買取可能な商品

通常切手の買取について

通常切手の図柄の変遷
通常切手の図柄の文様や図案は多種多様であるが、明治から大正にかけては、菊花や小判・ふんどう等の型を基調として色や金額だけを使用目的に応じて入れ替えたものが多い。 大正末期頃から昭和初期頃には、富士山・城・分銅などの図案が使用され、その後は軍人や戦争の戦力鼓舞の為の図案、日本国の象徴的な建築物等が中心となった。 戦後昭和20年後半頃から通常切手の図柄や図案の種類は多くなり、国力の回復や増強を目指し、勤労者を図柄に取り組んだ産業図案等を中心に、様々な切手が発行され全種別にそれぞれ異なった図柄が使用されるようになった。 昭和30年頃からはさらに図柄の種類は多くなり、植物・人間・昆虫・魚・鳥・建築物・仏像等が図柄に取り入れられ色彩も鮮やかになった。 1982年には慶弔用切手、1984年からは電子郵便用切手も発売され、色彩も一層鮮やかになった。

通常切手の買取 : 通常切手は、明治4年3月1日より発売された(額面四十八文)の竜文切手が日本最古のものとなり、竜文切手は一面一面手彫りの銅版刷りであったため手彫切手と呼ばれている。
以後、明治9年頃まで手彫切手の発行は続き、手彫りゆえの複数の版ごとの微妙な差異が収集家にとってはたまらない魅力となっている。
また、明治から昭和初期頃までの通常切手は、戦災で焼けてしまった物も多く、現存数も少ないため、評価額も高いものが多く、マニア垂涎の的となっている。
通常切手の額面はその時代々の物価を反映し現在に至っている。

●現行の物おたからやでは、シート、バラ、単片、ブロック、バーコード、カラーマーク付きなどの現行通常切手全般を高価買入中です。
もちろん大量歓迎!出張または郵送買取も無料にて致しておりますので、お気軽にご利用下さい。

●昭和発行の通常の物
昭和透かしなしの物、円単位の物、ローマ字入りの物、花シリーズ、貝シリーズ、文化財シリーズの物などの一昔前の切手など大量にお持ちの方は是非御連絡下さい、押入れにしまわれたままの切手をお持ちの方は今が換金のチャンスです!!

●その他通常の物
その他各種通常、普通切手、をお持ちの方は是非一度ご来店下さい、経験豊富なスタッフがその場ですぐに査定させていただきます。お近くにおたからや店舗の無いお客様は全国フリーダイヤル0120-555-600へお電話いただければ出張もしくは郵送買取にて対応させていただきます。お電話お待ちしております。