コラム

ルイヴィトンのマカサーを高く売るコツとは?

女性が好むイメージの強いルイヴィトンモノグラムですが、中にはお馴染みのモノグラムにブラックレザーを組み合わせて、男性でも使用しやすい落ち着いたデザインのマカサーというシリーズがあります。

「マカサー」の由来は、インドネシア産の黒檀「マッカサルウッド」から来ています。
ブラックレザーのトリミングに、モノグラムキャンバスの組み合わせが、黒地に薄茶色の黒檀にちなんで、名付けられました。

さらにその中でもヴォワヤージュといバックは、ビジネスシーンにも使用出来て男性からの需要も高い為、美品であれば中古買取価格も定価の60パーセント以上で取引されています。
未使用品であれば70パーセント以上と、比較的高くなっています。「ヴォワヤージュ」は、馬車や自動車などの旅で、重宝されました。その後、薄型で長方形のフォルムに、丸みのある取っ手など、時代や使用者のニーズに合わせたデザインで人気を博しています。

ヴォワヤージュを含むマカサーシリーズは男性の愛好者も多いため傷や汚れが付きやすい傾向にあります。売却時には、汚れをしっかり拭きとるだけで見栄えが良くなり買取価格も上がる事が多いで綺麗にしておきましょう。
ヴォワヤージュですが、中古市場でもとても人気が高く頻繁に取引がされています。本体価格が24万円程と、高めの値段設定になっている分、中古で買いたいという人も多いので、売るのに困る事は少ないです。
買取金額も高めで、定価の7割程の17万円が相場になっています。実際持っている商品がいくらで売れるかは、状態によっても変わるので、実際に査定しないとわかりません。

おたからやでは、プロの査定員があなたの商品に眠る価値を見出し、他社より高い価格での買取を実現させます。
「見積もりだけで、今すぐは売りたくない」という方もお任せください。