宝石・ジュエリー
2021年10月28日

2021年度版!ダイヤモンドの価格相場を予測!今後の動向と価格に影響を与える事

NEW
2021年度版!ダイヤモンドの価格相場を予測!今後の動向と価格に影響を与える事

ダイヤモンドの価格相場は、例年とは異なった予測で動く可能性があります。特に、2021年は外的要因が多く、価格に与える影響の強い可能性があるからです。そこでどういった要因があるのかを知った上で、そのための準備を進めておくことが大切です。

ダイヤモンドの価格相場に影響を及ぼす事象や社会情勢などの要素

一般的に、ダイヤモンドの相場を決める最も大きな要因はデビアス社の指標です。この会社は、昔からダイヤモンドの加工や流通に携わっている老舗であって世界中が注目をしています。世界に流通しているダイヤモンドの多くは、この会社が昔から調整しており、その需要や供給量を把握する立場にあります。そのため、この会社が提供しているグレードに応じた指標はそのまま世界のダイヤモンドの価格相場に大きな影響を与えるのです。そして、社会的な情勢がこれを後押ししています。2020年から2021年は、コロナの影響で世界的にダイヤモンドの採掘が困難になったという背景が存在します。具体的には、各国のダイヤモンド鉱山の操業が停止してしまう事態に陥ってしまい、生産量と供給量そのものが著しく不安定になった時期でした。この大問題は、そのままダイヤモンドの価格に影響を与え、一時その需要は急落しました。ただ、こういった需要と供給のバランスが2021年以後には大きく変わる可能性が存在します。コロナワクチンが普及した社会情勢の転換期であるため、よりプラスの要因が存在するからです。

採掘量減少やおうち時間でネットショッピングが好調などが影響か?2021年のダイヤモンド価格相場予測

2021年の価格相場は、それまでと比較しても世界的に調子を戻す可能性が高いです。これは、ダイヤモンドにおける採掘産業が停止をした影響で世界的な品薄になっていったからです。コロナの影響で社会情勢が一気に変化し、ダイヤモンドを気軽に購入できる状態ではなくなりました。本来、供給量が減少するとその反面で需要が大きくなり、価格は高騰することが予測されます。しかし、実は2021年以前はそうはならず、逆に一時的に需要が減退するという現象が発生しました。これは、コロナの影響によってさまざまな業種が大きなダメージを受けて、ぜいたく品にお金を払う余裕がなくなってしまったからです。ところが、2021年に入ると状況が整理されてきて、テレワークの充実やワクチンの普及などで状態が回復してきました。その影響で、それまでの原理と同様、採掘量の減少で少なくなっていたダイヤモンドを求める人が増えてきて、需要が増してきています。仕事上でも自宅にいる時間が長くなった影響でネットショッピングが盛り上がり、ダイヤモンドへの需要もさらに大きくなり、価格はこれからも高騰すると予測できます。

2021年以降のダイヤモンド価格相場は高騰と予測

ダイヤモンドの価格相場は、需要と供給のバランスから2021年以降は高騰する可能性が高いです。それまでは、コロナの影響で正しく需要と供給のバランスが働かないという難点が存在していました。しかし、世界中でコロナを収束させるための運動が活発化して、ワクチンと自宅で働くことができる環境が整ったことが非常に大きいです。もともと、コロナが世界中で蔓延したときにダイヤモンド産業も大きなダメージを受けています。そのダメージはその後も回復せず、2021年まで宝石価格全体が適正に評価されなかった背景が存在します。2021年以後には、経済的な活動がそれまで以上に活発化することが予測されていますので、これが改善する可能性は高いです。経済活動を活発化させないと国民生活が成り立たなくなりますので、ワクチンが普及した今が最も景気の回復するタイミングです。実際に、ダイヤモンド産業では既に採掘業者と高級ブランドの装飾品が直接的に取引をするための動きも活発化しています。滞っていたダイヤモンド産業に回復の兆しが見られますので、価格が高騰していく可能性があります。

ますます高値になるダイヤモンドジュエリーは今が買い時!?

ダイヤモンドの高騰は、それに関連する全ての商品に大きな価格変動を与えます。ダイヤモンドジュエリーはその典型であり、購入するならば高騰前にした方が賢明です。仮に、高騰前に購入できれば費用対効果の面からも利益を得られる可能性が高くなります。一般的に、ダイヤモンドジュエリーにはさまざまな種類が存在します。リングやネックレス、あるいはピアスなどといった種類が主ですが、利用されるダイヤモンドの量によって価格は変化するものです。問題はその時代によってダイヤモンドの価格相場は全く異なるという点です。近年は、世界的なパンデミックの影響で明らかにダイヤモンドの供給量が減り、現実的にダイヤモンドジュエリーを満足に生産できない状況にあります。これは、単純に採掘操業を現実的に行うことができないという問題点があったからです。しかし、この現状が収束すれば必ず価格は高騰します。ダイヤモンドの需要は、現実的に入手できるチャンスが増えればそれだけ手に入れたいと考える人が増えるからです。そのため、購入するならば安値で購入できる今しかありません。

アフターコロナにはさらに消費が回復してダイヤモンドの価格が高騰と予測

コロナが完全に収束すれば、ダイヤモンドの価格はさらに高騰する可能性が高いです。これに関しては、さまざまな要素を考慮すると確実性は高いと判断できます。そもそも、コロナ禍の現状ではダイヤモンドの供給があったとしても、それを入手することが難しいという現状が存在します。これは、各国で緊急事態状態になっていて一般人が気楽に外出できない状況にあるからです。ダイヤモンドは、確かに希少性が高く需要も存在します。しかし、現状では供給量を満たしていてもそれを購入したいと考える人の手元に渡っていないことが問題なのです。その結果、それまでのダイヤモンドの相場と比較しても決して高くはない状態になっています。こういった問題点が生じる理由は、ダイヤモンドやダイヤモンドジュエリーを提供している実店舗に、消費者が赴くことができない現状の存在です。コロナの影響で店舗を開店することができない、また事業を展開できないところは少なくありません。こういった現実的な観点からも価格がなかなか高騰しない背景が存在します。コロナが収束すれば、これらの問題点が全て解決できますのでダイヤモンドの価格相場は将来的には良好になると容易に判断できます。

ダイヤモンドジュエリーは資産保全にも最適

ダイヤモンドジュエリーは、金と同様、価値が非常に高いものです。将来的にも急激に下落することは考えづらく、保有することに関するマイナス面がほぼありません。現実的に考慮しても、ダイヤモンドの価値を保証するための環境は既に整備されているからです。例えば、国際基準によって価格相場が決まっているという点です。ダイヤモンドは、世界的に流通している希少性のあるものですが、研磨が行われているルースは、国際的に評価があると保証をすることによって全世界で高い価値を維持できるよう工夫をされています。実際に、ダイヤモンドは単純な嗜好品ではなく、投資等資産という文字通り資産という名目で管理されるものです。そして、ダイヤモンドジュエリーにはさまざまなルースが利用されています。一般的に、ダイヤモンドは一度加工するとそれ以後は手を加えないことで有名です。裸石そのものに資産的な保証があると判断されていることから、それを利用することで資産価値が向上すると誰もが理解しているからです。そのため、ダイヤモンドジュエリーの資産価値もルースと同様に落ちることはないという現状があります。

まとめ

ダイヤモンドの価格相場は、世界的なパンデミックであるコロナによって大きく変わりました。しかし、この事情は2021年以後に大きく変化する可能性が高いです。それは世界中でコロナ収束のためのワクチン供給や経済活動の活発化が確認されているためです。それまで滞っていたダイヤモンドの採掘や生産も活性化することが予測されます。それに伴って、市場に流通するダイヤモンドの量も増えることが予想できますので価格が高騰する可能性は高いと判断できます。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。