年式ごとに細分化されるデイトナのタキメーターの上限と下限

NEW
年式ごとに細分化されるデイトナのタキメーターの上限と下限

デイトナは1963年に誕生したロレックスの人気モデルで、タキメーターやクロノグラフなど様々な特徴を持っています。ムーブメントや文字盤を守る風防ガラスの周囲には、リング状の部品があります。文字盤の周りに刻まれているのが、タキメーターです。

タキメーターが果たす役割

タキメーターを使うと、簡単に平均速度を割り出せます。現行モデルには60から400の数字が表記されていますが、アンティークモデルは様々な種類があり年式により細かい変更があります。高速走行が一般的ではなかった1970年代は200でも十分でしたが、時代が変わって高速化が進むと数字も変化します。タキメーターは、1時間あたりの作業量も計測できます。作業の前にクロノグラフをスタートして、作業が終了した後に止めます。メーターが300を指していたら、1時間に作業を300回行えます。1時間が基本になりますが、応用すれば様々な時間で作業量を計測できます。

 

デイトナのタキメーターは年式ごとに差異がある

デイトナのタキメーターは、年式ごとに細かい差異があります。変更の理由は時代背景もありますが、デザインも関係しています。大半のモデルは2時の位置が400で6時の位置が120、12時の位置が60ですが違うモデルもあります。メーターには厳密な規格がないので、デザインはモデルにより異なります。モータースポーツなど時間を争う世界で活用されてきたタキメーターは、デザイン性が高く多くのモデルで採用されています。クロノグラフを美しく見せるだけでなく、計測器が持つ実用性を兼ね備えているのがロレックスのデイトナです。

 

Ref.6238など一部のタキメーターではデザイン性を優先

モデルにより特徴は異なりますが、一部のタキメーターはデザイン性を優先させています。1960年に登場したRefナンバー6238は、デザインを考慮して1000までの目盛りが刻まれています。微妙な違いがあるので、アンティーク時計を見る場合はタキメーターも重要です。ロレックスは1963年に新世代のクロノグラフを製作しますが、ダイヤルの外見に変化が見られます。変化のひとつがタキメーターで、300の目盛りが200に変更され平均速度計算用のメーターが読み取りやすくなっています。時代に合わせて機能性が高くなっているデイトナには、様々なバリエーションがあります。

 

タキメーターはほぼすべてのデイトナで使用されている

タキメーターは、ほぼすべてのデイトナで使用されています。アンティークの知識を深めるためにも機能を有効活用するためにも、タキメーターは重要です。時代によりメーターの内容が変わっているので、購入を検討している場合は事前に確認することをお勧めします。ロレックスのデイトナは日本でもファンが多く、専門店には歴代のモデルが並んでいます。クロノグラフの名機を探せば、最大限に計測機能を楽しめます。スポーツロレックスの最上位モデルはデイトナ116500LNで、タキメーターが搭載され防水性や視認性にも優れています。

 

デイトナはタキメーターの上限・下限にも要注目

デイトナを見る場合は、タキメーターの上限と下限にも注意が必要です。上限と下限は数字の範囲で、モデルや年式による違いが存在します。高速走行が一般的になると、タキメーターの数字も変化します。デザインを優先したモデルもあれば機能性を優先したモデルもあり、発表された年代により搭載されている機能も変わります。ロレックスのデイトナには様々な種類があるので、年式による違いの把握は重要になります。ダイヤモンドなど美しい宝石を入れたモデルもあり、世界的に人気を集めています。計測機能を表に打ち出しているデイトナは、機能性の高さからアスリートやレーサーにも愛用者が多いです。

 

まとめ

ロレックスの中でも特に人気が高いデイトナは、洗練されたデザインに加えて最先端の機能が搭載されています。タキメーターとクロノグラフは便利な機能で、時間当たりの生産効率を算出できます。時間を争うスポーツの世界で高い評価を受けていますが、ビジネスの世界でもファンが多いです。タキメーターは年代により変化し、すでに生産が終了しているモデルも高値で取引が行われています。コンディションが良く発売当時の部品が残っていると、付加価値が付きます。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る