コラム

ロレックスサブマリーナーの買取相場に関わる要素

ロレックスサブマリーナーは、世界で初めて制作されたダイバーズウォッチで、ブランドとしては定番と言っていい程の人気を誇り、スポーツ・ロレックスに置いてトップクラスのセールスを維持しています。1953年の誕生から豊富な歴史とともに改良を重ね、現在ではダイバーズウォッチの代表格モデルと呼ばれています。また、シンプルなデザインであることから、カジュアルなど様々なスタイルやシーンでの幅広い使用が可能で、特にダイビングとは関係の薄い世界中のビジネスマンにも愛されているモデルです。ヴィンテージ・ロレックスとしては希少なモデルも多く存在するシリーズで、赤サブや軍サブと呼称されるモデルはコレクターズアイテムとしての価値が高いと言えます。

サブマリーナーの買取相場は仕様や、製造年式、文字盤のカラーによって左右されるなど、細かな査定がされます。使用頻度や購入時のBOXやギャランティーカードなどの附属品の有無でも買取価格は違ってくるので、目につく汚れなどは拭き取ってから査定に出すなどをする必要があります。また、動かない時計などを修理してから査定に出すことで買取価格のUPに繋がることもありますが、コスト的には修理の代金の方が高くつくことがあるので注意が必要です。

サブマリーナーの買取価格は売るモデルで変わる

人気時計ブランドロレックスのサブマリーナーは、買い取りサービスに持っていき売ることができます。この時の買取価格というのは、サブマリーナがどういうものかで大きく変化するのです。

基本的に人気のある物が高く売れるので、同じモデルでもカラーリングが異なっているとかなりの価格差がでるものもあります。これはその時の人気が大きく影響していて、例えばグリーンカラーものが高く売れたり、文字盤がブラックになっているものが高く売れたりするのです。カラーリングによる値段は常に変動しているので、売るタイミングによって異なります。また、50周年記念モデルなどの限定品でも価格が変わるのです。この限定品は海外で販売されているものや、特定のブランドとコラボレーションしたものなどでも値段が違います。人気ブランドとのコラボレーションなら、更に買取値段が上昇するという傾向があるのです。

また、ギャランティーカードが付属しているサブマリーナーなら高額で売ることができます。ギャランティーカードはロレックスの正規代理店で手に入れることができるもので、本物のロレックスであるという証明になるのです。ブランド品はスーパーコピーという偽物があって、ギャランティーカードはそれを判別するための要素となります。

サブマリーナーを店舗で売ってみよう

手持ちのサブマリーナを売るときに、どこを利用して売るのかを決める必要があります、店舗で売るときには、ロレックスの時計を買い取りしているお店を探すといいでしょう。これは中古の時計店があるのですが、ここでは古いモデルなどを売ると高額で売ることが出来る場合もあるのです。これはどうしてかというと中古の時計店では、時計に関する知識を豊富に持っています。なので、古いサブマリーナーを持ってきても適切な価格で買い取ってくれるのです。

アンティーク時計があるのなら、この中古時計店に持っていくことで高価買取を期待する事ができます。

最新のサブマリーナを持っている場合は、質屋に持っていくことで高めの値段で売ることが出るのです。これは質屋に性質が影響していて、このお店は最新のブランド物を高く買い取ってくれます。また、人気モデルや名作と呼ばれている時計も高めで売れるのです。比較的新しいものであるなら、この質屋に持って行くと予想外に金額で買い取ってくれる場合もあります。最新の時計を売ることが出来るお店は、総合リサイクルショップというお店も存在しているのです。こちらはあまり古い時計なら買い取ってもらうことができない場合もあるので、注意しておきましょう。