コラム

「海の住人」ヨットマスターの人気はどうなっているのか?

ヨットマスターはロレックスのスポーツモデルのうちの一つです。ターゲットとしている層は、自家用船を用いてクルージングしたりヨットスポーツを楽しむといった富裕層の人たちです。価格も100万円を超えるモデルで、一般の人にはなかなか手が届かないモデルと言えるでしょう。ただし、値段が高い分性能は文句の付けどころがありません。海で使用することが想定されているため、頑丈なオイスターケースが用いられており、100m防水機能を備えているなど、ちょっとのことでは壊れないタフな時計です。しかもデザインも秀逸で、ベゼル部分の数字表示がエンボス加工で立体的になっており、細部までのこだわりを感じさせてくれます。

このように、ヨットマスターは高性能であるということと、高級腕時計ならではのデザイン性の高さから、とても人気の高い時計であると言えます。もともとロレックス製品は値崩れしない、人気のある時計ですから、買取相場も文句なしに安定しています。具体的な値段は、査定するお店によって違ってきますが、ロレックスに力の入れているお店であれば、購入した価格の8割前後で買取をしてもらうことができるでしょう。もちろん、状態が悪ければ減額されるという点は、注意しておく必要があります。

高値が見込める買取価格のロレックスヨットマスターとは

ロレックスヨットマスターは、世界中の富裕層をターゲットにしたラインで、主に船上での使用を考慮して開発されたスポーツモデルです。セレブリティ向けとあって素材バリエーションのゴージャスなモデルは、イエローゴールドやプラチナの仕様であり、人気のあるロレジウムなどはプラチナとステンレスのコンビモデルですが、ステンレスのみのモデルはヨットマスターのラインには存在しません。また、ロレックスのスポーツモデルとしては珍しくサイズバリエーションが用意されており、ペアウォッチとしての着用を想定にメンズサイズ、レディースサイズ、ボーイズサイズの3サイズが展開されています。ダイバーズウォッチとして本格仕様のサブマリーナとは共通のイメージを持ちますが、ヨットマスターの防水は100mほどであったり、各部に意匠を凝らすなど存在感漂うデザインは、高級ラインの位置づけとされています。

買取価格としては、製造年式や、仕様、文字盤のカラーなどで差異があり、また、ボックスや国際保障カード、日本ロレックス保障カードなどの附属品の有無や、傷などの製品そのものの状態でも変わってきます。多くの年齢層に支持のあるシリーズは人気の高さが高値買取に繋がると言えます。

ロレックスヨットマスターの製品情報と店舗買取による査定法方

ロレックスヨットマスターの買取は信用のおける店舗にて査定を依頼することが大切です。査定には、使用頻度や傷など製品そのものの状態から、ボックスや国際保障カードなどの附属品の有無、製造年式、仕様、カラーなど、細かな査定が必要となり、これによって買取価格には差異が出ることになります。ヨットマスターの中でも特に人気の高いモデルであるロレジウム、またヨットマスター2(ローマ数字)は状態や附属品の揃い方によっては特に高額買取が実現するとされています。

ロレックスのスポーツモデルとしては唯一メンズ、ボーイズ、レディースのサイズ展開があり、ステータス性の高く存在感あるデザインで、自家用クルーズやヨットなどのマリンスポーツを楽しむような世界中の富裕層をターゲットにして製造された高級スポーツウォッチです。本格仕様のダイバーズウォッチであるサブマリーナの上位種と呼ばれていますが、意匠などの仕様や高級な素材バリエーションがサブマリーナとは違うなど一線を画しています。高水準の防水性も搭載されていません。また、イエローゴールドを中心として展開された後に、プラチナとステンレスのコンビモデルであるロレジウムが発売され、特に人気が高いモデルとなっています。