ブランド時計
2021年11月5日

ロレックスの堅牢性と時計を傷から守るための工夫・ポイント

NEW
ロレックスの堅牢性と時計を傷から守るための工夫・ポイント

ロレックスの丈夫さは、他のメーカーと比較しても非常に優れています。半世紀以上前の時計でも、機能を維持し続けていることは珍しくありません。この内情を知るためには、ロレックスが行ってきた企業努力を知る必要があります。

ロレックス発明の頑丈なオイスターケース

100年以上も前、ロレックスが登場する以前の時計は女性が身に着ける装飾品の一種であるという認識が広まっていました。単なる装飾品なので、耐久性や機能性を両立させる必要がないと考えられており、またその実現も難しいと判断されていた時代です。しかし、ロレックスの創業者であるハンス・ウィルスドルフは、将来的に時計がより一般化されて、誰もが簡単に身に着けられる機能性に優れた商品になると考えていました。その結果、周囲の環境にも耐えられる耐久性のある時計開発に力を入れることになります。熱や寒さだけではなく、その人から生じる汗などにも対応できるだけの防水機能を兼ね備えた、非常に強固な時計を開発することで、他にはない時計を完成させました。そして、こういった丈夫さを実現するために生み出されたのがオイスターケースと呼ばれるものです。ロレックスの外装は、鋳造施設で丁寧に作られていて、この流れが現代でも続いています。時代を重ねるごとにその精度は向上していき、メーカーの中でも類を見ないほどの丈夫で使いやすい時計を開発するに至りました。

 

所有することで初めてわかるオイスターの実力

オイスターの魅力は、実際に利用することで実感できる場合が多いです。これは、昔から現代に続くロレックスの時計を比較すれば一目瞭然です。一般的に、時計の耐久年数は10年前後であると考えられています。通常の商品は、電池などで稼働する簡易的なものです。ブランドメーカーであっても長期的に利用し続ければ、10年を境としてその精度は悪くなっていきます。ところが、ロレックスの耐久精度は軽くその倍以上はあります。ロレックスは、創業当初から耐久性の向上を目指した開発に力を入れており、自社で生み出したオイスターをより高度にすることに専念していました。特に、1950年代を境にオイスターの洗練はさらに磨きがかかることになり、それとともに機能性と耐久性は飛躍的に向上します。時計は、頻繁に利用すると傷が付いてしまうことがあり、機能としての役割に影を落とすことになります。一方で、ロレックスの場合はオイスターの影響で長期的な利用が可能であり、実用的な観点からも非常に使いやすいです。だからこそ、コレクター的な価値も非常に高く、その時代のロレックスの価値は常に高い状態です。

 

ロレックスを傷から守るためのポイント

一般的に、ロレックスの開発に利用されているパーツは通常の時計に用いられているものとは全く違います。どういった環境下であっても長期的に問題なく使い続けることができるように、素材からこだわりをもっているからです。例えば、耐久性のあるステンレスを用いる場合には全てのステンレスモデルのブランドにこの素材を使います。普通、有名なブランドメーカーであっても耐久性のある素材は一部のモデルにしか利用されません。しかし、ロレックスの場合は全モデルにこういった耐久性のある素材を使います。そのため、そもそも傷が付きにくい状態になっているため、局所的な場面で守るようにしておけば問題ありません。具体的には、利用されている素材よりも硬いものを避けることです。周囲に硬いものがなかったとしても、結果的にロレックスを上回る硬度や衝撃を有しているものに当たると、当然傷が付いてしまいます。ロレックスの場合は、実は落下事故による傷が最も多い事象の一つと考えられています。着脱時に時計が外れ、大理石やコンクリートなど硬いものに当たり傷が付くケースが多いので、その点に注意することがポイントです。

 

丁寧に扱うのが一番の傷の防止策

ロレックスを傷つけないための防止策では、常に丁寧にケアをし、日常的に傷を付ける可能性があるものを身に着けないことが最も有効です。元々、ロレックスは機械式の時計であるため内部構造については非常にデリケートです。外装に関しては強固であることに違いはありませんが、内部を崩壊させるような荒い扱い方をすると物理的に機能しなくなります。対策としては、他の貴金属による影響を避けるという簡単な方法があります。例えば、時計を利用するときには、一緒にブレスレットを着用することが多いです。しかし、ブレスレットを着用するとそれが裏蓋に当たることによって、傷が付いてしまう可能性や内部に支障をきたす可能性があります。また、時計の汚れをとるときにハンカチを使う場合も丁寧に行わなくてはいけません。ロレックスの場合は時計専用のハンカチを使うことが常識ですが、時間がない場合には他のもので代用する人も少なくない現状です。時計に埃がある場合、それを除去するときに布でひっかくこともあり、それが結果的に大きな傷となる可能性もあります。時間をかけて、きちんと専用の製品を使ってケアをすればこのような事態を避けられます。

 

常に気遣いつつ大切に扱うことが何よりも大事

ロレックスは、その歴史や経験から長期的な利用方法がある程度確立されています。乱暴な使い方をしない限りは、長期で稼働できるため大切に扱うことが重要です。そのための、重要なポイントには以下の二つが挙げられます。まず、利用頻度に関してです。どれだけ高級なメーカーであっても時計は消耗品です。永遠に動き続けることはないので稼働時間を考慮しつつ、最善の利用頻度を選択しなくてはいけません。ロレックスの場合は、2カ月から3カ月に1回程度動かしておけば問題ありません。利用した場合は、必ず休息時間をとってメンテナンスをすることが重要です。使い続けると消耗することに違いはありませんので、使った後は大切にケアをすることです。また、頻繁に時計を磨くようなことはしないように注意が必要です。確かに、毎日使っている場合には、表面上の汚れなどを拭き取って内部に影響を与えないようにすることが大切ですが、毎日そのようなことをすると逆に外装の状態が劣化する可能性があります。傷が付きやすい状態になるので、適度な気遣いが大切です。

 

割れにくくするならガラスコーティングがおすすめ

傷を付けにくく、より安全に使うために、ガラスコーティングを利用することはとても有意義です。これには、ガラス質の被膜を作ることで酸化や傷から時計を守る働きがあります。また、単純に艶を出すことができるメリットもあります。見た目の状態を奇麗にできるので、奇麗に保存したいと考えている場合には最適です。ガラスコーティングの技術はさまざまな分野で使われていますが、時計に使うときには金属アレルギーの防止策としても使えます。実際に、技術力の高い職人に依頼をすれば、本体だけではなくベルト部分への加工も可能であるため、全体として傷が付きにくく、また割れにくい状態に仕上げることが可能です。ガラスコーティングが魅力なのは、さまざまな物質に対して有効であるという点です。定着率が高いので、ゴム以外で被膜を作ることが可能であり、さまざまな製品に対応できます。時計の種類を問わずに使えますので、ロレックスのモデルが異なっていても問題ありません。さらに、ガラスコーティングには水をはじく性質があり、汗などの水分も防ぐのでより清潔に保てます。

 

まとめ

ロレックスは、創業から機能性と耐久性を追求している企業であり、現代においてもそれは変わっていません。ただ、乱暴に扱えば消耗が激しくなり傷が付きやすくなるのも事実です。長期で奇麗にかつ清潔に使い続けるためには、丁寧に扱うことを心掛けて定期的なメンテナンスを行う必要があります。そのうえで、外部からの刺激や衝撃への対策をしておけば万全です。特に、ガラスコーティングは汎用性が高く対策が簡単なのでおすすめです。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
通話無料
上へ戻る