ブランド時計
2021年11月5日

ロレックスを初めて買う方へ!長く使っていくための保存の方法とコツ

NEW
ロレックスを初めて買う方へ!長く使っていくための保存の方法とコツ

ロレックスは時計好きであれば一つは持っていたい一流ブランドです。決して安い商品ではないので、購入したら綺麗な状態で長く使いたいもの。長く使うために知っておくべきポイントや保存方法、テクニックなどをご紹介します。

日頃から使っているほうが長持ちする

思い切って購入したロレックスなので、あまり頻繁に使わずに綺麗な状態を維持したいと考える人も多いと思います。しかし、腕時計は定期的に使っている方が長持ちするものです。ロレックスのような機械式時計は長期間使わずに放っておくと劣化してしまい、いざ使いたい時に動かないこともあります。普段は安い腕時計を使い、特別な日はロレックスを使うという人も多いですが、長持ちさせようと思うのであれば、ロレックスを毎日使うべきです。ロレックスは高額な商品なので普段から使うのは少し抵抗があるという意見も多いですが、積極的に身につけて使ってあげた方が良いでしょう。毎日使うと傷が増えたり、ベルト部分が劣化したりする可能性も高くなりますが、腕時計の性質上仕方がない部分でもあります。高級腕時計は資産として計算することもできるので、価値が上がるまで身につけないでおこうという人もいるはずです。しかし、毎日使ってあげた方が結果的に長持ちする確率が高く、故障するリスクも下げられるので自宅に飾っておくのではなく、常に身につけておきましょう。

 

長持ちさせるために欠かせない毎日のお手入れ

毎日身につけるのであれば、お手入れも毎日するべきです。時間をかけてまでしなくても、簡単なお手入れで構いません。ロレックスは専門技術によって美しい輝きを放っていますが、新品時の輝きを維持するのであれば、きめ細かいマイクロファイバークロスのようなもので拭いてあげるのがおすすめです。マイクロファイバークロスはタオルより傷つきにくいので、ロレックスと一緒に一つ所有しておくと便利。自宅に帰るとロレックスをケースに入れて保存する人も多いはずです。ケースが汚れていると本体に汚れが付着してしまうので、ケースも常に綺麗にしておきましょう。ケースは石鹸水と柔らかいブラシなどを使って優しく拭き取るのがおすすめです。機械式腕時計にはゼンマイがあり、これも毎日お手入れする必要があります。ゼンマイは巻きすぎると良くないので、力任せに動かさない方が良いです。1日に何度も手巻きを行う必要はありませんが、1日1回は手巻きを行った方が長持ちします。1日に何度も手巻きを行うと壊れるリスクが高くなるので、1日1回で十分です。

 

保存に使うのは専用のケース

ロレックスはテーブルなどにそのまま置いて保存するのではなく、専用のケースに入れて保存する方が長持ちするものです。ベルトは劣化しやすい部分でもあるので、テーブルなどに放置してしまうと形が崩れたり、劣化したりすることもあります。専用のケースに入れておけば誤って落としてしまったり、踏んでしまったりすることもなくなるので、長く使う場合は必須です。クッション部分にベルトを巻き付けて保存するので腕時計に与える負担が少なく、埃などが付着することもありません。専用のケースに入れるとロレックスがより美しく見えますし、新品時の状態を長く保つことができます。高級腕時計を複数所有している場合は、本数が多く入るタイプを購入するのがおすすめです。専用のケースは個室のように腕時計一つひとつにスペースが与えられています。お互いがぶつかることがなく、スムーズに取り出すことも可能です。綺麗に収納してあると気分が良く、忙しい朝でも簡単に取り出すことができます。透明なケースを使ってショールームのような雰囲気にすることも可能です。

 

磁気の影響を受けない場所に保管

最高級品質を誇るロレックスですが、機械式腕時計である以上、どうしても磁気の影響を受けてしまいます。毎日のお手入れを欠かさず行い、専用ケースに入れて保管していても、磁気によって故障してしまうことがあるので要注意です。私達の身の回りには磁気を発するものが多くあるので、そのようなものを知っておく必要があります。磁気を遠ざけて行動できれば、大事なロレックスを長持ちさせることが可能です。例えば、代表的なものだとスマートフォンが挙げられます。今の時代スマートフォンなしで生活するのは難しく、常に持ち歩いている人が多いでしょう。外出中はポケットにスマートフォンを入れておくこともあるので、腕時計が磁気から悪影響を受けていると言えます。外出中は難しいですが、帰宅したら、スマートフォンから遠い位置で保管するのがおすすめです。スピーカーや調理器のような家電製品も腕時計に悪影響を与えてしまうので、遠ざけて保管しておきましょう。リビングやキッチンは磁気が多いので、なるべく別の部屋で保存することをおすすめします。

 

定期的にオーバーホールも

機械式腕時計は毎日お手入れをしても少しずつ調子が悪くなっていき、時刻がずれてしまったり、時計の針が止まってしまったりすることもあります。こうなってしまうと自分でメンテナンスするのは難しいので専門店に依頼するべきです。オーバーホールは機械の健康診断なので、長く使うためには必要なメンテナンスと言えます。人間は長生きするために健康診断を行いますが、腕時計も同様で長く使うためには健康診断が必要です。オーバーホールでは一度分解して細部まで洗浄、注油を行います。毎日のお手入れでは行き届かないところまでリフレッシュすることが可能なので、新品に近い状態に戻したい場合は専門店でのメンテナンスが必須です。定期的にオーバーホールをしている腕時計は長く使っても調子が良く、時刻がずれてしまったり、時計の針が止まってしまったりする可能性も低くなります。正規品販売店も新品の状態でも10年以内にはオーバーホールを受けることを推奨しています。中古の場合は使用頻度や状態にもよりますが、3年から5年に1度くらいのペースでオーバーホールした方が長持ちするでしょう。

 

まとめ

ロレックスを長持ちさせるためには毎日身につけ、お手入れするのが一番です。保管する時はテーブルなどにそのまま置くのではなく、専用のケースに入れて保管するのがおすすめです。ロレックスを含め、機械式腕時計はどうしても磁気の影響を受けやすいので、磁気を発するものからは遠ざけて保管するのが長持ちの秘訣。毎日のお手入れに加えて、定期的にオーバーホールを行うとさらに長持ちするため、新品の状態を長く保つことが可能になります。

ロレックス買取ページはこちら

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。
通話無料
上へ戻る