1. 買取専門店・おたからやTOP
  2. コラム
  3. ブランド時計のお役立ちコラム
  4. ロレックスを売却したい時に
    箱などの付属品がないと
    買取してもらう時に
    影響はでるのか?

ロレックスを売却したい時に
箱などの付属品がないと
買取してもらう時に
影響はでるのか?

時計に興味がない方も一度は聞いたことがあるだろうロレックス。最近では世界的に人気が高まってきており、レアな種類はビックリするぐらいの金額で売却することも可能なので、買取専門店に足を運ぶ方も増えてきています。しかし、買った時に箱などの付属品を無くしてしまった方もいるかもしれません。買取してもらう際に、付属品がなければどれほど査定に響くのでしょうか?

 

箱などの付属品が見つからない!ロレックスの買取に影響はでるの?

 

買取店でロレックスを売却する時には、時計だけでなく購入時についてきた付属品をまとめて持ち込んだほうが、金額は当然高くなります。時計の種類によって付属品の数は違いますが、可能であるならば全て持っていきましょう。一般的に付属品と呼ばれるものを紹介します。

 

商品を新品で購入すれば必ず付属してくる箱ですが、こちらがないだけでも買取価格に差がでます。しかし、新しく販売されているロレックスシリーズの場合は、比較的手に入れやすく、買取金額に大きな差がでるということはほとんどありません。しかし、それでも一万円から二万円ほどの差がでる場合もありますので、可能であれば用意したほうがいいでしょう。

 

国際保証書

ロレックスを売却する時に一番重要な付属品になります。国際保証書は購入時に一度しか受け取ることができず、紛失したとしても再発行されることはありません。そのため、世界に一枚しかない大切な証明書になるので、こちらは必ず保管しておきましょう。また国際証明書は故障時の保証期間も記載されており、売却時に保証期間内の場合は、新しいユーザーにも安心して販売できるので、こちらの有無で買取価格にかなりの差がでることが多いです。

また保証期間の長さでも買取金額に差がでることが多く、当然保証期間が長ければ長いほど価値は高くなります。ロレックスなど高級な嗜好品を売却したい場合は必ずセットで持っていきましょう。店舗によっても違いはありますが、こちらがあるかないかだけで10%ほど金額に違いが出てしまうこともあり得るので注意が必要です。

 

その他

他にもタグやモデル別冊子、ベゼルカバーなどが付属品としてついていますが、これらに関しては、店舗ではさほど重要視しておらず、場合によってはなくても問題ない事もあります。しかし、購入時と変わらない状態で店舗に持ち込めば、買取金額が増えるケースも多くあり、持っているなら持っていきましょう。

 

実際には上記の付属品だけでなく、ロレックスの種類によっては他の付属品がセットで付いていることも十分にあります。

 

付属品の保管状態でも査定に差が出るかも?

 

箱や国際証明書などロレックスを売却するさいに金額アップに繋がる付属品ですが、少しでも高く売却したいのならば、それらの状態も新品に近い状態の方が高額での査定が期待できます。逆に持っていてもボロボロの状態だと価値が下がってしまい、劣化具合では意味がないというケースもありえます。

基本的には保管場所を定期的に変える人はほとんどおらず、状態が著しく悪くなるということはほとんどあり得ませんが、万が一ということもあり得ます。箱などに関しては保管していても小さな傷がついていたということも十分にあり得るので、仕方のないケースもありますが、国際証明書に劣化がみられると買取金額は間違いなく低下します。

例として破れた状態では、価格が大きく変動してしまい、特に保証期間が記載されている箇所が分からなくなっている場合では、ほとんど意味をなさず無いものとして扱われてしまうケースがほとんどです。当然ですが、汚れも査定にある程度は響いてきます。破損ではなく、国際保証書の管理の方法が悪く、くしゃくしゃの状態で放置をしていたらマイナス評価を受けてしまいますし、箱が汚れやほこりまみれでしたら評価は下がります。

そのため、ロレックス本体だけでなく、他の付属品もロレックスの一部と考えて、大切に保管しておくことが重要になります。購入してすぐに売却する事を考える人はほとんどいないかと思いますが、今後価値がどんどん上がる可能性もあるロレックスシリーズなので、全て大切に保管しておきましょう。

 

付属品が見つからなくて買取はしてくれるのか?

 

ロレックスシリーズの時計は世界的に人気があり、現在どんどん価値が高まっているシリーズも多くあるので、付属品が何もない状態でもほとんどの店舗で買取は可能です。しかし、付属品が全てあった方が当然価値は高くなり、箱などの付属品が全て揃っている状態と一つもない状態では大きな差があると考えたほうがいいでしょう。

特にロレックスシリーズの中でも、人気ブランドの場合は付属品がないと大きく値下がりしてしまう可能性があります。例えば、1970年代に販売されたアンティークウォッチの場合は、付属品が全て揃っている状態と何もない状態では百万円前後買取金額に違いが出てしまった事例が実際にあります。

しかし、注意することが一点あり、ロレックスシリーズの時計によっては、保証書が紙ではなくカードタイプの場合があり、2007年以降は全てカードタイプの保証書になっています。そのため、保証書=紙。と勘違いしているユーザーも少なからず存在しており、特にカードに切り替わった時期に購入したユーザーは忘れている可能性もあります。そのため、売却したいロレックスの購入時期を把握して、箱や国際保証書の保管場所を覚えていればこの様なミスは確実に防ぐことができます。

例外としてロレックスを購入した方法がネット販売だった場合は、付属品が付いていない場合もあります。自分がどのようにして購入したのかを覚えておけば、いざ売却するときに付属品を慌てて探すことがなくなりますし、時計本体だけの金額でも納得することができます。

 

意外な物があると更に買取金額が増えるかも?

 

ロレックスをできるだけ高額な金額で買い取ってもらうためには、本体の状態をキレイな状態で、箱や国際保証書などの付属品をすべて用意しておくことが第一になりますが、それ以外にもこれらがあるともしかしたら更に高額で買取をしてくれるかも。というアイテムがあります。それは、購入時についてきた紙袋とレシート、時計本体についていたタグも含まれます。

紙袋はともかく、レシートは少し保管したら破棄してしまう方もいるかもしれませんが、時期や購入店が記載されているレシートは、ロレックス本体の証明にも繋がり、買取店からは喜ばれる場合もあります。紙袋に関しては、ブランド物の場合はある程度の価値がどの商品にもありますが、ロレックス購入時に渡された紙袋は、査定にプラスされることが大多数です。そのため、もしその当時の紙袋を所有しているのであれば、必ず持ち込みをしましょう。状態が悪い場合でも、多少プラスされることもあり、万が一プラス査定にならない場合でも、やる価値は十分にあります。最後にタグですが、こちらは購入時に時計についており、ほとんどの場合捨ててしまいます。しかし、ロレックスの場合はこのタグがあるかないかで一万円〜二万円の違いがでることもあります。もちろん全て高額で引き取ってもらうためには、最良の状態であることが望ましいですが、持っているなら状態は気にせず持ち込んだ方が確実です。

それ以外にも、正規店でロレックスを購入した場合は、何かしらの付属品が付いてくることもあります。関係ないものと分かっていても、購入時に一緒についてきたものを持っていけば、プラス査定になる可能性がありますので、購入した当時一緒に受け取ったものは、ゴミだと思わず大切に保管をしておくことにより、後々の査定で大きく差をつける可能性を秘めています。

 

担当者と相談をすることも大切

 

いざロレックスの買取をしてもらう時に、箱などが見つからない。でも買取の予約をしているからいかなければならない。その様な状況時には買取担当者と付属品が見つかった場合は、どれぐらい金額に差がでるのか?など相談をして見つかるかもしれないならば、その場では売却をしないことも手段の一つになります。買取店の担当者はお互いが納得できるように対応をしてくれ、そのさいに心残りがあるならばキャンセルする事は可能です。金額に納得がいかない場合は、相談することも可能ですし、今後自分が売却をしたいロレックスの価値がどうなるのかなど質問にも答えてくれます。

また付属品が全て揃っている状態での金額もある程度見積もりをしてくれるので、時間がないから付属品を探すことができないという場合は、後日改めて査定してもらう事も不可能ではありません。しかし、注意点として現在の価値よりも下がる可能性があるということは覚えておいた方がいいでしょう。ロレックスは、現在価値が非常に高くなっており、何もなければどんどん価値が高くなっていくと考えられています。しかし、どんなアイテムであれ価値の変動は当然あり、ロレックスもそれに漏れてはいません。

たとえば、今日なら付属品が無くてもかなりの高額で売却できるのに、一か月後には付属品が全て揃った状態でも、以前と変わらない金額での額になってしまうということも可能性としては存在します。担当者に相談したとしても一か月以上先のことはわからないので、その場合は売却者の判断ミスということになってしまいします。逆も考えられ、一か月後には、売却価格よりもさらに高値で販売することができたというケースもあり得ます。

ひと月で価格が大きく変動してしまった。ということは実際にはほとんどありませんが、可能性は否定できません。そのため、ロレックスの売却を検討しているならば、しっかりと準備を進め、売却をする時には、全て揃った状態で自分が今日ロレックスは売却するという気持ちを固めたうえで、相談をした方が後々後悔をすることが少なくなり、その後どの様な結果になってしまったとしても、それほど気にしないで済むでしょう。

 

これからロレックスを売る予定があるなら自分の種類を必ず確認!

 

ロレックスは買取価格がどんどん高くなってきており、現在お金に困っている人がロレックスを所有している場合は、売りに出すと自分では思ってもいなかった金額で買取をしてもらうことが多くあり、購入したことがある人は自宅を探しているのではないでしょうか。しかし、ロレックスを満足できる金額で全ての人が売れるというわけではなく、購入時についていた箱や国際保証書がなければ、減額対象になってしまいます。しかし、それだけでなく所有しているロレックスがどれほど高価なのか把握しておかなければ、買取店に出向いたときに逆に後悔してしまうかもしれません。

現在デイトナ116506APTアイスブルーと呼ばれるロレックスは、何と二千万円以上での買取をしてくれますが、デイトナ116523YG/SSシャンパンゴールドの場合は、二百万ほどの買取金額になります。二百万円が安い金額というわけでは決してありませんが、ロレックスは数多くの種類があるので、全てが高額で売却してくれるということではありません。自分が所有しているロレックスの名前を調べておくことにより、事前にある程度の金額を予想する事ができますし、金額が分かれば売りに出すか出さないかも考え直すことができます。

しかし、現在安い金額でしか売却できないとはいえ、今後価値が高まる可能性は否定できません。売却することを前提に考える人は少ないかもしれませんが、売るのであれば高額を希望することは当たり前です。将来所有しているロレックスがどれほどの価値になるのかは分からないので、本体の金額を知っておくことは当然ですが、更に高値で引き取ってもらえるように、付属品も保管しておくことが大切です。すぐに現金を求める場合なら、ある程度の金額で売却するのもいいですが、現状お金にそれほど困っていなければそのまま保管しておくことも手段の一つです。

 

まとめ

 

ロレックスをできるだけ高額に買取してもらいたい場合は、箱などの付属品はもちろんですが、それ以外の紙袋やレシートも持ち込むことにより、更に高額な金額になる可能性が十分にあります。また自分のロレックスがどれほどの価値なのかを事前に調べておくことも大切で、調べることにより、今売るべきなのかをもう一度考えることもできます。どんな種類であれ、正規店で購入したロレックスは、世界に一つしかない時計です。大切な時計だからこそ売却時に後悔することなく、納得できるように行動をしましょう。

ロレックス買取ページはこちら

デイトナ買取ページはこちら

その他のロレックス
コラム記事

ロレックス買取に役立つ記事を
コラム形式で紹介しています。

タグ一覧

店頭買取

査定だけでもOK!

買取店舗数は業界最多の
1,000店舗以上!

おたからやの店舗数は全国 1,000 店舗以上(待機店舗を含む)。これは、数ある買取店の中で最多を誇ります。日本全国津々浦々にて、地域密着でお買取りを承っております。

最寄りのおたからやを探す

出張買取

査定だけでもOK!

買取専門店おたからやの
無料出張買取。

買取専門店おたからやの無料出張買取です。出張料・査定料・買取手数料は全て無料、査定は最短5分です。随時キャンペーンを実施をしております!まずはお気軽にご相談ください!

出張買取の詳細はこちら

おたからやの買取商品から探す