コラム

ルイヴィトン・ヴェルニの名刺入れの特徴と買取の注意点

ルイヴィトン・ヴェルニは、ルイヴィトンの販売している商品のデザイン名です。皮の表面にエナメル加工が加えられており、光沢があるのが特徴的です。また、モノグラムが型押しされていて、他のデザインと一線を画しています。そのため、メジャーなモノグラムとは異なったデザインを持って、差別化を図りたい人たちに人気があります。

ルイヴィトンは日本でもっとも有名なブランド品で、特に女性に人気があります。それとの関係で、中古販売業界においても積極的な取引がされていると言って良いでしょう。
名刺入れも買取の対象として扱われているので、売り場に困ることはありません。ただし、革の状態や人気によって価格は変わってくるので注意が必要です。
新品未使用品であれば、8割程度の価格が買取相場です。そして、使用済みであれば、そこから減額されて実際の値段がついていくという特徴があります。
名刺入れは日常的に使用するものですので、中古で買取をしてもらう際にはあまり高い値段が付かないかもしれません。
ヴェルニは、エナメル加工がされている影響で、汚れが特に目立ちます。したがって、高く売りたいのであれば、丁寧に扱いましょう。

もし売却をご検討の場合でしたら、是非一度、おたからやにご相談ください。
査定料は完全無料ですので、「この状態でも売れるかが心配・・・。」という悩んでいる場合も、お気軽にご相談ください。
他社では断られてしまうような精密査定も、一流査定員がしっかり査定させて頂きます。