【純金】フクロウの置物の買取例

純金のフクロウ

買取金額 105,600円

この商品について

純金で出来たフクロウの置物をケースと一緒にご持参頂き、状態が良く綺麗な状態で買取することが出来ました。
純金で出来たフクロウの置物は非常に小柄で大切に保管をされていたそうで、今回の買取金額となりました。

世界で取引される金・プラチナ・貴金属には価格変動があります。インフレにより貨幣価値が目減りした際には、金・プラチナ・貴金属の価格は上昇し、デフレによって信用不安が起きた際には、実物資産として金が支持されるため、長期的な視点で見ると金の価格は安定しています。

———-
純金・フクロウに関しては無料で行っております。
お買取りの方法は、店頭買取、出張買取が御座います。

※純金・フクロウの買取価格は季節や年数により相場が変動します。
※純金・フクロウ買取実績の金額はあくまで参考でお願いします。
※純金・フクロウ買取金額につきましては時期・相場・商品の状態などで変動する為、現時点での金額を知りたい方は電話(0120-555-600)・メールにてお問い合わせください。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 宅配買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
  • まずはお気軽にお電話ください。0120-555-600
  • LINE査定はこちら

金の種類

K24 (24金) 金の純度による分類で日本では純度99.99%以上のものをK24(24金)としています。
K22 (22金) 金の純度による分類で純度91.7%のものをK22(22金)といいます。
K22は、22/24≒91.7%の式から算出されています。
残りの約8.3%は銀、銅、ニッケル、パラジウムなどが混ぜられています。
K20 (20金) 金の純度による分類で純度83.5%のものをK20(20金)といいます。
K20は、20/24≒83.5%の式から算出されています。
残りの約16.5%は銀、銅、ニッケル、パラジウムなどが混ぜられています。
K18 (18金) 金の純度による分類で純度75.0%のものをK18(18金)といいます。
K18は、18/24=75.0%の式から算出されています。
残りの約25%は銀、銅、ニッケル、パラジウムなどが混ぜられています。
K15 (15金) 金の純度による分類で純度62.5%のものをK15(15金)といいます。
K15は、15/24=62.5%の式から算出されています。
残りの約37.5%は銀、銅、ニッケル、パラジウムなどが混ぜられています。