コラム

買取専門店でのルイヴィトンの比較

ルイヴィトンにはルイヴィトンダミエ、グラフィット、ポルトフォイユ・フロリンなど柄の種類があります。この3つはベーシックで流行に左右されない定番のアイテムとなっていますので、比較的査定価格が安定しているといわれています。

ルイヴィトンダミエは市松模様、グラフィットは黒系、ポルトフォイユ・フロリンはお札の葉を止める港という意味になります。どのアイテムもブラウンやグレー、ブラックといったユニセックスなアイテムになります。財布やバッグ、キーホルダーなど実用性の高いものは中古でも人気がありますし、2つ折りのポルトフォイユ・フロリンは特に男性向けの財布として高い人気があります。大きなサイズのバッグでもルイヴィトンならではの品質の良さとゴージャス感を感じさせてくれますので、普段使いできますし、ちょっとした旅行などにも丈夫なので便利です。これらのデザインのバッグや財布を買取り依頼するなら、専門店に見積もりを依頼して比較して高額なところを選ぶのがおすすめです。モノグラムよりもクラシカルで落ち着いた雰囲気がありますし、シンプルシックでファッションのコーデイネートにも最適なアイテムとなるからです。

人気のルイヴィトンダミエ!どのくらいで売れる?

ルイヴィトンダミエには、アズールやグラフィットなど様々なシリーズがあり、非常に人気が高いです。デザインもさることながら、機能性も重視されていて、使いやすさも人気の理由の一つです。欲しい人も多いので、中古市場では高値で取引される事も多いです。

特に人気が高いのが、グラフィット系の小物です。元々値段が10万以下の物が多く、気軽にヴィトンが持てるという事で、需要は非常に高いです。ポルトフォイユ・フロリンで言えば、本体価格が7万円弱程なのですが、買取額の相場は5万円程となっています。これは本体価格の8割ほどと、非常に高い数値になっています。もちろん、商品自体の保存状態によっても価格は左右されます。新品同様ならこのくらいで売れますが、傷がついていたり、革の劣化が進んでいたりすると、グンと価格が下がってしまいます。なので、売る時には保存状態にも注目しましょう。ブランド品をたくさん持っている人は、普段使わない物はなるべく綺麗な状態で保存した方が良いです。いつか売る時に、綺麗な状態で保存しておけば、高く売る事が出来ます。また、お店によっても査定額は上下するので、相場を知った上で色々なショップの査定額を比較する事をおすすめします。

ルイヴィトンダミエの買取金額を見積もりを出す意味

ルイヴィトンダミエは、現在の人気ブランド品のなかでも顔となっている商品シリーズとなって来ています。そのため、激しい商品市場を勝ち抜いているため、消費者からの高いニーズや高い人気を誇っている商品シリーズともなっています。激しい商品市場ということから、消費者から期待されるという背景から、付加価値が付いた商品というイメージが根付いてきています。

ルイヴィトンダミエだけではなく、グラフィットやポルトフォイユ・フロリンなどといったものも高い人気と高いニーズがあるため、市場の変化を消費者は考えておかなければなりません。「いつ商品を購入するか」「いつ商品を手放すか、売るか」によって自分が支払わなければならない金額、自分が手にすることが出来る金額が変わってくるのです。そのためには、事前の商品市場の調査をすることにより、高い付加価値をつけた状態で商品の購入や商品を売ることが可能となります。