コラム

ロレックスのスカイドゥエラーの中古での相場

ロレックスのスカイドゥエラーは、使用された度合いや、見た目の状態などによって中古の相場が大きく変動します。

価格に最も影響を与えるのが、状態です。ロレックスのスカイドゥエラーは大きく分けて四つに状態が分類されます。まずは新品で、買ってから一切手を付けずに、未使用である物がここに入ります。次に新品同様で、ケース保護シールをはがすなど、買った時のままではありませんが、本体は使われていない物が該当します。三つ目に中古良品で、使用されて、小さな傷がついてしまっているものの、使用頻度自体は多くなかった物がこの分類です。最後に中古で、普段使いされていて、傷も少し多くなっている物が該当します。以上の分類により、新品ではほぼ本体価格通りになりますが、使用頻度がかさんだり傷が増えたりすると、本体価格の6割程度の価格になります。

このほかには、マイナーチェンジされているかどうかもスカイドゥエラーの相場にかかわります。同じ型であっても、製造年代の違いによりマイナーチェンジされていることがあり、価格に差が付きます。前後のどちらがより高くなるかについては、人気がどちらにあるのかによって左右され、必ずしも決まったものではありません。

ロレックススカイドゥエラーの変化

ロレックスといえば、高級時計ブランドとしての確固たる地位を築いていますが、そんな中でも、スカイドゥエラーが脚光を浴びる存在になっています。スカイドゥエラーは、シードゥエラーに続き、2012年に発売されました。シードゥエラーが海の住人なのに対してこちらは、旅の住人を意識してつくられたものであり、いってみれば、世界中を旅する旅行者をターゲットにしたラインナップといわれています。その最大の特徴は、第二タイムゾーンの表示がある点です。使い方も簡単であり、多くの人が愛用しています。ロレックスブランドは、常に顧客目線での製品づくりに定評があり、見た目の良さはもとより、その機能性をも兼ね備えているのが、ファンをひきつけてやまないところです。

今般では、ネット社会の到来により、ネットでの買取サービスに加え、質屋での買取需要も旺盛になってきています。昨今では、質屋のイメージや取り組みも格段に変化を見せており、従前のようなスタイルからの脱却が進んでいます。買取相場についても、少しでも多くの需要を取り込みたいということから、ありとあらゆる努力をしての価格になっています。高齢化社会の進行に伴い、シニア世代に向けたサービス展開にも余念がありません。

ロレックススカイドゥエラーの買取相場はどうなっているのか

スカイドゥエラーは、ロレックスの伝統であるオイスターケースを用いていながら第2タイムゾーンを表示できるなど、革新的なモデルとなっています。このモデルが発売されたのは2012年であり、ロレックスでは最も新しいモデルです。この時計のターゲットは第2タイムゾーン表字機能や、名前からも推測できるように、海外を飛び回るエグゼクティブの方々です。ちなみに、定価は300万円を超えており、最も高いホワイトゴールドを使用したモデルは約450万円となっています。

このように、スカイドゥエラーは高価な時計です。そして、ロレックスのブランド自体が人気であるため、中古市場での相場は安定しています。特に、新品未使用品の場合の買取価格は、販売価格の8割程度を見込むことが可能です。また、仮に状態が悪かったとしても大きく値下がるわけではなく、その状態の程度にもよりますが、5割は下回らないでしょう。そのため、資金繰りに困っていたり、コレクション整理を考えている方も、大きな損をするといった心配をせずに買取をしてもらうことができます。ただしこれらの数値はあくまで目安であり、実際には在庫数や店の得意分野によって異なってきます。したがって、正確な値段が知りたい方はお店で査定してもらうと良いでしょう。、