コラム

カラーダイヤモンドの種類や加工法と買取に関する豆知識

ダイヤモンドは無色透明がが中心ですが、ダイヤモンドの中には「カラーダイヤモンド」という色が付いたものもあります。ダイヤモンドに色が付く要因は結晶構造の歪み、窒素やホウ素等の元素が元で着色する場合も多いです。
カラーダイヤモンドの中で比較的多いのは黄色味を帯びたイエローダイヤモンドや褐色を帯びたものですが、ピンク、ブルー、グリーンの色を帯びたものもあり、これらの石は数も少なく販売での取引も無色透明のものより高値で行われる事が多いです。一般的な無色透明の石より高価なピンク、ブルー、グリーンの石になるのは、長期に渡って放射線を受け続けた事や結晶構造のひずみによるものという要因もあります。
ダイヤモンドの加工は、様々な形に造り上げられますが、「ラフカット」というカットがよく行われており、ラフカットはビーズ状に仕上げる事で色んなアクセサリーに使える利点がある上、原石らしさを引き出す特徴もあるので原石が持つ魅力を味わう事が出来ます。

ラフカットのブルーダイヤモンドの買取は相場の確認を心がけて

ラフカットのブルーダイヤモンドを所持しているならば、高額買取を実現できます。
もしも叶えたいならば、価格の相場を念入りに調べましょう。その理由は、ブルーダイヤモンドはとても人気が高い宝石だからです。上品なカラーは幅広い女性から支持されていますので、ネックレスやピアス、リングなど、あらゆるジュエリーに用いられています。しかも、ラフカットならば、好みのデザインに加工することが可能です。そのために、ラフカットのブルーダイヤモンドは需要が高く、アンティークの宝石でも構わないから入手したいと考えている女性はとても多いです。

ラフカットのブルーのダイヤモンドは比較して買取

ブブルーのラフカットのダイヤモンドは海のような青さが特徴であり、結婚指輪やエンゲージリングなどにもチョイスされることの多いアイテムです。ブルーのラフカットのダイヤモンドは小さめの石である場合が多く、可愛らしさがありながらも繊細さと華麗さのある輝きがあります。ダイヤモンドの中でも世界中から人気のあるブルーのラフカットなら国内の殆どの店舗で高額査定が可能です。ダイヤモンドの輝きはブルーの製品ならば一際美しい物ですから、ラフカットのものを持っている方で不要な方はぜひ売却を考えるようにしましょう。

おたからやは、査定料は完全無料です。「今日は売る気がないんだけど・・・」という場合も、大丈夫です。
大切に査定いたしますので、お気軽にご利用ください。