コラム

シードゥエラーの中古品は物によって変化する

ロレックスの時計シードゥエラーは、中古でも販売されています。このシードゥエラーの中古相場は、さまざまな要因が絡んで値段が変化するのです。例えば初期の頃に販売されていたモデルで、文字盤のに書かれているSEA-DWELLERの文字が赤色になっているものはレアモデルになります。これは通称赤シードと呼ばれていて、希少性の高いモデルとなっているのです。また、フランスの潜水会社に納入されていたモデルというもの存在しているのですが、これもレアモデルとして取引されています。納入品なので数が限られているため、プレミアが付いているのです。

これらのモデルは普通に高い金額で販売されていて、さらにギャランティーカードや証明書が付属しているものだと販売価格が高くなります。ギャランティーカードはロレックス社の正規品であるという証明になるもので、本物のブランド品を証明するアイテムになるのです。また、証明書は時計の取り扱い説明書のようなものになっています。偽物なども出回っているので、これらのものは本物を証明するための決定的なものなのです。本体に傷やよごれがない綺麗なものだと、更に販売価格が高くなるという特徴があります。

高価なものの売買、インターネットでできますか?

今まで質屋に行ったことってありますか?最近は手軽に物品を売買できるインターネットサイトも広く普及してるので、なかなか行く機会がない、という人も多いのではないでしょうか?

しかし、いざインターネットで自分の大切な品を売ろうとすると、色んな心配も出てきます。取引相手はもちろん顔が見えないので、何かトラブルがあったらどうしよう、等、初めての人にはなかなか不安がつきません。そこで、直接売買ができるお店に行く、という選択肢が出てきます。特に高価なものを売買するときには、断然おすすめなのがこちらの質屋です。

想像してみてください。例えば、ロレックスのシードゥエラー、もちろん誰もが知る高価な商品です。あなたがこれを売りたいとき、質屋に持って行ってその価値を見てもらい、しっかりと値段をつけてもらうことができます。買いたいときも同様で、実際にその商品の状態をみて買うことができますね。もちろんお店の方たちは相場や状態によっての価値を吟味してくれるプロなので、インターネットオークションなどで売買して失敗するなんてこともありません。やはり高価なものに関しては売り手も買い手も慎重になるので、実際に商品を見たほうが納得できる買い物になるはずです。それに思いがけないお宝に出会えるかもしれません。

ロレックスの定番商品の価格相場について

高級時計として世界中の富豪からも愛好されているロレックスのシードゥエラーはダーイバーズウォッチのデザインが採用されており、カジュアルからフォーマルまですべてのシーンで活躍する一本としても有名であります。これらには価格相場が存在しますが、中古か新品かによってかなり値段が違います。

まず新品の場合には100万円前後で売られている場合がほとんどであり、あまり極端に値引きされることはありません。ですから購入する際には100万円前後の予算を用意しておくのが良いでしょう。中古で購入する場合はこれよりも格段と値段も下がります。状態にもよりますが、一番安いもので60万円前後で買えるものもありますので、予算があまりない方は中古で入手するのもよいでしょう。中古には程度の差はあれど極端に劣化している商品や傷が複数付いている商品などはあまり売られていませんから安心して購入できます。ロレックスのシードゥエラーはシンプルでまとまっていながらも腕につけているとさり気なく主張をしてくれるデザインが特徴ですから、腕時計にこだわりを持っている方は試しに購入してみるのもよいでしょう。ロレックスのシードゥエラーは価格相場が平均し高くなっています。