ロレックスの代表格モデル!クロノグラフの王様デイトナが誕生してからとその歩み

NEW
ロレックスの代表格モデル!クロノグラフの王様デイトナが誕生してからとその歩み

スポーツタイプの高級時計で人気が高いのは、ロレックスの代表格ともいわれるデイトナです。供給量が少ないため、新モデルもアンティークも関係なく高い価値があります。しかし、現在の人気からは考えられませんが、誕生当時には認知度が低かったといわれています。このコラムではデイトナの歴史や魅力を紹介します。

デイトナの元祖とも言えるオイスタークロノグラフ

オイスタークロノグラフはのちに誕生するデイトナの前身モデルといわれ、プレデイトナとも呼ばれています。1950年に開発されたオイスタークロノグラフは、バルジュ社製造のムーブメントを採用した時計です。特に防水性が優れたオイスターケースにクロノグラフを搭載したモデルは、プロフェッショナルスポーツウォッチの革命的なモデルといわれました。文字盤にCHRONOGRAPHの表示があり、現在ではベゼルに搭載されているタキメーターが文字盤に搭載されているのが、デイトナと大きく異なる点です。プラスチック製の丸みが特徴的な風ぼうや、クロノグラフムーブメントの美しさなど、アンティーク時計ならではの魅力があり、中古市場において非常に高値で取引されるケースもあります。ロレックスの歴史を語るには欠かせないシリーズとして現在でも高い人気を得ています。

 

公式時計採用をきっかけに1961年に誕生したデイトナ

1961年にはデイトナビーチに作られたサーキットコースでオイスタークロノグラフが公式時計に選ばれ、ロレックスは記念として新たな時計を開発します。タキメーターや、12時間と30分の精算計を搭載したオイスタークロノグラフの進化形で、ダイアルに初めてDAYTONAと表示された時計でした。この時計がデイトナの誕生といえますが、デイトナの名前を刻んであったにもかかわらず、カタログにはDAYTONAの表記はされませんでした。正式名称になって表記されるようになったのは1969年以降です。この頃からオイスタークロノグラフはムーブメントを変更し、オイスターコスモグラフとして販売されるようになりました。ムーブメント変更後は精度がより高くなり、スクリューボタンやアンチショック機構、50m防水が搭載されたのが大きな特徴です。

 

1988年に正式にデイトナがシリーズ化

1988年頃までロレックスはデイトナをオイスターコスモグラフの名称でリリースし続けていました。クロノメーターとデイトナの展開がありましたが、ロレックスは2種類のモデルを開発してもなおシリーズとしては発表していなかったのです。正式にデイトナの名称でシリーズ化したのは1988年に販売されたRef.16520で、コスモグラフデイトナの名称が使われていました。しかし、新シリーズ化の1年後に名称を変更し、オイスターパーペチュアルコスモグラフデイトナとして展開されるようになります。とはいえ当時ロレックスは、他のシリーズと比較して、デイトナの認知度を高める広告活動に積極的ではありませんでした。そのため、実用性や耐久性に優れ、精度の高さを持つ高機能時計であるにも関わらず、正式にシリーズ化しても世界に広く知られたわけではありませんでした。

 

イタリアで注目を集め1988年にブームを引き起こす

シリーズ化してもあまり認知度が高いとはいえなかったデイトナですが、爆発的な人気を得るきっかけとなったのが、世界的有名ファッション雑誌で紹介されたことでした。しかし、アメリカのファッション雑誌に掲載されて現地で人気の火がついたのではなく、イタリアで注目されて世界的に認知されるようになります。イタリア人は時計を趣味にする人が多く、欠かせないファッションアイテムとして一人10個の時計を持つのが平均的といわれる国です。高性能なデイトナは時計をよく知るイタリアの人々から評価され愛されたことで、キングオブクロノグラフと呼ばれるほどロレックスで一番人気の地位を獲得したシリーズとなりました。また、デイトナが従来の手巻き式から自動巻き式になったのは、1988年から製造が開始されたRef.16520のモデルからです。

 

現在ではクロノグラフの王様として誰もが認めるモデル

1980年代以降はクオーツ時計の時代が到来し、機械式時計は趣として親しまれるようになります。しかしロレックスは、1969年にゼニス社が開発したムーブメントを1988年にコスモグラフデイトナへ採用し、振動数を下げ自動巻き式のパワーリザーブを長くしました。また、オーバーホールの間隔を従来よりも長期間にするなど、機械式時計のメンテナンスにかかる手間を軽くし、クオーツ時計人気へ対抗することに成功します。デイトナは時代の中で改良を重ねられてきた歴史があり、その時々のハイテク機能が搭載され続けてきた機能美の結晶ともいわれているシリーズです。ロレックスがリリースするモデルの中で唯一クロノグラフが搭載されたデイトナは、ストップウォッチ機能や積算計の精度が高いだけでなく、堅牢性や気密性に優れ、また希少性とデザイン性の高いモデルとして誰からも認められています。

 

まとめ

ロレックスのデイトナは、歴史に紆余曲折がありましたが、プロフェッショナルスポーツウォッチとして誕生して以降、時代ごとに改良され革新的な時計へと生まれ変わり続けてきました。また、雑誌によって人々に広まることでデイトナの良さが認められ、世界中から人気を得たシリーズです。ロレックスの三大革命の一つといわれるオイスターケースを採用し、ブランドで唯一クロノグラフを搭載したスポーツモデルは、キングオブクロノグラフといわれ、現代では不動の人気を誇っています。

 

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る