人気腕時計ロレックスの中でも特に希少性の高い珍しいモデルたち

NEW
人気腕時計ロレックスの中でも特に希少性の高い珍しいモデルたち

投資先として考えられているロレックスの腕時計は、資産価値を高める要因として希少性があります。数少ないモデルや生産が終了したモデルは価格が高騰して入手困難になるようです。このように希少性が注目されるのは投資対象の価値が高いからと言えます。

ロレックスの希少モデルが誕生した経緯

高級腕時計のロレックスは、いつの時代も最上位にいることは、誰でも知っていることでしょう。ところが、この腕時計を高級であると知らしめているのは、ただ値段が高いからではありません。それは投資先の資産として、流通するようになったことが大きな要因となっています。その中でも希少モデルと呼ばれるものは、年が経つにつれてその価値を上げています。

バイヤーはあらゆる情報から希少であることを見出し、そのほかに希少なものが存在しないか、いつでも目を光らせているはずです。このように投資目的の役割となったのは1970年代で、ほかの金融商品よりも安定していることが注目されました。確かな価値があり長い間しっかりと機能する品質があるからこそ、投資チャネルの扱いが可能です。そして生産数に限りがあるモデルは、入手困難になればなるほどその価値は上がっていきます。ほかの腕時計ではまねできない、ロレックスだからこそできる扱い方と言えます。今後もさらにその価値は上がり、多くの人が投資先としての価値を注目するようになるでしょう。

 

人気に火が付いたときにはすでに希少価値があったロレックスの時計群

ロレックスの中でも、発売当初から希少価値が高いものが存在します。その理由は生産数が少ないからです。特にサブマリーナと呼ばれるモデルは生産数が少ないことによって、価値が急上昇しました。ダイバーズウォッチの原型と呼ばれているこのモデルは、人気の高いことで知られています。特に、グリーンサブと呼ばれる緑のベゼルがついているタイプは、高額で取引がされています。レア度が高くなる個体はファット4、ワイドスイス、ライムグリーンの3種類。ジェームズボンドが使ったモデルは、オリジナルパーツ付きでレアなため、高額で買い取られます。

デイトナも資産価値の高いモデルです。有名人が使っていたことや数少ない特注があったことから、生産性の少なさが影響して高騰しています。落札額が過去最高になるほどの人気の商品です。GMTマスターでも、オリジナルパーツでMMダイヤルがついているもの、初期個体に該当するようなものであれば希少価値がかなり高くなり得ます。このように、生産時期によってもその価値は変わってくるようです。

 

現在も入手が可能で通常仕様とは異なるロレックスの一例

現行品として入手可能なGMTマスターⅡでもスティックダイアルと呼ばれるものがあります。ローマ数字のⅡの上下の横棒がなく、縦棒2本になっている表記がほかにないため希少価値を上げています。このような文字盤の違いから、数が限られるものが存在します。これを探し出すのは困難ですが、見つけたらなくならないうちに入手するのがおすすめです。

他にも色の違いや文字の大きさなどが異なるものが存在するようです。しっかり見ていないと気が付けないものですが、このような違いに気が付けることがマニア受けする理由だと言えるでしょう。特に何かとタイアップするような時には注意が必要で、生産数が限定的になることが予想されます。このような情報もしっかりとチェックしておくとレアモデルを入手し損なうおそれが減るでしょう。通常仕様との違いは、最近ではネットですぐに広まってしまいますが、その分見つけやすいというメリットもあります。常に情報を更新して、足で稼ぐことが重要です。ネット通販ではできないことだからこそ希少性が高まります。

 

希少価値のあるモデルは中古市場での買取相場が高い

ロレックスの腕時計を持つ理由は、投資のためという人が増えているそうです。つまり資産として扱われるようになったことを意味します。品質が高く堅牢な腕時計であるからこそ、今後も長い間使うことができるため、古くなることが、価値の低下につながらないことも中古市場において買取相場が高い理由になります。

中でも希少価値が高いものは、ますます買取相場が高くなる傾向にあります。それは中古市場での流通量が影響しているからです。あまり動きが多くないモデルであれば、買取が行われることが少なく、手に入れる機会が極端に少ないのは当然です。このような状況では、ほしいという人が増えることになり、競争が生まれることで、さらなる買取相場の高騰の引き金になります。これからは程度が良く、今後も使えるモデルで希少性が高ければ、さらに高くなっていくでしょう。徐々に経年で動かなくなることで流通量が減れば、さらに高額化していきます。長い間をかけてロレックスの価値は高まっていくため、どれが希少であるかを見極めるべきです。

 

珍しいモデルの買取は経験豊かな買取店を利用しないと価値を正確に判定してもらえないこともあるので注意

物の価値は需要によって決まります。中古市場は、その変動が顕著であり、わかりにくいのが問題です。そのため、その価値を正確に判定できているか、買取店に依存することとなります。例えば経験の浅いスタッフで運用しているようなお店では、本来なら希少とされるようなモデルを、マニュアル通りの価格で査定してしまうことが予想されます。また、持ち込んだ本人も適正な買取価格がわからないので、そのまま取引が成立してしまうおそれもあります。

買取で重要なのは、豊富な知識と鑑定眼です。何が希少なのかをわからない人がその本当の価値がわからないように、レアなロレックスを持ち込んでもそれが何かわからなければ、普通のロレックスと同じに扱われるだけです。また、知識はあるけれども見方を知らないという場合も同様に、適正な価格で買い取ってもらえないことになります。そうならないために、経験が豊富で十分な知識を持つ鑑定眼の鋭いスタッフを育成し、マニュアルがしっかりしている買取店に持ち込まなければ損をすることになるでしょう。

 

まとめ

必ず価値が上がるとわかっていれば、購入するのは簡単ですが、なかなかそれを見極めるのは難しいでしょう。最近では情報を簡単にネットで知ることができるようになった反面、実物を見つけることが難しい状況です。足を使ってレアモデルを見つけることで、価値の高いものを入手することができます。資産価値が高いロレックスの腕時計はこれからもその価値を維持し続けるはずです。中古市場でのロレックスの価格はこれからも高騰するでしょう。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る