コラム

ダイヤモンドの買取事情について

ダイヤモンドの買取の相場は、ダイヤの価値などによって大きく変化してくるのが特徴です。
ダイヤの買取は、主に4Cと言われている4つのことが基準となって、買取られています。
この4Cとは、ダイヤの重さを表しているキャラット、ダイヤの色のカラー、ダイヤの透明度を表しているカラット、そして、唯一人工的にコントロールすることのできるカットの4つのことを4Cと呼んでいます。

ダイヤの中には、イエローなどの色の付いているカラーダイヤモンドがあります。
この色の付いているダイヤも、ピンクやパープルといった色は、希少価値が高い色となっています。
ですが、いくら希少価値が高いダイヤだったとしても、そのダイヤが人工的に着色されている色のダイヤだった場合は、希少価値は低くなってしまいます。
ですので、人工的に着色されていない自然の色のダイヤが重要になってきます。

ラウンドブリリアントカットと呼ばれているカットは、ダイヤモンドの輝きを最も効果的に映し出すことのできるカットとなっています。
他のカットと比べても、強い輝きを放つことができ、均等で完璧な丸型のシェイプを得ているので、原石の半分が失われています。ですので、他のシェイプと比べると少し割高になっています。

おたからやでは、海外にも独自販路を多数持っていることが強みです。
さらに、メンテナンスをすべて自社完結し、大幅なコスト削減を実現しています。
このような理由から、他社圧倒の高価買取実績をあげています。
高価なだけに人それぞれ思いあるでしょうが、思い切って査定に出すという決断をしてみてはいかがでしょうか。査定は、完全無料ですので、安心してご相談ください。