ブランド時計
2021年11月5日

失敗したくない!高級時計の購入で気を付けたい5つのポイント

NEW
失敗したくない!高級時計の購入で気を付けたい5つのポイント

高級時計を持っていることはステータスにもなります。しかし、高級ブランドの名前だけでなんとなく購入してしまうと、シーンによって使えない可能性もあります。購入するときに気をつけたいポイントを知ることが、時計を有効に使うためには必要です。

TPOを考えてから購入を検討

高級時計だからといって、名前だけでなんとなく購入してしまうとTPOに合わなかったりしてしまうケースがあります。そのため、どのような場面で使うかなどを想定して購入することが重要です。ビジネスシーンでは、自分のステータスを示すために時計を身につけるという人も多いです。しかし、高ければ良いというものではなくあまり目立ちすぎると、取引相手にあまり良い印象を与えない可能性があります。取引回数や付き合い年数を考えた上で、時計を身につけることがポイントです。フォーマルな場面ほどアナログ時計が向いています。派手な色や奇抜な見た目なもの、スポーツモデルやダイヤモンドなどの宝石類が配されたものも避けた方が良いとされています。派手すぎない文字盤、革またはステンレスのベルト、ラウンド型以外にも個性を出せるレクタンギュラーのケースフォルムなどを、総合的に考えて購入を検討するとよいでしょう。また、年齢によっても選ぶブランドやモデルなどを変えることで、自分の雰囲気も変わっていくため好印象を作ることができます。できるのであれば、仕事用とプライベート用の2本を揃えておくと便利です。

 

購入する前にいつ使うかを考える

時計を使う場所はビジネスシーンだけではなく、様々なケースが想定されます。パーティーやフォーマルな場所に行くという場合にも、身につけるケースもあります。そんなときには薄型のラウンドケースのもので、清潔感があり誠実な印象を与えることができる白文字盤、落ち着いた印象の革ベルト、シンプルなデザインのものであればドレスウォッチとして役立ちます。プライベートの時間にカジュアルとして使いたい、というのであれば普段のファッションに合うものを選ぶのがオススメです。着回しを重視するのであれば、どんなファッションにも似合うシンプルなもの、イメージを変えたいときには華やかなデザインを選ぶとファッションの幅が広がります。カジュアルに使うときにはベルトは、レザーと金属を組み合わせると使いやすくなります。革ベルトはカーフやアリゲーターなどの本革製のものであればフィット感に優れていていながら疲れにくく、おしゃれなものが多いです。金属ベルトであれば、ステンレスまたはチタンが一般的で丈夫で耐摩耗性が高くなっています。いつ使うかを考慮した上で、腕時計を購入するのがよいでしょう。

 

衝動買いをした後にもっと気に入った時計と出会う可能性がある

格好がいいからと時計を衝動買いしてしまうというケースもありますが、もっと気に入った時計に出会う可能性もあるため、時計の衝動買いはできるだけ避けた方が無難です。気に入らなければ売れば良いという人もいますが、時計を長く楽しむことができず、売った時計が後に高額で買取を始めたというケースも考えられます。そのため、ルールを決めて購入することが大切です。重要なポイントの一つが短期間で連続して買わないことです。気になるモデルが出たとしても衝動買いするのではなく、様子を見てから購入します。それにより、気に入ったものは本当に欲しいものなのかどうか、とじっくり考えることができます。高くて買えない時計があるという場合には、無理をせず今の状況で購入できる時計を選ぶというのも良いとされています。また、現在高くて購入できないのであればどうやったら購入できるようになるのか、と考えることで衝動買いを抑えられます。時計は長く楽しむことができるものですので、衝動買いはできるだけ避けるように心がけます。本当に欲しいものが後から出てくる可能性もあるため、資金を貯めておくことをオススメします。

 

デザイン重視の時計は実際に現物を確認

人とは違う時計が欲しい、個性的な時計を身につけたいという場合には、デザイン重視の時計が向いてます。個性を発揮する上で、デザイン重視というのは効果的な方法です。ただし、ホームページ上の写真だけで購入を決めるのは避けて、実際に現物を確認してから購入することが重要となります。実際に見たら雰囲気が違っているなども考えられるため注意が必要です。選び方に自信がないという場合には、できるだけシンプルなものを選ぶことでオールマイティーに使うことができるようになります。ミニマルな美しさを体現した北欧デザインのようなものであれば、個性がありながらも使いやすいデザインとなっています。別ジャンルからの視点で作られたものも、デザインを重視しながらも個性的なデザインなものも多く取り扱っています。コラボアイテムというのも、それぞれのブランドの良さが引き立ちます。これらの条件を備えたものを選ぶことで、大人が身につけやすいデザイン重視の時計を手に入れられます。艶感や軽さなどは実物でなければわからない部分ですので、しっかりチェックすることがポイントです。

 

どんな効果でレアな時計でも将来的に値崩れしないとは限らない

どんなに高価でレアな時計であっても、将来的に値崩れしないとは限らないことも考慮して購入することも大切です。時計を資産とするのであれば、将来的なことも含めて吟味して購入します。基本的にはどんな時計であっても、発売から1〜2年経過すると販売価格は安くなっていきます。限定プレミア品なら、希少価値が出てくる可能性は十分考えられますが、出ないこともあります。資金として考えるのであれば、できるだけ値崩れしにくいものを選びます。値崩れしないものとしては、時計の完成度の高いものを選びます。耐久性や防水性などの機能だけではなく、文字盤などの細部にこだわったものであれば価値を保てる可能性が高くなっています。また、ブランドの知名度も重要です。時計市場で有名ブランドであれば、当然価値は高くなっていきます。ブランド力は知名度の高さの印でもあるため、芸能人と同じモデルを身につけたいという人も大勢います。このように知名度の誇るブランドのものであれば、将来的にも値崩れしにくくなると考えられます。加えて、人気モデルであれば、人気が衰えないため価値が下がりにくくなっています。

 

後悔しないために5つのポイントを購入前に押さえる

時計を購入する前に、後悔しないためのポイントを5つ押さえておきましょう。1つ目は、目的にあった時計を購入することです。目的に合わない時計を購入してしまうと、使う機会がなかったり、より好みのデザインが見つかることがあります。それを避けるためにも、カジュアルに使うか、ビジネスシーンに使うかなどをしっかり考えてから購入します。ポイント2つ目は、自分に似合う時計であるかどうかです。フォーマル・カジュアルだけではなく、モダンやレトロなど様々なテイストがありますが、人によって似合うものは異なります。普段のファッションによっても、選び方は変わってきますし、どのぐらい使い続けたいかも重要です。3つ目は、一生ものとして購入する場合に、歳をとっても使いやすいデザインのものを選ぶことです。短期間だけ楽しむのであれば、個性的なデザインのものを購入するという方法もオススメです。4つ目のポイントは、使用後に売却をするかどうかです。売却をする際にできるだけ高値で買取してもらいたいのであれば、値崩れしにくいモデルを選ぶことが重要となります。最後に、予算内のものを選べるのかという点にも、気をつけます。様々な価格のものが用意されている高級腕時計だからこそ、無理をせずきちんと予算内のアイテムを選ぶことも大切です。

 

まとめ

高級腕時計は、高いものだからこそ失敗はできるだけ避けるようにすることが大切です。気になるモデルがあるけれど高くて手を出せないという場合には、中古品などを視野に入れることで選択肢が広がります。また、時計のデザインなどを見て用途にあっているかを考えます。気になるモデルは実際に実物を見て雰囲気を知ることで、購入して後悔しないかなどを確かめましょう。高いものだからこそ、しっかり考えるのが高級腕時計を買うための一歩です。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。