宝石・ジュエリー
2021年11月2日

ダイヤモンド買取は買取専門店と質屋のどちらがおすすめ?それぞれの違いを理解しておこう

NEW
ダイヤモンド買取は買取専門店と質屋のどちらがおすすめ?それぞれの違いを理解しておこう

不要なダイヤモンドがある場合には、売ってしまうという選択肢があります。売る場所は買取専門店と質屋の二つがありますが、それぞれにメリットデメリットがあるため違いを理解した上で自分に合った場所を選ぶことがオススメです。

ダイヤモンド買取店の種類と特徴

ダイヤモンドの買取店は大きく分けるとリサイクルショップ・買取専門店・宅配買取専門店に分けることができます。それぞれ特徴が異なるため、売りに行く場合には注意が必要です。

リサイクルショップは、ダイヤモンドだけではなく日用品や雑貨などのリサイクルも行っています。幅広く取り扱っていますが、ダイヤモンドの価値を見極められる鑑定士がいないこともあります。

専門店ならきちんとした鑑定士が在籍しています。ダイヤモンド以外にも金やプラチナ、宝石類やブランド品など高級なアイテムを取り扱っているため、きちんとした価値で買い取って貰うことが可能です。

宅配買取専門店は、文字通り宅配でのサービス提供に特化しています。店舗を持たない分だけ経営コストがかからないという仕組みになっていることから査定額が高くなりやすい傾向にあり、全国どこでも利用できます。

買取専門店にはない質屋の特徴

質屋は買取も行っていますが、買取専門店と大きく異なるのが質預かり・質入れというシステムがあるのが特徴です。

質預かり・質入れとは、価値のあるものを質屋に入れて、その分だけお金を借りるという仕組みになります。急にお金が必要になったときに、ダイヤモンドをはじめブランド品や時計など価値のあるものを持ち込むとこのシステムが利用できます。

借りる金額も市場価値の範囲内であれば、自由に設定できるというのも質屋ならではの魅力です。

預けられるのは基本的に3ヶ月以内となっていて、3ヶ月以内にお金を返せばダイヤモンドなど預けたものが戻ってきます。お金を返せないという場合には、ダイヤモンドなどを手放すことで支払いする必要がなくなります。

また、返済期限が遅れたとしても利息さえ払っていれば質流を待って貰えることもあるというのもメリットになりますが、金利は消費者金融よりも高いため注意が必要です。

個々の状況によって買取専門店と質屋を使い分けよう

買取専門店と質屋にはそれぞれメリット・デメリットがあり、どの形態のお店を利用するかによって買取金額の支払い方法に違いがあります。お金が必要なケースは人それぞれのため、使い分けて便利に利用しましょう。

すぐに現金が必要だけどもダイヤモンドを手放したくないという場合には、質屋の方が向いています。質屋であれば、即日中に現金を手に入れることが可能です。返済義務がないため、催促や取り立てなどもないというのも安心でしょう。

ただし、借りたお金が返済できないという場合には、ダイヤモンドは質流れとなります。

ダイヤモンドを手放しても問題ないというときには、買取専門店がオススメです。様々な店舗がありますが、自分の条件にあった店舗を選びましょう。

ダイヤモンドの重量は目の前で計測してくれる、査定の内訳を丁寧に教えてくれるような店舗であれば信頼できます。納得したうえで、ダイヤモンドを買い取ってもらえるお店を探しましょう。

買取専門店と質屋のどちらがダイヤモンドの買取価格が高い?

買取価格は、店舗によって異なります。専門店の方が高い場合もあれば、質屋の方が高い場合もあるのです。

売却する場合には、買取専門店の方が無難でしょう。ダイヤモンドは特に高い専門性が要求される宝石で、肉眼のみで判別することが難しいとされています。ルーペや専門器具を使って査定していきますが、天然のダイヤモンドは一つとして同じものがないため、品質を見極めるためには知識と経験が必要となるためです。

そのため、専門的に鑑定してくれる専門店の方が正しく価値を見極めて査定してもらえます。

また、専門店の方が販売ルートが多岐にわたることが多いです。自社の店舗だけではなくインターネットで販売できるほか、委託販売が行える、海外のバイヤーとやりとりできるなどによって高く売れる可能性があります。

民間資格ではありますが、宝石鑑定資格を取得していると宝石に関する知識が豊富であるという証になるため、これを持っている鑑定士が所属している店舗を選ぶこともオススメです。

ダイヤモンドの買取価格は業者専門オークションの落札価格に影響を受ける

買取価格は、オークションの落札価格に影響されています。

ダイヤモンド取引所が加盟する世界的相場を基準に取引しており、大粒のダイヤモンドから小粒のメレダイヤモンドまでが評価対象です。一粒でも取引しているケースもありますが、汚れやキズなどがあると評価が下がってしまいます。

オークションの落札価格に影響を受けるとはいえ、自分で買取価格をアップする工夫も可能です。買取価格をアップするためには、セルフクリーニングで汚れを落とすことが有効でしょう。

買い取ってもらえれば店舗でクリーニングすると思われがちですが、皮脂汚れなどがついていると見た目が損なわれてしまい、査定が下がります。これを避けるためにも、事前に60度程度のぬるま湯と中性洗剤を使って汚れを落としておくと、見た目をよくしておきましょう。

また、鑑定書も重要です。ダイヤモンドの品質を証明するためのものになるため、一緒に持っていくと査定額アップにつながるでしょう。

注意すべき買取専門店・質屋の特徴

買取専門店・質屋の中には、避けた方が良い店舗もあるため注意が必要です。

そのような店舗の特徴としては、期間限定で買取価格アップキャンペーンを行っている点が挙げられます。一見メリットがあるように思えますが、普段は何%で買い取っているのかがわからないため避けた方が無難でしょう。

貴金属の販売価格を公表していない店舗も、注意したほうが良いとされています。公表していないのは、他の店舗よりも設定が低い、または自信がないという証です。自信のある店であるなら価格を、公表しているでしょう。ホームページ上で国内相場を表示しているだけで、店舗の買取価格ではないケースもあります。そこから手数料などを引いて計算するという店も多いため、注意して価格をチェックしましょう。

査定額を、簡単に変えるという店舗も避けたほうが無難です。他の店で査定させないように説明が二転三転する店舗は、基本的に安く買い取ろうとしているお店と考えられます。

まとめ

買取専門店・質屋は、使い方を工夫することでより便利に使うことができます。それぞれの特徴を把握しておくことで、ダイヤモンドを売りたいと思ったときに利用しやすくなるでしょう。

ただし、中には安く買い取ろうとする店も多いため、注意して店舗選びをすることが重要です。また、売却前や相談しに行く前に自分から相場を調べておくことも大切になります。

各ショップでは、買取シミュレーションを行なっていることもあるため、それを利用してリサーチしてみるのも良いでしょう。

  • 出張買取はこちらから!!
  • 店頭買取はこちらから!!
査定無料!こちらをタップしてお気軽にお問合せください。