コラム

ルイヴィトンモノグラムの買い取り

ルイヴィトンとはフランスのスーツケース職人が創始したファッションブランドのことをいいます。1854年に創始され、初期はトランクを製造する工場からはじまり、現在はトランクのほかにバッグや財布、ベルト、ブレスレットなど多岐にわたる商品を手掛けています。ルイヴィトンは1896年に模倣品が多く出回り始めたことから、トレードマークとなる布地を発表しました。そのトレードマークとなる布地には日本の家紋に触発されてつくられたLとVのモノグラムの文字が記されています。この布地の模様はルイヴィトンモノグラムと呼ばれてルイヴィトンのトレードマークとして知られ、この布地でつくられた作品はモノグラムラインとしてさまざまなものが発表されました。

このルイヴィトンモノグラムでつくられたバックのひとつにヴォルテールがあります。ヴォルテールはサイドにファスナーがつき開閉でき、荷物の量に合わせてマチを調節することができます。内側にファスナー着きの内ポケットがありシンプルで機能的なトートバッグで、人気があります。ルイヴィトンの作品は、ブランドとしての価値があり、買取相場も通常のバッグよりも高いものとなります。新品、未使用品であるほど高く買い取られ、ものが良いものであれば20万円以上の価格がつくこともあります。

もし売却をご検討の場合でしたら、是非一度、おたからやにご相談ください。
査定料は完全無料ですので、「この状態でも売れるかが心配・・・。」という悩んでいる場合も、お気軽にご相談ください。
他社では断られてしまうような精密査定も、一流査定員がしっかり査定させて頂きます。