買取可能な商品

金歯の買取について

金歯とは、虫歯治療の際に使う被せ物の中で保険対応していない
金属のクラウン(被せ物)を使う場合に、金色に見える歯の事を金歯と言います。
一昔前までは、非常に重宝された歯科の金属材料ではありますが、
最近は、「白い歯ブーム」と言う事もあって、昔に比べて
金歯を選択されない方も増えているそうです。
今も、決して悪い材料と言うわけではなく、とてもよい材料です。

「金歯」と言われる歯は金の含有率が高いために金色に発色します。
歯科で金歯と言うと、純度は20Kが一般的です。
主に純金は

純金100%=24K

と言う事ですので、およそ歯科の材料の金の含有量を計算すると

20K/24K=83・3%

となります。
金歯には保険適用外でも金歯を使うメリットがあり、金属のなかでも
よく伸びて加工しやすい性質から、より歯に密着するクラウンを
作る事が可能です。

歯とクラウンの密着度が高まる事で、クラウンの隙間に虫歯菌が
侵入するリスクを下げる事ができ、クラウンの下で虫歯になってしまう事を
予防する事ができると言う特性があります。