コラム

ダイヤモンドの買取り基準になる4Cとラウンドカットについて

ダイヤモンドの買取りで、最も重要になってくるのは、4Cと言われている4の事柄です、この4Cとは、何を表しているかというとキャラット、カラー、クラリティ、カットの4つのことを合わせて、4Cと呼んでます。この4Cが基準となって、ダイヤの買取りや査定が行われています。

ダイヤには、無色透明なダイヤ以外にもカラーダイヤモンドと呼ばれる色のあるダイヤも存在しています。この色のあるダイヤは、レッドやグリーン、ブルー、ピンク、パープルといったように様々な色があります。このいくつかある色の中でも、ブルーやピンク、パープルといった色に関しては、希少性があり、価値の高い色のダイヤとしても知られています。この希少性のあるダイヤであったとしても、人工的に着色されて色の付けられたダイヤに関しては、自然の色のダイヤと比べてほとんど価値がなくなってきてしまいます。ですので、買取りの相場も相当低くなってしまいます。

ラウンドカットは、ダイヤモンドの美しい輝きを最も効果的に引き出すことのできる58面体のカット方法になっています。他のカットよりも強い輝きが放たれているのが特徴となっていて、均等で、完璧な丸型のシェイプとなっています。

カラーダイヤモンドとラウンドカットについて

ダイヤモンドの買取りは、主にキャラット、カラー、クラリティ、カットの4つのことが基準となり、そのダイヤの品質を評価しています。この4つのことは、4Cと呼んでいて、4Cは、ダイヤの買取りを行う際に最も大切になってきます。

ダイヤには、自然に色が付いているカラーダイヤモンドと呼ばれるダイヤがあります。このカラーダイヤモンドは、レッドやグリーン、ブルー、パープル、ピンクなど様々な色のダイヤが存在します。様々な色のダイヤがある中で、ブルーやピンク、パープルといった色は、希少性がある価値の高いダイヤになっています。この希少性がある価値の高い色のダイヤでも、人工的に着色された色の場合は、自然の色のものと比較しても、価値は下がってきてしまうので、注意が必要になります。

4Cの中のひとつであるカットは、4Cの中で、唯一人工的にコントロールすることができる部分になっています。ラウンドカットは、ダイヤの輝きを最も美しく映し出すことが可能になる58面体のカット方法になっています。他のカットよりも強い輝きが放たれているのが特徴で、均等で完璧な丸型のシェイプを得ています。ですので、原石の半分が失われることになり、他のシェイプよりも割高な傾向にあります。

ダイヤモンドの買取り基準とラウンドカットについて

ダイヤモンドの買取りで、一番重要になってくるのは、キャラット、カラー、クラリティ、カットのこの4つが最も重要になり、ダイヤの買取りの基準は、基本的にこの4つが基準となって行われています。

ダイヤには、色があるカラーダイヤモンドと呼ばれるダイヤもあります。レッドやブルー、グリーン、ピンク、オレンジ、パープルなど様々な色があるのが特徴となっています。その中では、ブルーやピンク、パープルといった色が希少性がり、価値の高いダイヤになっています。ですが、いくら価値の高いダイヤだったとしても、そのダイヤの色が人工的に着色されている場合には、せっかく価値のある色のダイヤを持っていても、その価値はほとんどなくなってきてしまいます。ですので、見積もりをしてもらって、低い金額を付けられてしまいます。

ラウンドカットは、ダイヤモンドの輝きを最も効果的に映し出すことが可能になる58面体のカット方法です。他のカットよりも強い輝きが放たれていて、均等で完璧な丸型のシェイプとなっていることもあり、原石の半分が失われてしまいます。ですので、他のシェイプよりも割高になっています。他にもハートカットやエメラルドカットなど様々なデザインのカットがあります。