ブランド時計
2021年11月1日

アポロ計画がきっかけで開発されたデイトナ「コスモグラフ」

NEW
アポロ計画がきっかけで開発されたデイトナ「コスモグラフ」

宇宙開発が当時の最先端だったデイトナのコスモグラフ計画ですが、アポロ計画で宇宙飛行士の公式時計として採用されることを目標としていたようです。その後、方針を変えることを決意し、宇宙から陸地へと変化が起こりました。

宇宙開発の時代の流れに乗って開発されたコスモグラフ

当時は宇宙開発が流行っていて、国の威信をかけた一大プロジェクトでしたが、この時宇宙飛行士が着ける公式ウォッチを目指してコスモグラフの開発が行われました。最先端の技術を集結させて会社の威信をかけて行われた開発だったのですが、いくつもの困難に見舞われます。

宇宙開発の波に乗って初めて宇宙へ行った時計という宣伝文句がつくことは喜ばしいことです。成功の為には月の満ち欠けを正確に測定して、それを盤面に表示するという機能をつけることが検討されました。日々行われる開発の中で、研究員は月の満ち欠けについての計算や法則を導き出していきます。

新しい時計というと、最先端の機械の印象がありますが、現在でも使われている機能がほとんどです。盤面の表示にしても変わらないまま現在の形に落ち着いています。その後スタンダードとなったコスモグラフは、正確さに特徴がある商品ですが、実は宇宙開発が根本にあったなんて驚くべきことです。

 

アポロ計画の公式時計を目指して

計画を実行する根本にあるのは、事実と宇宙の開発に関連する目的です。アポロ計画が日々の中で民間人の羨望を得ていた理由から、デイトナは道の決定をします。公式に選ばれるために宇宙仕様の時計を作ることを求められた技術者は、総力を結集して月の周回軌道に取り組みました。その間にオメガなどと技術力の競争が繰り広げられ、切磋琢磨を通じて時計の性能が飛躍していきます。

宇宙開発から始まる宣伝効果は莫大なので費用にも人員確保にも贅沢に使われた資金があり、デイトナは無重力に耐える強い時計を開発します。丈夫さは今のデイトナにも共通する項目ですが、精密さも同じように評価されていて現在の見本となることも。大きな資産を投入して事業を起こしたアポロ計画の功績は、失敗しても語り継がれるデイトナの歴史となっています。噂話のように出回っていた宇宙との関連性に本当は意味があったと知ると、時計の知識を頭に入れることに余裕が生まれます。

 

コンセプトの迅速な方向転換で認識を変えた

コンセプトの変換は事実と研究による試行錯誤の末に生まれます。最初に考えられた結果が変更されることは、規模の大きいプログラムには摩擦がかかりすぎるので推奨されません。想像出来る限りに様々な思考が試されて、宇宙を中心に据えた行事に変化が起こるにはひらめきが関与していたとされます。

レーサーが使うレベルの時計を作る方向に向かう決意をした理由として、先の利益にも目配せをしなければならない現実があったのでしょう。変更によって劣化することを許されない場合、今まで進んだ道のりからインスピレーションを得ることが求められます。結局、盤面の性能にしても月の満ち欠けから進められたプロセスが関与したことにより、上手くまわることが決定します。プロジェクトが宇宙の開発や宇宙飛行士に使用される商品であった理由に、早く対応した理解ある科学者の功績となった驚きが垣間見られます。レーサーが使う時計の今日があるのは、宇宙のおかげです。

 

まとめ

デイトナが、現在のようにレーサー仕様のウォッチとして当たり前のように利用されている背景には、驚きがたくさんあります。まさか宇宙飛行士が使う時計を開発していたとは考えにくいものです。広告のスポンサーにより多額の利益を追求した頃から、急激に方向転換を果たした実績を考えると、普通には進まない独自の探求心があると感じられます。その力こそ、デイトナの今の確固たる地位と有無を言わせない確かな性能を物語っています。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。