長く使い続けていくために!高級時計の耐久性は3つのポイントで判断する

NEW
長く使い続けていくために!高級時計の耐久性は3つのポイントで判断する

高級ブランドの時計だからといって、正装したときだけに使うのではあまり出番がありません。普段から使うことで愛着が深まるのですが、そうなると耐久性がなくては長持ちすることができません。そこで、高級時計の耐久性を判断するポイントを紹介します。

3つのポイントを見れば高級時計の耐久性が分かる

高級時計だからといって耐久性が良いとは限りません。デザイン性が高い時計や装飾などに用いる素材が高級なものなら、価格も上がって当然です。特に耐久性が高いわけではない高級時計を日常的に使っていると、長く使用ことができなくなってしまいます。そこで高級時計の中でもどのようなものが、耐久性が高いといえるでしょうか。耐久性の高さを見極めるポイントを3つ紹介します。まず1つ目のポイントは、防水性です。普段から使用していると手や顔を洗ったり家事をしたりしている中で、水を使うシーンが良くあります。時計は精密機械なので、防水機能がないと少し水をかぶっただけでも故障をする可能性があるのです。ダイバーウォッチのように時計をつけたまま水に入っても大丈夫な時計なら、何も心配することがなく使えます。2つ目のポイントは、腕時計のブレスレット部分の素材です。常に腕時計を身につけていると、ブレスレット部に汗や肌の皮脂がついてしまいます。素材によっては臭いがついたり汚れたりしてきて、それだけでもせっかくの高級時計の価値が下がったように感じることもあります。汚れても拭けばきれいになるのであれば良いのですが、ゴムやステンレススチールなら汗などの劣化を防ぐことができます。3つ目のポイントは、風防部分が強いことです。少しぶつけただけで傷がついたりひびが入ったりするような時計は、普段使いしにくくなります。セラミックのような特殊素材でできたケースの時計や、傷がつきにくい加工が施されているものが勧められます。

 

ロレックスの時計は耐久性が優れている

高級時計の中でもとりわけ、ロレックスは耐久性に優れているといわれています。1905年に創業されたロレックスは寿命が長い時計作りを目指してきたメーカーです。特に1926年に発売されたオイスターシリーズは防水性が高く、スチールの塊をくりぬいて作られた時計で、とても耐久性に優れていました。オイスターが登場して以来、ロレックスは頑丈で高精度であることをテーマにして腕時計作りに励んでいます。そのテーマは揺れることなく現代にまで伝えられているのです。そして新しいモデルを作るときはさらに頑丈で高精度を目指しているので、新モデルが出るほどに耐久性の高い時計が誕生しているのです。実際に50年以上も前に作られたモデルでも、使い方によっては無傷で正確なままの時計も存在します。それだけ寿命が長いのですが、やはりそのためには適正な使い方やメンテナンスも必要です。ロレックスの時計は機械式時計なので製作にはクオーツよりも高い精度と技術力が必要になります。機械式時計の場合は汚れや、パーツの摩耗などで正確に時を刻むことができなくなりやすいのですが、3年から5年に一度正しくメンテナンスをしてあげることが大切です。自身でメンテナンスを行う場合は、絶対に分解したりせずに時計の表面やブレスレットを布で優しく吹いてあげるくらいにしましょう。

 

時計の資産価値を保つために重要な耐久性の高さ

高額で購入した高級時計でも、いつか使わなくなる時が来たら高額で売却したいと考えている人も少なくないでしょう。しかしいくら高級時計であっても使っているうちに、また使わずにおいているだけでも経年劣化はしてくるものです。資産価値を高いまま保てば、買取時も高いままの高額査定が期待できますが、正確に時を刻むことができなかったりケースの傷が目立ったりすれば価値は下がってしまうこともあります。ブランド時計は中古品でも購入者はいますが、やはり時計としての機能を満たさない場合や、劣化が目立っている時計は買い取ってもらえない可能性があるのです。そのため耐久性の高さは資産価値を保つためにはとても重要なことといえるのです。耐久性が高いといわれるロレックスの時計でも、平均的な寿命は10年くらいといわれています。使用後は、布で優しく表面を拭くことや、数年に一度メンテナンスを専門業者に依頼をして大切に使うことで、10年より長く、中には50年以上の寿命まで延びることもあるのです。ロレックス以外の高級時計は、さらに平均寿命が短くなると考えられますが、それでも日ごろのメンテナンスや定期的なオーバーホールを重ねることで寿命が長くなる場合もあります。将来的に売却を考えるのであれば、使わなくなってからできるだけ早めに査定に出すことが重要です。

 

高い耐久性を持つ時計を手に入れる方法

高い耐久性を持つ高級時計のポイントは防水性とブレスレット部の素材、そしてケースなど時計全体が衝撃に強い素材であることの3つです。それを備えた耐久性が高い腕時計のブランドはロレックスですが、それ以外でも耐久性の強い時計はあります。防水性の高いダイバーウォッチや牽牛性の高いスポーツウォッチ、そしてベルト部分がゴムやスチールでできている時計は他のブランドにもたくさんあります。これらの点に留意して選べば、耐久性の高い腕時計を手に入れることができます。また様々な機能がついているほど故障の可能性が高くなるので、故障を防ぎ耐久性のある時計を選ぶなら、機能を絞って選ぶことも大切です。どんなシーンで使いたい時計なのか、自分が時計にトラブルが起きるならどんな場合が多いのかなどを考えたうえで、自分の目的に合った機能を持つ時計に絞ることが勧められます。耐久性が高い時計をいくつか選んでその中から自分に使用目的や好みに合った時計を選び出すとよいです。口コミや評判を参考にしてみるのも良いでしょう。高額を出して高級時計を購入するので、後悔がないように選ぶ必要があります。そして購入した後は適正なメンテナンスが必要ですが、あまり過剰に気にすると使うことすら不安になって使わないまま劣化をさせてしまうことになります。汚れが気になる場合は布で拭くなど、適度なメンテナンスで長持ちさせるようにしましょう。

 

まとめ

高級時計の資産価値を維持するには、耐久性の高い時計を選ぶことが重要です。3つのポイントをもとに選んだり口コミを活用したりしながら耐久性の高い時計を選ぶことが勧められます。それに加えて、適正なメンテナンスも重要です。時計の働きが精巧で傷もなければ、中古市場でも高額で取引がされるので、買取の際にも高額査定が期待できるのです。もともと耐久性が高い時計であれば、故障や傷つきを心配することなく普段使いができ愛着も生まれ、資産価値を維持することができます。

まずは査定額を聞いてみる

【年中無休】受付時間 9:00〜21:00

まずはお気軽にお電話ください!

  • 初めての方でも親切・丁寧にご対応
  • お近くの店舗をわかりやすくご案内
  • ご不明点はなんでもご相談ください
通話無料
上へ戻る