買取可能な商品

インゴットの買取について

インゴットとは、金属を精製して一塊りとしたものです。
鋳塊(ちゅうかい)と訳される事もあり、金・銀などではのべ棒とも言います。

主に使用目的として製品の形状をしているわけではなく、製錬された金属を
のちに圧延、鍛造と言った加工や再溶解を行うために作られており、
目的によって様々な大きさ・形状に鋳造されたインゴットがあります。
一般的に厚板形のもの、なまこ形が多く、重量を優先して
製造されているものがほとんどです。

近代の金属製錬においては、ほとんどの金属が鉱石から液体金属として
取り出されるため、一度インゴットに鋳込まなければなりません。

形状によりスタンダード、Tバー、サウの3種類があります。
・スタンダード:棒状のインゴット。
・Tバー:断面形状がT字の形をしたインゴット。
・サウ:お椀の形をしたインゴット。

また、純度の成分の面から高純度地金(99.95%以上)、普通地金(99.7%)、
合金地金に分類されます。

インゴットの表面には刻印がされており、
・金市場の公認マーク
・純金の品位表示
・重量の表示
・地金番号
等が記載されています。