コラム

ルイヴィトン・ダミエ・トータリーの仕様と買取事情

ルイヴィトンの人気のパターンであるダミエは、ルイヴィトン創始者の子息によって発案されました。

元々は、トランクに使用するためのパターンで、日本の伝統的パターンである市松模様に着想を得たと言われ、チェッカー盤の意味を持つ通りのチェック柄です。
ブランドのアイコン的パターンのモノグラムと並び世界中から支持を得ています。
また、ブラウンとブラックのコンビカラーをベースとして、オフホワイトがフレッシュな印象のアズールや、男性をターゲットにしたブラックとグレーのコンビカラーがクールなグラフィットなどが展開されています。

トータリーはデイリー使用に向いているコンパクトなバッグで、チャームなどのアクセサリーを加えて様々な表情が楽しめるデザインです。
幾つかの素材バリエーションの展開がありますが、ダミエ・エベヌキャンバスの仕様でトータリーは生まれました。
フラットショルダーストラップで肩掛けがしやすく、印象的なデザインでもある両サイドに張り出たパッチポケットと大きく開くシングルファスナーは持ち物の出し入れがしやすく、利便性、収納性共に長けたバッグです。

買取相場は品物の状態や使用頻度、購入時の附属品の有無などでも変化しますが、人気ブランドであるため高値買取が見込めるでしょう。
また本体内部のシリアルナンバーにより、素材タグなどを紛失していても詳細な査定は可能とされています。

ルイヴィトンダミエトータリーの商品をお持ちの方で、現在売却を検討中の方は、ぜひ弊社にご相談ください。
厳しい研修を修了した一流の査定員が、他社では断られてしまうような精密査定もお引き受けいたします。