コラム

いろいろなダイヤモンドと買取について

ダイヤモンドの買取は、ダイヤの状態や価値などによって大きく変化していくので、相場も大きく変わってきます。カラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤは、色の付いているダイヤのことで、イエロー、レッド、ブルーなどたくさんの種類のダイヤがあります。また、無色透明なダイヤよりも価値が高いダイヤもあります。特にブルーやピンク、パープルといったカラーは、特に希少性が高いカラーとなっています。ですが、いくら希少性のあるカラーのダイヤだったとしても、市場などに出回っているような人工的に着色されているものに関しては、希少性や価値はなくなってくるので、注意が必要になってきます。

ハートカットと呼ばれているカットのダイヤは、究極の愛の象徴を表しています。ハートシェイプダイヤモンドの中でも、ハートカットのユニークな外観は、多様なダイヤの中でも、特に個性的な存在感を生み出しています。

ダイヤの買取を行う際に重要になってくるのが4Cと言われている4つの事柄です。この4Cとは、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4つのことを表しています。この4Cを基準として、買取を行うことになるので、この4つの事柄は最も重要な事柄になっています。

ダイヤモンドの買取りの基準とハートカットについて

ダイヤモンドの買取りを行う際に重要になってくる事柄が4つあります。その4つは、4Cと呼ばれていて、キャラット、カラー、クラリティ、カットを表しています。この4Cを基準として、ダイヤの買取りは、行われているので、この4Cは、最も重要な事柄になってきます。

ダイヤの中には、色の付いているカラーダイヤモンドと呼ばれているダイヤもあります。この色の付いているダイヤには、イエローからレッド、グリーン、ピンク、パープル、ブルーといったように様々な種類があります。その中でも、希少性があり、価値の高い色のダイヤは、ピンクやパープルといった色になってきます。ですが、このピンクやパープルといったような希少性があり、価値の高い色のダイヤだったとしても、人工的に着色された色のダイヤに関しては、自然の色のダイヤと比較しても、価値が低くなってくるので、注意が必要になってきます。

ハートカットと呼ばれているダイヤは、ハートの形状にカットされたダイヤになっています。このハートカットは、主に彼女などにプレンゼントとして送ることが多いカットになっています。他にも、エメラルドカットやプリンセスカット、マーキースカットなど様々なカットがあります。

ダイヤモンドの4Cとハートカットについて

ダイヤモンドの買取では、重要になってくる事柄が主に4つあります。その4つとは、4Cと呼ばれている、キャラット、カラー、クラリティ、カットのことです。ダイヤの買取りは、この4Cを基準として行われているので、4Cは、とても重要になってきます。

カラーダイヤモンドと呼ばれる色の付いているダイヤには、レッド、ブルー、イエロー、オレンジ、グリーンなどの幅広い色が存在しています。この幅広い色がある中で、最も価値がある色は、ピンくやパープルといった色になってきます。ピンクやパープルといった色は、希少性が高い色になっているので、価値も高くなっています。ですが、ピンクやパープルの色のダイヤだったとしても、市場に出回っているような人工的に着色された色のダイヤに関しては、価値が低く、見積もりをしてもらって、高い値段は付けてもらえない可能性が高いので、注意が必要になります。

ハートカットと呼ばれているカットは、ハートの形をしているカットになっています。個性的で、甘さをたたえているロマンチックさがあるカットになっているので、主に若者の間で人気のあるカットになっています。また、恋人へのプレンゼントとしても、最適なカットです。