スケートボード

といえば

高価買取のおたからやへ

徹底的にコストを削減し高価買取を実施中!

スケートボードを売りたい! そんな時の買取は、ぜひ「おたからや」へ。

東京オリンピックの追加種目となってから、より人気の上がったスケートボードは需要が高くなり、高額での買取が期待できるものになりました。おたからやでは、ストリートボードなどさまざまな種類のスケートボードを、その状態や人気の高さから評価して高価買取しています。

スケートボードの高価買取実績No.1級の
おたからや。
日本全国400店舗の実績で、
高価買取を実現します。

まずは無料査定だけでも、
お気軽にご相談ください。

スケートボードの種類

スケートボードには、ストリートボード(ショートスケートボード)、ミニクルーザー、ロングスケートボードの3種類があります。

ストリートボードは、ほどよい大きさで多くの人に好まれる、最もポピュラーなボードです。デッキ部分は木製で、両端が反った形をしています。ストリートやパークライドなどトリックに使われることが多く、公園などの身近な場所で気軽にはじめることができるため、愛用者の多い種類となっています。

ミニクルーザーはコンパクトで持ち運びに便利なタイプです。デッキがプラスチック製で軽く、デザイン性にも優れているため女性にも人気のタイプです。衝撃に強くどんな路面にも対応できるため、音が静かなところが魅力です。他のスケートボードよりも低価格でもあり、近年人気が出てきている種類といえるでしょう。

ロングボードは、上記の一般的なスケートボードに比べてデッキの長さが長く安定感があるため、初心者にも扱いやすいといわれています。その分、小回りが利きにくいという難点はありますが、ターンやスピードコントロールを身につけてダウンヒルやスラロームを楽しむことができます。スノーボードやサーフィンの練習としても使用されるタイプです。

スケートボードの人気ブランド

スケートボードのブランドは数多くありますが、ここで人気のあるブランドと人気シリーズをいくつかご紹介します。

▼エレメント(ELEMENT)
世界的に知名度の高いブランドです。素材に、強度のあるハードロックメイプルを使用し、デッキ中心に空気のフレームを6層設けて軽くしたPREYシリーズが人気です。

▼サンタクルーズ(SANTA CRUZ)
アーティストやミュージシャンから支持される伝説的なブランドで、トリック向きのボードになっていることが特徴です。
Screaming Handシリーズは比較的安く、初心者が最初に選ぶものとしても定番となっています。

▼トイマシーン(toymachine)
デッキに可愛いキャラクターたちが描かれているのが特徴です。特に「黄色い目と黄色い角を持つ赤い怪物」をメインキャラクターとし、デッキ全体にデザインされたVICE MONSTERシリーズが高い人気を得ています。

▼リアルスケートボード(REAL SKATEBOARDS)
デザイン性より機能面を追求したボードとして支持されています。中でも、デッキを可能な限り薄くし、中央を低くして安定させたLOWPROシリーズは絶大な人気を誇っています。

ほかにも、アンチヒーロー・オールモスト・プランビー・ベーカーなどが人気です。
買取時に高額査定が期待できるスケートボードは人気ブランドの上位モデルや人気の高いモデルです。チェックしてみてください。

スケートボードのパーツを知ろう

スケートボードは、人気ブランドや人気シリーズであれば、パーツのみでも買取対象となることがあります。ボードの傷みが激しい場合はパーツにも注目してみましょう。

▼デッキ
足を載せる本体部分で、多くの製品のデザインを決めるグラフィックが描かれています。

▼ウィール
スケートボードのタイヤのことです。前輪・後輪で計4個デッキに装着するため、基本的に4個で1セットとなります。

▼ベアリング
ベアリングはウィールを滑らかに回転させるために必要なパーツで、ウィール1個に対して2個のベアリングが必要です。

▼トラック
デッキとウィールを繋ぐパーツで、前輪と後輪に1個ずつ必要です。デッキの幅によってサイズが変わります。ターンを左右する重要なパーツで、定期的に交換することでターンの変化を味わえるため、マニアの中にはトラックのみを入手したい人もいます。"

スケートボードの 買取実績

スケートボード各種

スケートボードの
買取商品モデルとは

おたからやでは、スケートボードのほとんどを買取しています。
ロングスケートボードやストリートボード、ミニクルーザーなど、さまざまな種類のスケートボードや、電動スケートボード、スケートボードのパーツなども高額買取しています。

スケートボードを 高く売るコツ

買取実績一覧

■人気ブランド

ANDALE BEARINGS(アンダレー)/NESTA BRAND(ネスタブランド)/NOR CAL(ノーカル)/ILLEGAL CIVILIZATION(イリーガル シヴィライゼーション)/CONVERSE CONS(コンズ)/SANTA CRUZ(サンタクルーズ)/SPEED DEMONS(スピードデーモン)/DEATH DIGITAL(デスデジタル)/MONSTER ENERGY(モンスターエナジー)/LOUD HEADPHONES(ラウド)/HAPPY HOUR(ハッピーアワー)/WORLD INDUSTRIES(ワールド)/SHAKE JUNT(シェイクジャント)/BLACK LABEL(ブラックレーベル)/HARD LUCK(ハードラック)/TOY MACHINE(トイマシーン)/EXPEDITION ONE(エクスぺディションワン)/FOX RACING(フォックス)/NIKE SB(ナイキエスビー)/ADIDAS SKATEBOARDING(アディダス)/LEVI’S SKATEBOARDING(リーバイス)/ISLE SKATEBOARDS(アイル)/CITY SKATEBOARDS(シティ)/LE SKATEBOARDS(ライフエクステンション)/SKULL SKATES(スカルスケーツ)/BRO STYLE(ブロスタイル)/DIAMOND SUPPLY(ダイヤモンドサプライ)/DOG TOWN(ドッグタウン)/ROYAL TRUCK(ロイヤル)/ACE TRUCKS(エース)/THUNDER TRUCKS(サンダー)/HOOK UPS(フックアップ)/OJ WHEELS(オージェイ)/GOLD WHEELS(ゴールド)/HUBBA WHEELS(ハバ)/PIG WHEELS(ピッグ)/ALIEN WORKSHOP(エイリアンワークショップ)/ZOO YORK(ズーヨーク)/THEORIES OF ATLANTIS(セオリーズ)/DEUS EX MACHINA(デウスエクスマキナ)/NEW BALANCE NUMERIC(ニューバランス)/I-PATH(アイパス)/ANTIHERO(アンタイヒーロー)/INDEPENDENT(インディペンデント)/WKND(ウィークエンド)/X-LARGE(エクストララージ)/ES(エス)/ETNIES(エトニーズ)/EVISEN(エビセン)/FKD(エフケーディー)/EMERICA(エメリカ)/LRG(エルアールジー)/ELEMENT(エレメント)/ENJOI(エンジョイ)/ALLTIMERS(オールタイマーズ)/ORGANIKA(オルガニカ)/ALTAMONT(オルタモント)/ALMOST(オルモスト)/GIRL(ガールスケートボード)/KRUX(クラックス)/GRAVIS(グラビス)/CREATURE(クリーチャー)/CLICHE(クリシェ)/GRIZZLY(グリズリー)/KR3W(クルー)/KROOKED(クルックド)/GLOBE(グローブ)/CONSOLIDATED(コンソリデーテッド)/SATORI(サトリ)/Z-FLEX(ジーフレックス)/JSLV(ジャスリブ)/SHORTYS(ショーティーズ)/SILVER(シルバー)/THINK(シンク)/SK8MAFIA(スケートマフィア)/STUSSY(ステューシー)/STEREO(ステレオ)/SPITFIRE(スピットファイア)/THRASHER(スラッシャー)/SLAVE(スレイブ)/ZERO(ゼロ)/DARKSTAR(ダークスター)/TIRED(タイレッド)/CHOCOLATE(チョコレート)/DC(ディーシー)/DGK(ディージーケー)/DEATHWISH(デスウィッシュ)/TENSOR(テンサー)/TRAFFIC(トラフィック)/NINJA(ニンジャ)/NEFF(ネフ)/BIRDHOUSE(バードハウス)/HURLEY(ハーレー)/POWELL(パウエル)/PASS~PORT(パスポート)/HABITAT(ハビタット)/HUF(ハフ)/BANKS(バンクス)/VANS(バンズ)/5BORO(ファイブボロ)/FOUNDATION(ファンデーション)/FOURSTAR(フォースター)/FALLEN(フォールン)/FOOTPRINT(フットプリント)/BLIND(ブラインド)/PLAN-B(プランビー)/BRIXTON(ブリクストン)/FLIP(フリップ)/PRIMITIVE(プリミティブ)/BLVD(ブルーバード)/BRONSON(ブロンソン)/BAKER(ベーカー)/PENNY(ペニー)/HEROIN(ヘロイン)/VENTURE(ベンチャー)/POLAR(ポーラー)/BONES(ボーンズ)/HOPPS(ホップス)/VOLCOM(ボルコム)/MAGENTA(マゼンタ)/MYSTERY(ミステリー)/MOMENTUM(モメンタム)/LAKAI(ラカイ)/LUCKY(ラッキー)/REAL(リアル)/ROXY(ロキシー)

スケートボードを高く売るために

スケートボードを少しでも高く買取ってもらうために、次のような準備をしておきましょう。

▼清掃やメンテナンスをする
買取に出す品物は、状態によって買取金額に差が出ます。特にスケートボードは外で使うものなので、デッキやウィールなどについている汚れをクリーナーなどでキレイにふき取り、見た目の状態をよくしておきましょう。
できればベアリングをウィールから取り外し、ホコリやごみを取り除き、オイルベアリングの場合はオイルを注入しておくことも有効です。

▼複数の品をまとめて売りに出す
スケートボードに限らず、複数の品をまとめて売りに出しましょう。業者は買取にかかるコストが削減できるため、その分買取価格がアップする可能性があります。

▼早めに買取に出す
スケートボードなどのスポーツ用品は流行もあり、新モデルが次々と登場します。以前買ったモデルは新モデルが出てしまうと型落ち商品となるため、買取金額が下がってしまいます。もうこれからはスケートボードを使わないという場合には、早めに買取に出すほうが高く売れるでしょう。

▼付属品を揃える
スケートボードを購入したときについていた付属品などもできるだけ揃えましょう。例えば説明書や保証書、外箱などです。パッドやウィールなどの予備などがあれば一緒に査定に出してください。また、ヘルメットやプロテクターなど、スケートボードをするときに用意したものを一緒にセットとして出すのも効果的です。

高く売るコツ

  • 汚れや傷れ、香水の匂いなどがあると査定に響いてしまう場合があります。乾いた布や綿棒などを使って、できるだけキレイにしてください。
    ただし、商品の素材やお掃除用品によっては、傷や色落ち等してしまう場合がありますので、できる範囲で構いません。

  • 匂いは風通しの良いところで陰干しすることで、ある程度軽減することができると思いますのでお試しください。

  • 購入時の付属品もすべて揃えてください。新品で購入したときに、箱や保存袋など様々な付属品が付いてきたと思います。それらが揃っていると、査定金額がアップしやすくなります。

さらに、お得に買取するためには…

2点以上でお得!
おまとめ査定!

スケートボード買取に必要なものは本人確認書類だけ!

本人確認書類
(下記のいずれか1点のみ)

  • 本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証※
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 個人番号カード

※200万円を超えるお取引の際は健康保険証に加え、発行日から3ヶ月以内の公共料金領収書(請求書)又は住民票が必要になります。
※18歳未満のお客様の場合は買取いたしません。 ※18歳・19歳のお客様の場合同意書又は委任状が必要になります。
※親族以外の方からの依頼の場合は、委任状、依頼を受けた方の本人確認書類(身分証明書)が必要となります。

高価買取No.1の理由

  • 大幅なコスト削減を実現

    店舗コスト・広告費やメンテナンスの自社化等、運営コストを最小限に抑えることで実際の買取可能価格に跳ね返ってしまう費用を徹底的に削減。

  • 独自の販路を確立

    おたからやは国内だけでなく、海外にも独自の販路を多数持っています。そのため、他社には真似ができない高価買取が実現できています。

  • 多数の実績とプロ査定員

    おたからやには、400店舗を支える査定ノウハウ・データがあります。査定員は厳しい専門家研修を受けたプロ査定員のみ。お品物に眠る価値を見出し、他社より高く買い取ります。

3つから選べる買取方法

買取店舗数全国No.1のおたからやですが、お客様のニーズに合わせ、なるべくご負担のかからない買取方法を用意しています。

  • 出張買取(無料)

    ご自宅までプロの査定員(女性)がお伺いし、玄関先で査定します。提示金額にご納得いただければ、その場で現金をお支払いいたします。

  • 店舗買取(無料)

    全国400店あるおたからやに持ち込んでいただければその場ですぐ査定、即現金にてお支払いいたします。全国400店あるおたからやに持ち込んでいただければその場ですぐ査定、即現金にてお支払いいたします。

  • LINE査定(無料)

    LINEから最短5分で簡単に高額査定ができます。友達追加して写真を撮影して送るだけなので、お気軽にお問い合わせください。

買取Q&A

付属品や箱がなくても買取してもらえますか?
多くの品物が箱や付属品なしでも買取できます。
ただ、一部の品物は付属品などがついていないと買取できない場合もあります。
まずはお気軽にご相談ください。
買取代金の支払いはいつごろになりますか?
店舗買取と出張買取では、担当者が査定を終えて買取額が決定したときに、買取代金が支払われます。
宅配買取の場合には、買取のご依頼が決まってから、すぐにご指定の口座へ代金が振り込まれます。
宅配での買取のときに必要なものを教えてください
宅配買取をご利用されるときには、品物を送付する際に買取申込書と身分証のコピーをいただいております。また、買取代金振り込み口座の番号とお電話番号もお知らせください。まずはホームページ、もしくはお電話にてお申し込みください。

この度はおたからやを
ご検討いただきましてありがとうございました。
ご来店いただければ、スケートボード買取において
きっとご満足いただけるサービスができるよう、
スタッフ一同誠心誠意努めてまいります。
お客様のご来店、
心よりお待ち申し上げます。

スケートボードの高価買取はおたからや

今使っていないスケートボードを売りたいとお考えのときには、ぜひおたからやにご相談ください。買取査定は最新の相場から評価しています。いくら位で売れるのか、査定のみを希望される場合でも、ぜひお気軽にお問い合わせください。

スケートボードを売りたい! そんな時の買取は、ぜひ「おたからや」へ。