コラム

ダイヤモンドの買取りの基準となる4Cとオーバルカットについて

ダイヤモンドの買取りの相場は、変化が激しいことで有名です。ダイヤの買取には、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4Cが基準となって、行われています。ですので、ダイヤの買取の際には、この4Cが重要になってくることになります。

ダイヤの中には、色の付いているカラーダイヤモンドがあります。この色の付いているダイヤには、レッドやオレンジ、ブルー、ピンク、パープル、グリーンなど様々な色があるので、好みに合わせて好きな色を楽しむことができるダイヤになっています。また、その中でもピンクやパープルといった色は、他のダイヤと比べて最も希少性のあるダイヤであるため、他のダイヤと比べて査定価格も高くなってきます。ですが、市場にあるような人工的に着色されて、ピンクやパープルといった色のダイヤの場合は、希少性も少なくなってくるので、価値も低くなってしまいます。

オーバルカットは、他の色石のカットとして、最もポピュラーである小判型のカットをダイヤに施していて、ラウンドカットには、表現できないリズムや落ち着いたスマートさが魅力のカットになっています。オーバルカットの他にもいろいろなカット方法があるので、好みのカットを選ぶことができます。