買取可能な商品

アレキサンドライトの買取について

アレキサンドライトとは、アレクサンドライトとも呼ばれ、1830年、ロシア帝国ウラル山脈
東側のトコワヤのエメラルド鉱山で発見されました。
クリソベリルと言う鉱物の一つで、金緑石の変種です。

発見当初はエメラルドと思われていたのですが、昼の太陽光下では青緑、
夜の人工照明下では赤へと色変化をおこす他の宝石には見られない性質が発見されて、
とても珍しいので当時のロシア皇帝ニコライ1世に献上されました。

巷説では、このロシア帝国皇帝に献上された日である4月29日が、
皇太子アレクサンドル2世の12歳の誕生日だったために、この非常に珍しい宝石に
アレキサンドライトという名前が 付けられたとされています。

また、当時のロシアの軍服の色が赤と緑でカラーリングされていたため、
ロシア国内で大変もてはやされました。

産出量がとても少なく、非常に高価なため、発見されてからまだ日が浅いにもかかわらず、
はるか古代から貴石として扱われてきた四大宝石
(ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルド)にこの石を加え、五大宝石として
扱われたり、「宝石の王様」と呼ばれることもあります。

青緑色系スペクトルの強い太陽光(または蛍光灯の明かり)の下では暗緑色を示すが、
赤色系スペクトルの強い白熱灯や 蝋燭の明かりの下だと色が鮮やかな
赤色に変わります。

現在では6月の誕生石のひとつとされていて、石言葉は「秘めた思い」です。

アレキサンドライトのリング・ネックレス・ルース・アレキサンドライトのペンダント・ブレスなど
金やプラチナ台座付のアレキサンドライトのアクセサリー
鑑別書付きの天然アレキサンドライト
石の取れてしまったリング・切れたネックレス・片方だけのピアスやイヤリング
デザインの古くなってしまったアレキサンドライトのアクセサリー
青みがかった、くすみやインクリュ-ジョンの少ない高額な物は評価査定のうえお取扱いさせていただきます。