コラム

ロレックスのヨットマスターの中古での相場

ロレックスのヨットマスターは、スポーツモデルのコレクションであり、その中からさらにメンズ、レディース、ボーイズという三つのタイプのサイズに分けられます。したがって、これらの様々なタイプごとに、また、その状態により相場は異なっています。

状態による分類は、一切手を付けず使用されていない新品、ケース保護シールなどははがしてしまっているものの本体は使用していない新品同様、多少の傷はあるもののあまり使われずきれいである中古良品、傷があり普段使いされていた中古品の四つがあります。

以上のサイズや状態の観点により、相場は異なってきます。加えて、製造年によっても大きく変わってきます。何より、ルーレット刻印という、文字盤の外周に刻まれているロレックスの刻印も決め手となっています。なお、ルーレット刻印のうち、6時の位置にはシリアルナンバーが刻印されています。他には、同じ型番でも、製造された年代の違いから、ブレスの形状がマイナーチェンジされている場合もあり、これによっても差が付きます。相場の違いについては、人気のあるもののほうが高くなるため、ブレス形状のマイナーチェンジの前後での差については、一定ではありません。

ヨットマスターは需要が高いので質屋でも買取できる

ロレックスのヨットマスターはカジュアルなデザインが特徴の時計ですが、世界中の時計好きから人気のある商品です。高級時計ながら質素で素朴なデザインが用いられており、カジュアルな格好にも合わせやすいので若者にも大変人気があります。

この時計は人気がある分中古でも需要が高い品物ですから、売却する場合には中古時計店やブランドショップだけではなく質屋で売ることも可能です。相場価格は100万円以下での買取がほとんどであり、多くの場合は50万円を下回ることはありません。ですからこれまで大切にしていたという方はぜひ売却を考えるのもよいでしょう。査定の方法としては傷がないかどうかを調べてから、商品の程度などを見ることになりますから、新品に近ければ近いほど査定額も上乗せされます。貴金属が使われている商品ですので、どの店舗でも査定してもらうことが可能です。ロレックスのヨットマスターが不要になった場合には有効活用するためにも売却するという方法が一番です。新たなオーナーに買い取ってもらうためにまずは相場をよく調べてから、納得の行く価格を提示してくれる質屋などに売るようにしましょう。ヨットマスターならば喜んで引き取ってくれます。

ロレックスヨットマスターの相場価格を知り、売るべきか否か

ロレックスヨットマスターと言っても色々なケース相場の価格が違ってきます。色や使っている素材やベルト等が関係しています。珍しい物や有名な人が特注品で作らせたりした物も、現行モデルと旧式モデルということも有り、相場価格をお店やインターネットに貼られてますが、正直その価格は手を付けていない状態で、しかも購入してすぐに売りに出されたという前提での値段になっていますので、あくまでも目安がこのぐらいの値段としか言えないので、ロレックスヨットマスターを持っているのであれば、査定に出して見た方が性格な値段が分かるはずです。

自分の持っている時計がヴィンテージ扱いになっている可能性も有りますし、まだその段階になっていないこともありえます。売るべき時期が今かどうかを知ることにもなります。今はブランド品のヴィンテージ物が流行ってきています。時計を保管して寝かせておいて高い値段になってから売る方が絶対良い考えになります。売らなければ、生活が厳しいのであれば致し方無いですが、余裕があるのであれば、ここは様子を見てから売却を考えてからでも遅くはないのです。もし過去の相場を見ることができる何かを見つけることができれば、ロレックスの自分が購入した年代のモデルを見つけて、値段の変動を見ればなんとなく分かるはずですので、落ち着いた状態で時期を模索することです。