や仕様が異なっていて、中にはあまり重要ではないものもあるけれども全て揃っていることが基本です。

 

新品としてみられなかった原因

ロレックスの中古品を販売しているお店の商品には、中古・新品・新古品の三つに分類されている場合がありますが、これら三つにはどのような違いがあるのか把握しておきたい部分です。販売店からお客さんの手に渡っていない販売可能な商品で、誰からも購入されていない状態を意味するものが新品です。お客さんが購入した時点で中古に分類されるため、新品で販売することはできず、中古で売る必要が出てきます。ここで登場するのが新古品になるのですが、お客さんに一度販売されたけれども販売時の状態のまま返品されたものを意味していて、再販するときの状態が新古品です。

新古品は販売時の状態に対して相違がないもので、未使用品も含まれますが、広い意味においては新古品も未使用品も新品とみなされ、中古や新品のいずれかといった考え方になります。正規店でロレックスを購入したとき、そこには代理店のスタンプが押印されることになるのですが、そこには日付も明記されます。この日付が十分に新しいものは新品になりますが、半年や1年前などのように古くなると中古の扱いになることも少なくありません。

 

新品とそうでない場合の差とは

ロレックスは、未開封の場合でも中古になることがあるといいますが、その原因の一つに保証書に記載されている保証期間が挙げられます。ロレックスは、購入日から5年間正常な機能について補償を行っていて、第三者が購入したタイミングが時計買取のときよりも古い場合は保証期間そのものが短縮されることになるので、新品としての価値は薄れてしまいます。例えば、購入したのが2021年1月1日の場合、保証期間は2026年1月末までになりますが、買取を利用したタイミングが翌年の2022年1月1日では保証期間は4年に短縮されます。

並行輸入店では、保証書に代理店のスタンプがあって販売日の日付が十分に新しいものを新品の条件にしていますので、保護シールがそのままでブレスレットの調整が行われていず、純正の箱やタグなど必要な付属品が全て揃っていたとしても中古とみなされることもあります。そのため新品の状態で買取を希望される場合は、販売日からあまり経過していないタイミングで売ること、その他の新品の条件を全てクリアしていることが求められます。

 

店舗によって新品の定義に差はある?

ロレックスの付属品の一つに取扱説明書がありますが、取扱説明書は販売国の言語が含まれているものが一般的で、日本で購入したものには必ず日本語が含まれています。取扱説明書は、文字通り操作説明などが記されている冊子ではありますが、これは腕時計の一部としての価値を持つもので、買取の際には取扱説明書の有無は査定金額に影響を与えることが少なくありません。新品のものには必ず同梱されているものではあるのですが、新品の定義は買取店ごとにより多少の差がありますので、現状の説明をしっかり行って、そのお店が新品で買取できるのか否かを確認することがおすすめです。

ロレックスのタグも付属品の一つになりますが、タグは2種類あり、その中で白色のタグはリファレンス番号やシリアル番号、ブレスレットのリファレンス番号などの記載があります。これは保証書に記載されているものと同じく個体ごとに付けられているユニークなものです。デイジャストはブレスレットの種類を選ぶことができるモデルで、タグを見ることで出荷時のブレスレットの仕様を確認できます。なお、この白いタグは販売記録を目的として正規店で販売された段階で回収されることもあり、買取店の中にはタグが付いていることを新品の条件に含んでいる場合もあるため注意が必要です。

 

まとめ

ロレックスは、時計が完全に未使用であることが前提で新品での買取を可能にします。他にも、メーカーが時計本体などに貼り付けている保護シールが一度も剝がされた形跡がないこと、ブレスレットも調整が行われていないこと、純正の箱や保証書など全ての付属品が揃っていて、保証書には代理店のスタンプおよび販売日の日付が新しく、保証期間が十分に長くあること、などの条件が設けてあります。なお、ロレックスのモデルや買取店ごとに新品の定義に差があるので、買取を利用されるときには保証書に記されている販売日に注意が必要です。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
まずは査定額を聞いてみる
通話無料 0120-555-600
お得なクーポンはこちら