1. 買取専門店・おたからやTOP
  2. コラム
  3. ブランド時計のお役立ちコラム
  4. 時計の魅力だけではない!
    ロレックスには資産価値が
    上がるものがある

時計の魅力だけではない!
ロレックスには資産価値が
上がるものがある

ロレックスは、世界で最も有名な老舗の時計メーカーです。ただ、その人気の高さの秘密は性能や品質だけではありません。資産価値として役に立つほどの注目を集めているため、まずはロレックスの価値が大きくなりやすいモデルを知っておくことです。

ブランド力と実用性に優れたロレックス

ロレックスは、ブランド力の高い時計メーカーとしてその地位を確かなものにしています。ただ、こういった信用性の獲得は長期的に培ったものです。100年以上の歴史が存在していて、高い評価を得るだけの実績を残してきました。
元々、ロレックスの当初の理念として実用的な時計を生産するというものがありました。それまでの時計は、単純にオシャレや嗜好品の一種として使われる傾向が強く、実用的に利用する機会はほとんどなかったです。精度が悪かったということもありますが、何よりも耐久性に優れていなかったので長期的に着用できるだけの状態ではありませんでした。こういった、時計に関する評価を根本から覆したのがロレックスです。1910年には、腕時計として初めてのクロノメーターの称号を獲得しているくらいです。この称号は、精度に加えて安全性の観点から厳格な審査を通ったものにしか与えられないものです。それだけ、当時からロレックスの時計の評価はとても高かったことがわかります。
そして、こういった時計開発を熱心に行うことで画期的な商品や発明もいくつか生まれました。その中でも、現代でも大きな影響を与えるものにオイスターケースと呼ばれるものがあります。これは、防水加工がされているものでそれまでは防水性の高い腕時計がなかったという背景が存在します。腕に着用すると、汗の成分や雨などで性能が落ちてしまう可能性が高くなります。精度は高いものの、それを維持するためにはより良い環境で保存しなくてはいけませんでした。特に水気の多い場所で生活をしなくてはならない人にとっては、腕時計は馴染みがないものでした。この常識を打ち破ったのも、実はロレックスです。
ロレックスが開発したこのオイスターケースは、現在でも進化を遂げていてそのまま定着して人気モデルになっているくらいです。実際に、防水性能に優れた当時のダイバーズウォッチはプレミアがついて数千万円以上の値が付きます。こうした背景からも、ロレックスの中でも特に価格が上がるものということがわかります。

モデルごとに異なるターゲット

モデルごとに、大きく価格が変化する傾向がロレックスにはあります。数千万円以上に上がるものも存在すれば、安価な価格で入手できる中古品も存在します。これらの違いが生まれるのは、それぞれのモデルで明確にターゲットを変えているからに他なりません。この傾向は、半世紀以上も前から続いているロレックス独自の傾向です。
最初、ロレックスは実用性の観点から日常生活に親しみやすい腕時計の開発を進めました。確かに、その開発は成功を収めて大きな評価を得ます。しかし、業務上でこういった腕時計を付けることができない人もいます。特に、ロレックスができた当時の社会は現代のような技術が発達していた時代ではありません。時間を確認することもできない、利便性の無さが問題になっていました。
そこで、ロレックスは明確に個別の日常生活に対応できるだけのモデルを開発していくことになります。例えば現代でも価格が上がるものとしては、エクスプローラーが有名です。これは、単体価格でも100万円以上の高額買取が期待できるもので探検家をターゲットにしたものです。視認性が非常に高いので、正確な時間を把握できるようにしています。同様に、サブマリーナーはダイバー向けに開発されていてこちらも100万円以上の高額買取が可能です。サブマリーナーは、伝統的にロレックスが開発してきた防水性に優れたモデルとあって、老若男女を問わずに人気を集めています。その影響で、特に価格が上がるものとして認識されています。また、高級志向が強い人や高額な資産運用を目的とした人のために希少性の非常に高いプラチナモデルも提供されていました。近年で発売されたものでも、当時の取引価格の時点で数千万円以上の価値がしたものも存在します。
このように、ロレックスはモデルごとにわかりやすいターゲットを決めています。資産運用で活用する場合も、その使用用途が将来的にどういった需要を獲得するのかを予想することで相場の変動をある程度は予測できます。

価格が上がり続けるロレックスの秘密

全体傾向として、ロレックスの価格は上がり続けています。実は、これには近年の外国の情勢がとても関係しています。ロレックスは、スイスで主な時計開発を行ってきたのですが外国の情勢の大きな変化に巻き込まれて生産ラインがストップしてしまったという事情が存在します。特に、2019年以降はそれが顕著になっていて、流通量が多いモデルであってもなかなか想定していたような生産数を確保できていない現状です。こういった事情を考慮して、ロレックスの正規店は購入制限をかけることでより多くの人に時計を供給できるように努力してきました。
しかし、生産ラインがストップしてしまったりそもそも時計を開発するための部品の輸入ができなかったりと、諸々の事情でまともに数を揃えられなくなっています。そうした背景から、実は近年ではロレックスは正規店に行ってもほぼ全くといっていいほど時計を購入できない状態です。世界的にこの傾向は続いていて、しかも日本国内の市場でも幅広く愛されているブランドということもあって特に中古市場ではロレックスの高騰がずっと続いています。
わかりやすいのが、安価なモデルの高騰です。生産量が潤沢だったころと比較すると、現在の相場はそのときよりも数倍以上に膨れ上がっています。2倍程度は当たり前で、中古品でも新品以上の費用を支払わないと入手することができないものも存在します。価格が上がるものに関しては、プレミアが付いているので当時の販売価格と比較しても大幅に値が付いていることも珍しくありません。
品薄状態が続き、需要と供給のバランスがとれていないことから投資対象としても注目を集めています。それだけ、現在ではロレックスを求める人が増えているのでモデルが古い中古品であってもそれを欲しいと考える人が多いためです。1つのモデルを持っているだけでも、価格が上がるものならば数百万円以上の利益が出る可能性も存在しますので、資産価値としての評価はずっと高いままです。

投資としてのロレックスのメリット

ロレックスが投資対象として注目を集めているのは、価格が上がるものを見極めやすいからです。これは、モデルを理解していれば容易に特定できます。
実際に、最も需要が高いモデルではデイトナというものが存在します。その中でも、現実的に高い値上がりを見せたものではデイトナ16520が有名です。発売当時の価格は140万円前後しかありませんでしたが、2022年現在では250万円前後にまでその価格が膨れ上がっています。これが1個当たりの価格であることを想定しても、投資対象として複数個を所持していれば個人であっても数百万円以上の利益を将来的には期待できます。特に、デイトナは一般ユーザーへの認知度も高くてより多くの人が欲しいと考えるものなのでそれだけ価値が高くなりやすいです。
同様に、デイトナの良い点はコレクター人気も高いという点です。デイトナ16520は比較的新しいモデルですが、デイトナの中にはマイナーチェンジを繰り返している古い型のものも存在します。特に、クリームダイヤルと呼ばれるものは定価で120万円だったにもかかわらず、その後に倍以上の250万円にもなったことがあるほどです。投資対象として汎用性が高く、また資産価値という意味でもとても扱いやすいので人気です。
さらに、ロレックスに注目をするときに絶対に忘れてはいけないのがサブマリーナーです。サブマリーナーは、ロレックス愛好家の中でもトップの人気を誇るもので多くの人が利用しています。長年愛されてきているモデルとあって非常に需要が高く、しかも近年は品薄が続いているので中古であっても欲しい人は急増しています。サブマリーナーは、半世紀前から開発されている防水性能をさらに高めて進化しているものなので、ロレックスの歴史の中でも特に長い実績があります。その影響もあって、コレクター気質がとても高く文字通り資産運用には向いています。それこそ、生産数が少なくて希少性の高いものは数千万円の価格になるので資産価値は十分です。

価値が上がるロレックスの特徴

価値が上がるために重要なポイントは、実はそれほど難しくありません。ロレックスの中には、特に生産量が少なくて希少性が高いものが存在するからです。仮に、ロレックスに大きな投資ができるだけの資金がある場合にはこういったモデルに注目をすれば非常に大きな資産を手に入れられます。実際に、こういった流通量が少なくて希少性の高いものはレア・ロレックスなどと呼ばれています。中古であっても、低価よりも遥かに大きな金額になることが普通なので資産価値は十分です。
また、レア・ロレックスになりやすいものとしては外装や仕様の違いなども挙げられます。元々、ロレックスは安定したモデルを数多く提供していて、その実績の高さから多くの人が購入しています。ただ、こういった安定性のあるモデルの他にも特別に仕様変更を加えたコレクター性の高いアイテムを突然投入することも珍しくありません。流通数がとても少ないので、こういったコレクター性の高いレア・ロレックスは非常に評価も高いです。
さらに、近年で注意をしておいた方が良いのがそれまで安定勢力であったものが途端にコレクター性が強くなる可能性があることです。これは、外国の情勢の変化で生産量が追い付いていないということとも関係していますが、何よりもロレックス側の大幅な方針転換が大きいです。例えば、近年で行われた大規模な方針転換ではムーブメントの変更が存在します。それまで、パワーリザーブで48時間が限界だったものが70時間以上になりました。その結果、従来までは48時間が安定勢力として人気だったものが70時間以上のムーブメントが常識になりつつあります。
こうなると生じるのが、従来型のモデルのコレクター化です。実際に、ロレックスはそれまで販売していた従来型のモデルの廃盤を決定しています。以前は当たり前のように入手できたものが、これからはそうではなくなるのでこういったものはほぼ例外なく資産価値を高めます。資産価値や投資の観点からは、このような方針転換も価値が上がるものの典型だといえます。

ロレックスの資産価値を高めるための付属品

ロレックスのようなブランド力の高い高級品は、必ずその品質を証明するための付属品が存在します。特に、近年でロレックスの価値が上がるものとして注目を集めているのがギャランティカードです。
生産ラインがストップしたり、必要な人材の確保が難しくなっている状況下ではなかなか正規品を表に出すことができなくなります。こういった状況下で、最も厄介な存在になるのが転売屋です。転売屋が問題なのは、本当にその品質が確保できているかどうかがわからないものを市場に回してしまうことです。ただでさえ価格が高騰しているのに、保証が存在しないものが市場に出回るとロレックスの適正価格がますます狂ってしまうからです。こういった事態に陥らないようにするために、ロレックスではきちんとした対策を準備しています。それが、正規ルートで販売されたブランド品であることを証明するギャランティカードです。ギャランティカードは、ロレックスに付随しているシリアルナンバーが明記されている保証書のようなものです。購入した店舗や日付、そして購入した人の名前なども明記されていますので、文字通り世界に1つしかない証明書です。付属品として高い効果を発揮するのも、客観的にもこういったものがロレックスのブランド価値を証明するものだからに他なりません。ですから、資産価値を高める意味でもギャランティカードは非常に重要です。
また、モデルに応じて準備されている様々な付属品もきちんと無くさないように取っておく必要があります。例えば、ロレックスは他のブランドと差別化を図るために2016年以降は箱が統一されているという大きな特徴が存在します。言い換えれば、それ以前の箱は専用のモデルの箱が存在していて、それらの比較で実はどういった年代のモデルなのかを容易に把握できるようにもなっています。特に、コレクター性の強いものであるのならば、こういった付属品がないと価値が大きく落ちる可能性もあるので十分に注意をしなくてはいけません。

これからもロレックスの資産価値は上がるのか?

将来的なロレックスそのものの価値を予測するときのポイントは、主に以下の2つです。ブランド力の維持と通貨の状況です。
まず、ロレックスには100年続いている実績と経験が存在します。その流れでも、特に近年は外国の情勢の変化によって生産数が激減して、とてつもない勢いで需要が拡大しています。この傾向は、既に2019年以降は顕著で既に3年以上は経過していますので突然暴落するような事態は想定しづらいです。実際に、外国の情勢が好転して生産ラインが活性化しても、今度は需要に見合った供給が行われることになるのでロレックスの適正価格に応じた販売が行われます。ですから、それまでの価値に見合った評価がされるだけなので資産価値が落ちることはありません。ブランド力を維持するロレックスの努力は今に始まったことではなく、長年の実績が生み出した正当な評価です。
また、日本国内の観点からも外国のロレックスは非常に評価が高く明らかに資産運用に向いていることがわかります。これは、通貨の相場の変動と関係しているためです。2022年現在、日本は円安の立場にありますので外国からみると買い市場になっています。ロレックスは、海外で販売されているブランドであるため実は日本国内と外国では相場の考え方がかなり違います。通貨高の海外では日本で出回っているロレックスは安くなりますので、買い市場です。つまり、日本国内でそれを買い取ったり運用する場合には円安下の国内での運用になるので価格は安定します。むしろ、海外から見た日本のロレックスの中古市場は需要が高まって、資産価値が好転する可能性が大きいです。こうした、通貨の相場は海外製のロレックスを考えるときには必ず覚えておかなくてはいけません。海外から直接的に輸入して購入する場合は通貨安では高額になりますが、逆の立場では安くなるのでそこで市場全体の利益が生まれます。自国と相手国の通貨のバランスを考えて運用すれば、より大きな資産価値を生み出せます。

まとめ

ロレックスは機能性やデザイン、そして実績を含めても非常に魅力的な時計です。それに加えて、現在では資産価値が上がるものとして評価されています。将来的な投資対象とみてもメリットは多いので、世界中から注目を集めているブランドです。

サブマリーナー買取ページはこちら

エクスプローラーⅠ買取ページはこちら

デイトナ買取ページはこちら

ロレックス買取ページはこちら

その他のブランド時計
コラム記事

ブランド時計買取に役立つ記事を
コラム形式で紹介しています。

タグ一覧

店頭買取

査定だけでもOK!

買取店舗数は業界最多の
1,000店舗以上!

おたからやの店舗数は全国 1,000 店舗以上(待機店舗を含む)。これは、数ある買取店の中で最多を誇ります。日本全国津々浦々にて、地域密着でお買取りを承っております。

最寄りのおたからやを探す

出張買取

査定だけでもOK!

買取専門店おたからやの
無料出張買取。

買取専門店おたからやの無料出張買取です。出張料・査定料・買取手数料は全て無料、査定は最短5分です。随時キャンペーンを実施をしております!まずはお気軽にご相談ください!

出張買取の詳細はこちら

おたからやの買取商品から探す